こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

win8→10UG済PCでリカバリーディスク作成

次の内容について教えてください。
よろしくお願いいたします。

【機種名】vaio SVT2128DJB
【困っている事】
win8からwin10へアップグレード済みの上記機種でVaio Careからリカバリーディスクを作成しようとしたところ「vaio care recoveryをダウンロードして下さい」というメッセージが表示されたので「ok」を選択してアップデートに進んでも当該のプログラムは出てこず、検索から直接サポートページからDLしても「このバージョンはインストールできません」とエラーメッセージが出ます。

色々と検索した結果、win10へアップグレードしているとvaio careからリカバリーディスクを作成することは出来ないという解釈に至りましたが、実際にはどうなのでしょうか。

そうだとしたら、win10へアップグレード済みのパソコンでvaio careからリカバリーディスクを作成する方法はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

※OKWAVEより補足:「ソニー製品」についての質問です。

投稿日時 - 2019-03-16 18:02:04

QNo.9597451

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いくつかバックアップする手段を思いつきますが、
結論からいうとバックアップのフリーソフトを使うのが
楽で安全で手っ取り早いと思います。

下記でオススメするバックアップのフリーソフト、
いろいろなPCに使ってますが、失敗した試しがなく、
恐ろしく早いです。普段の定期的なフルバックアップにもおすすめです。
toshibaの標準のリカバリーソフトを使った時は再起動が多すぎて、
バンドルソフトも山ほど入ってきてそれを消してと半日以上かかりましたが、
このフリーソフトだと30分くらいで終わりです。

【windows互換モード】
右クリックして、互換性のトラブルシューティングから起動する
これで動く場合があります。100%再現できる保障がないため、
バックアップに使うのは怖いかも

【windowsのダウングレード】
windowsをダウングレードすればそのアプリを使えるかもしれません
アップデート時に「ダウングレード出来る様にデータを残す」を
選んでないとダウングレードできません。
バックアップの為にダウングレードするのもナンセンスかと。

【windowsのシステムを使う場合】
windowsアップデートで
8→10だったか7→10にしていると
windowsの機能でシステムバックアップを作成しても
復元時、このディスクは使えませんとなり、調べると
アップデートしたwindowsで作成したシステムのバックアップ
ディスクは使えないとかいう記事を見つけた事があります。

【microsoftから正規windowsインストーラーをダウンロードする】
windowsを公式からダウンロードして
windowsDVDまたは、USBメモリへインストーラーを入れて
CDブート・USBブートからwindowsを新規インストール
PC本体に書いてあるシリアルナンバーで認証する
という手段の場合、vaio用の各種ドライバーが入手できなくて
音が出ない、SDカードドライブが使えない、LANのハードが動かない
等いろいろ弊害が出る可能性もあります。
(動く場合もあります、ギャンブルです。)
メーカーサイトで、ドライバーが配布されていれば安心ですが
ざっと検索したところドライバーの配布はありませんね。
(別途ドライバーが不要なのか、配布していないのか・・)

【メーカーから購入・修理】
OSが不調になった時にメーカーからインストール用DVDを送って貰う、
1-2万とか取られるパターンです。

【フリーソフトを使う】
以下のソフトでバックアップをしておくとオススメです、
多分これが無難で簡単です。
デスクトップでもノートPCでも、何度も問題無く
システムのバックアップ・復元うまくいっています。
高性能かつ、中華産でないのは以下がおすすめです。
ただし英語、一度解説サイトを見ながらやると良いです。

MiniTool Partition Wizard
(パーティションのコピー・サイズ変更・複製など)

Macrium Reflect Free Edition
(パーティション単位バックアップ、笑えるほど超高速
 windowsのフルバックアップや、リカバリDISKの作成も)
インストール途中、メールを登録すれば1週間プロ版が無料
みたいな感じのステップがでますが、
No thanksを選べばフリー版になります。
DVD等にバックアップデータを取ると、1時間ごとに交換を5回
等で一日張り付くハメになるので、USB接続の外付けHDD
にバックアップを取れば、数十分放置でフルバックアップが
終わってるので楽です。

中華アプリが怖くない場合は、aomeiやeasusUS等もあります。

投稿日時 - 2019-03-16 20:19:53

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
恐らくハードディスクの不調だろうと換装の話が出ているので、フルバックアップが1番現実的なのかなと思っています。
急に多忙になりまだ教えてくださったソフト等調べきれていないのですが、色々と細かく教えて下さりありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-25 16:37:14

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

リカバリーディスクを作るのではなく、現状、正常に稼働中のシステム全体のバックアップを作成する方が、リカバリーするよりも短時間で正常な動作を入手(復元)出来ます。

Windows 10の中にはWindows 7時代に完成された、システムイメージを外部ドライブに保存し、その起動用 システム修復ディスクを作成しておくことで何か、トラブルがあった時に、システム修復ディスクによりシステムイメージを作成した日時の状態にシステムを復元させることが可能です。

内部ディスクの中には別パーティーションにリカバリー領域が含まれていますので、内部ディスクそのもののパーティーション情報をそっくりバックアップするアプリも販売されていますので、そうしたアプリを利用して、PC内部ディスクのサイズより大きな外部ディスクにバックアップしておくと良いでしょう。
 アプリ名の例ですが、ソフトウェア名: Acronis True Image 2019というものがあります。

使い方などは、該当アプリのヘルプに記載されていますのでここでは記載しません。

投稿日時 - 2019-03-17 18:33:01

ANo.3

Windows8→Windows10にアップグレードした場合、「リカバリーディスク」は作成できる機種と作成できない機種があります。
アップグレードは「自己責任」で行うもので、アップグレード後はメーカーのサポート対象外です。

どうしても作成したいなら、HDDをクローンコピーして入替え、リカバリモード起動を行って工場出荷状態にして、作成するか、メーカーから購入するかでしょうか?

投稿日時 - 2019-03-17 13:32:05

ANo.1

リカバリディスクとは、商品購入時に戻すディスクであり、リカバリディスクの作成は、ハードディスク内に保存されているデーターをインストールディスクに戻すのでOSをアップグレードした場合リカバリディスク作成プログラムが正常に動作しません。
たとえ正常に動作しても購入のOS用しかできません。

投稿日時 - 2019-03-16 18:18:52