こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

著作権侵害について

将棋や囲碁の本の問題を、多少アレンジしてウェブサイトに載せるのは問題がありますか?訴えられたりするのでしょうか?
またアレンジしないで載せる場合はどうなりますか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-03-06 06:00:21

QNo.9594124

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

https://www.bengo4.com/internet/n_7507/

これ、読んでみたのですが
問題なくは、なさそう。

判例、が参考になるんですけど

※初期状態の駒の配置は無数に考えられますが
 その中で一定の作者の意図
(合い駒、捨て駒等)
 に見合った形を選択していることから
 全体として作者の個性が表れた創作的なものだといえるでしょう。

※本人の許諾を得る必要があります。

投稿日時 - 2019-03-06 09:41:59

ANo.1

一般的には『パクり』と呼ばれるような行為も著作権侵害に該当することもありますが、知らないうちに自分が著作権法に違反するようなことをしたり、逆に自分の著作物が転用されていたりすることも考えられます。インターネットが普及している世の中であるため、他人の著作物の利用について注意しなければなりません。
著作権で保護されている著作物に関しては、著作者に連絡を取って使用許可をもらうようにしましょう。使用条件や使用料などを著作者と使用者で話し合って取り決めれば、合法での利用が可能になります。
例外、海外で発行された著作物については保護対象外であるので自由に利用できます。ただし、日本で最初に発行された外国人作者の著作者物については著作権が適用されます。

『複製権』や『公衆侵害権』などを含めた著作権の侵害では、10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金が科されます。また、著作権とは別になる『著作者人格権』や『実演家人格権』などの侵害においては5年以下の懲役又は500万円以下の罰金とされています。
罰金刑と懲役刑については両方とも科すことが可能です。
侵害者が法人である場合は罰則が重くなり、3億円以下の罰金となります。

投稿日時 - 2019-03-06 07:34:51

あなたにオススメの質問