こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

会社で下の文についての感想を1分程度、スピーチしな

会社で下の文についての感想を1分程度、スピーチしなければならないのですがどういうことを言おうか悩んでます。皆さんの感想を参考にさせて下さい。お願いします。

「至急」の案件
Sさんは、得意先への訪問や電話連絡などが主な仕事です。
ある日、顧客に電話をかけたところ、応答がなかったため、留守番電話にメッセージを残しました。「いつもお世話になっております。〇〇の件で至急お伺いしたいことがございますので、折り返しのお電話をお待ちしております。」
先方は早々に折り返し電話をしてきました。そこで要件を伝えると、次のように言われたのです。
「至急連絡を取りたいと言う内容のメッセージでしたので、こちらの不手際か、別件で急用なのかと思いました。この内容は急ぎではないですよね」。Sさんは特に意識せずに「至急」という言葉を使っていたのでした。
自分では何気なく使っている言葉も、相手によって伝わり方が違います。Sさんは、その場に見合う言葉の使い方の大切さを学んだのでした。
特に電話では、顔が見えない分、相手を思いやる言葉を選んでお客さまに接していくことが、信頼関係向上に繋がるでしょう。
今日の心がけ◆自己の口癖を見直しましょう

投稿日時 - 2019-03-06 22:51:34

QNo.9594367

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

自分に口癖がある場合

例えば、
私は顧客と話すとき必ず「ごめんなさい、とかすみません」とつけてから要件を話す癖があります、
あるときお客様に、そんなに謝らないでくださいと言われました。自分ではまったくそのつもりがなく丁寧に話すつもりで話していたので、驚きとともに大変失礼なことをし続けていたことに気が付きました。今回の話や私の体験など言われてみないとわからないときもあり、今後自分の話したことを録音などで記録してみたり、同僚や先輩に聞いていただくなどして自分の癖を把握し見直していきたいと思いました。

みたいな体験談をシンクロさせて述べるパターンか

この文面から、相手を思いやる言葉というのがとても重要でまた難しいと感じました。
急かすような言葉、否定する意味を持つ言葉など、普通に使っていても捉え方や相手と自分の関係性によっては意味が変化してしまう言葉など、自分が目下に言われてどう感じるかを一度考えることで相手の受け取り方を想像しメールや電話応答などに活かしたいと思いました。

といったような、文面から掘り下げるパターン。これは自分自身がメールなどで気を使う癖がないと単語が出てこないかもしれませんが具体例を上げたりすれば好感がもてると思います。

投稿日時 - 2019-03-06 23:55:55

お礼

2パターンの例文ありがとうございます。
例文を読んで自分にも思い当たる点や
気付く事がありました!
わかりやすくとても参考になりました!

投稿日時 - 2019-03-07 00:18:27

あなたにオススメの質問