こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

刃物や木刀

父親が刃物を持ち歩いたり、木刀を振り回したりするため、近隣住民を含め周囲が警戒しています。

刃物を持ち歩くのは銃刀法違反になり犯罪になると思うのですが、詳細はどうなっていますか?また、むやみやたらに木刀を振り回すのは、どういった罪になりますか?
教えて頂きたいです。お願い致します。

投稿日時 - 2019-03-16 15:47:35

QNo.9597413

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「軽犯罪法違反」ですが、その前に「刃物を持ち歩いたり、木刀を振り回す」このお父さん、どうしてなのですか?普通の神経の持ち主ならば、犯罪である事は認識出来ます。何か病気を持っているのなら、そこから解決して上げないと、病気ならば、このような刃物所持であっても罪になる事は少ないと思います。

投稿日時 - 2019-03-27 09:46:30

ANo.2

銃刀法 軽犯罪法
銃刀法では 所持と携帯の制限があります。

「刀剣類」とは、刃渡り15センチメートル以上の刀、やり及びなぎなた、刃渡り5.5センチメートル以上の剣、あいくち並びに45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛び出しナイフをいう。ただし、ここでいう飛び出しナイフには、一般の飛び出しナイフのうち、刃渡り5.5センチメートル以下で、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であってみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上における切先から直線で1センチメートルの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して60度以上の角度で交わるものは含まれない。

法令に基づく職務で持つ
所持の許可を受ける
と言った場合は可能ですが それ以外では持っているだけで違反になります。
包丁という語句は入っていませんから 料理で使う包丁は可能です。

刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物の携帯の禁止
こちらは 刀ではなく 刃物ですから全てを含みます。

刃物以外は 軽犯罪法
第1条第2号「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」
野球のバットでも違法とされることもあります。

投稿日時 - 2019-03-18 12:29:24

木刀の正当な理由なしの所持は軽犯罪法違反になる恐れがあります。
刃物にしろ木刀にしろ犯罪ですから、いずれ通報されて逮捕されますよ。

投稿日時 - 2019-03-16 16:04:54

あなたにオススメの質問