こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ピンチ!

この度、主人が会社を退職し、新しい会社に4/1~から勤めることになりました。

が!その新しい会社の給料日が末締めの翌月末払いという事を知りました。

4/1~働き出しても、お給料をいただけるのは2ヶ月先の5/30って事ですよね?

2ヶ月も収入がないとは予想もしていなかったのです、大大大ピンチです(涙

お給料が末締めの翌月末払いとか良くある話ですか?

会社の資金繰りが大変なんじゃないかと妻としては不安で仕方ないです。

このような経験ある方は、やはり貯金を切り崩して生活していましたか?

初めに確認して欲しかったー涙

投稿日時 - 2019-03-08 01:08:02

QNo.9594699

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

質問内容からは、「すぐにお金を受け取れる仕事」が必要とされます。

基本的には、肉体労働系になりますが、意外と職種はあります。

女性であれば、以下のようなネット系の仕事もおすすめです。

https://start-chatlady.net/?page_id=29

実はやっている女性も多く、場合によってはOL以上の賃金が見込めます。

もし現在貯金が少なく、今後もやりくりが難しいことが予想される場合には、「副業」も見据えて、登録だけでもしておくことがおすすめです。

ネット系の仕事も豊富な時代であり、上記以外にもアルバイト以上を稼げる仕事はたくさんあります。

とにかく、今すぐ探し始めることが大切です。

投稿日時 - 2019-03-23 18:57:55

ANo.9

私も年代の関係か 締め日と支払日に不審は感じないです
5日 10日など 支払日もいろいろありました

昔からある企業であれば慣例として変更しない場合も多いです

個人家庭でもローンや積み立てなど銀行引き落としの日を変更する事も簡単ではないのでは? 給料日直後が安心確実 給料日前の引き落としは家計も大変

前企業の締め日不明ですが 離職期間が無ければ前企業からの給料が入り 25日からであれば5日程度の延滞 それほど困る事なのかな?と感じます
まだ3月初旬 2月中だったら予定できた? そんなに違うのかな?は男側の意識でしかないのかも知れない

投稿日時 - 2019-03-09 06:03:19

ANo.8

夫さんには、この件について聞きましたか。
よく聞いたほうが良いと思います。
会社の締め日設定で、経営の心配をしているのですね。
支払いの締め日は、色々ありますから心配しなくても平気だと思います。

参考URL:https://www.tabisland.ne.jp/smb-keiri/kantan/kantan_08.htm

投稿日時 - 2019-03-08 12:55:25

ANo.7

こんにちは

なくないですが
一般的には少ないと思います。

経理処理に時間がかかるのか?
会社がうまく行っていないのか?

それは判りません。
ただ交通費など実費でかかる分は
交渉して先にもらったほうがいいと思います。


http://jimublog.com/payday/

投稿日時 - 2019-03-08 10:42:21

ANo.6

〉会社の資金繰りが大変なんじゃないかと妻としては不安で仕方ないです。

いえ。
毎月の支払いは変わらないので、当月払いも翌月払いも資金繰りへの影響はさしてありません。

投稿日時 - 2019-03-08 08:47:13

ANo.5

たまにありますが、入社月からそのままは完全に違法です。
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=322AC0000000049#C
24条2 賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。
毎月1回以上ですから、4/1から就労したら4月中に何かしらの賃金がきちんと出なくてはなりません。前項で「全額を」という規定もありますので、大入り袋だけでもだめです。
末締めの翌月末払いという規定自体が非常に問題です。翌月からは毎月出るので問題はないですけどね。
少し下の条文に非常時払いという制度があり、働いた分の賃金は支払日前でも請求できる事になっています。全額だとあとで苦しくなりますから、半月分位を請求したらいいんじゃないでしょうか?あんまりごちゃごちゃ言うとクビになるでしょうけどね、w
資金繰りが苦しくない会社なんてトヨタ本社ぐらいのもんでしょう。どこだって毎月バタバタしてるもんです。業績が良いのに資金繰りに失敗して倒産するなんて事も珍しくはありません。そういうのは経営陣の責任であって、下々が心配したところでどうにかなりはしません。
国の借金が1000兆円をあっさり超えてます。国は返せませんよ。人民の預貯金が数千兆円あるから大丈夫とかのたまってます。いざとなったらあなたの貯金を取り上げるって事ですぜ。いいんですかい?

投稿日時 - 2019-03-08 07:39:51

ANo.4

よくあります。
逆に、そのような会社を退職して当月締当月払いの会社に入社すると入社月は2ヶ月分の給与が入ってきます。
やりくりするしか仕方が無いですね。

投稿日時 - 2019-03-08 05:21:45

ANo.3

退職を経験したことない人はわからないでしょうが、とりあえず~4/1までアルバイトなどをすればいいのです。
それと退職した会社から退職金はありましたか?
また退職して次の仕事はハローワークに求職してから決まったのであれば、早期就職手当など支給されます。

投稿日時 - 2019-03-08 03:08:41

ANo.2

当月末締め、翌月末払い。大いに「あり」ですね。基本的に「末締め」をする会社は翌月払いを行います。そのスパンが5日なのか、10日なのか、25日なのか、末日なのかは会社の規定によります。
給与支払い日として多いのは月末締め、翌月25日払いでしょうか。なので、25日を過ぎると会社員の方はATMに列を作るわけなんですが・・・。少なくとも、転職した場合は1カ月は転職先では実質的な無収入(というか、前職から間をあけなければ前職最後の給与振り込みがあるはずなので、当月払いでない限りは金銭的空白は起きないはず)です。
おそらく、会社の考え方としては「会社からお金を振り出す日は月末」としているのでしょう。月末に給与計算の勤怠を締めるわけだから、そこから計算して金銭を用意して、翌月末の振出日に給与支払いを行う・・・何ら問題がありませんし、中小企業では普通に行われうる話です。

足りない分を補うために普段貯蓄しているわけですから、前職分の給与だけで5月の生活費が足りないというなら、切り崩すしかありません。
一般的な月末締め翌月25日払いでも間は空くので同じことにはなるんですがね・・・。

投稿日時 - 2019-03-08 01:35:13

ANo.1

ピンチにならないように、転職前に貯蓄もしておくし、遅くても面接の時に締日と給料日は確認する。

貯蓄がなければ日雇いで繋ぐか借金しかない。

投稿日時 - 2019-03-08 01:20:30

あなたにオススメの質問