こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アルバイトと業務委託の違いについて

お世話になっております。

正社員での就職がなかなか難しくアルバイトを決めようと思っております。
先日、アルバイトの面接で担当の方に
「アルバイトと業務委託とどちらがいいですか?」と聞かれました。
その違いを聞いてみたところ、「年末のあれが・・・」と返答いただきましたが、
正直、違いがわからず困惑しております。

アルバイトを始めた場合、
週5日で、1日8時間勤務を希望しましたが、
閑散期は週5日の勤務が難しいと言われました。
この仕事を受けるにあたりダブルワークも検討にいれております。
そういう状況を踏まえ上で、アルバイトか業務委託で受けた場合の違いを
教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。
にしむら

投稿日時 - 2019-03-19 13:56:10

QNo.9598403

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

アルバイト:仕事に対する”一切の責任はないので、雇い入れた会社側に責任所在が総てでてきます、納税・厚生福祉等々全て会社には、責任があるもの。

業務委託:どなた様かもご回答の通り、業務委託は”どの様な事態が起きても、契約書記載の”仕事に関して責任所在”例えば何処からかのクレームが入った等
こう云う事等含めて”何らかのミスが指摘・発覚したら、賠償責任等の法的な、対処が、厳密に追及されるし、トラブル発生した時の保証問題を求められるものでしょう、つまり、”労働に関する裁判沙汰”民事責任も追及されるでしょう。
*******************************

投稿日時 - 2019-03-29 08:00:46

ANo.5

〉この仕事を受けるにあたりダブルワークも検討にいれております。

アルバイトは従業員のため、これを規制できます。
支払い側としては、税金を先に取る(源泉徴収)の対象になります。

請負は、最低賃金法に縛られないのですが、これをデメリットと考えるかは。。。契約に禁止がなければ再委託が可能で、また、契約に規定がなければ何かを書いたり描いたりした場合の著作権はあなたにあります。
支払いとしてはものやサービスを買うのと同じで、源泉徴収を引かれることはありませんが、消費税を加算して支払われます。

でね、益税 で調べてみると良いですよ。

で、税金の支払いですが、アルバイトは、複数のところでやると、所得税、住民税などの申告が年末に必要になります。一つのところでは高額にならなければたいがい不要で、申告すると戻ってくることも多いです。
請負の場合は、事業主として申告するか、個人として申告するかを選べます。
住民税、所得税の他、消費税などの納付も必要になります。

年金や保険は、アルバイトの場合は従業員ですから会社経由でも行えます。失業保険は会社が半分払ってくれます。
請負は事業主体があなたですから、自分でやることになります。

あなたが
労働者になりたいか
事業主になりたいか
という違いが分かりやすいかも。

因みに、ほとんどの連載を抱える漫画家さん、作家さん、イラストレーターさんは請負です。
時間給で払ったら不公平でしょ? 成果物に対して支払いをしています。
請負だからアシスタントを雇っても自分一人で描ききっても良いわけです。

成果物指定なので、時間だけ働くのではなく、これこれを納品して、または、これこれをやって、が出来たことに対して支払われます。
業務委託との違いです。

投稿日時 - 2019-03-19 19:41:13

補足

ご回答ありがとうございます。
バイトやパートで働いている人が仕事を増やす場合はダブルワークとは言わず「掛け持ち」という言い方になることを知りました。
「掛け持ち」と訂正させていただきます。

投稿日時 - 2019-03-20 09:53:42

ANo.4

アルバイトは時給で管理されます。だから残業が発生したら残業代がもらえます。一方、業務委託はいわゆる請負です。仕事量が契約で決められていて、その仕事がこなせるなら別に何時間労働でも構わないのです。よくあるのが左官屋さんとかで、この家のこの作業をこの期間内に終えるという契約が請け負ったらそれを守らなければなりません。予定期間内にちゃんと終えられるなら「今日は気分が乗らないからここまで」で帰ってもいいのです。その一方、期日を守るためにずっと残業してもその手当はもらえません。

業務委託という契約方式にして残業代を払わないで済ませるようにするのがいわゆる「偽装請負」というやつです。牛丼チェーンの「すきや」が従業員に残業代を支払わなかったのも、契約上は彼らを業務委託という形式にしているからです。

というわけで、その業務がどのようなものかは分かりませんが、閑散期には仕事がないからといってお金がもらえず、繁忙期には山のように仕事を押し付けられていくら残業しても「業務委託だから」で残業代ももらえないブラック臭がぷんぷんと漂っている感じがしますが、いかがでしょうか。

あと業務委託だと保険証とかの面倒を見なくていいはずですから、年金や保険証を貰うための保険料の支払いも全額質問者さんの自己負担になります。本来は会社が折半しなければいけない分野です。
その一方、業務委託ということにすれば、確定申告できちんと青色申告するならばその業務を行う上で必要となる出費を必要経費として計上できると思います。

投稿日時 - 2019-03-19 17:07:02

ANo.3

「偽装請負」て事ですね。検索してみればあれやこれや、w

投稿日時 - 2019-03-19 16:17:50

ANo.2

 
アルバイトはその企業に雇用されます、つまり社員です。
どんな仕事、働き方をするかは雇用契約や企業の規定できまります。

業務委託とは企業間の仕事の委託です。
例えばアマゾンが荷物の配送をヤマト運輸に任すのも業務委託です。
ただし、世間で知られた企業だけでなく、個人に対しても業務委託できます。
様は契約に基づいて仕事を引き受けてるだけです。
 

投稿日時 - 2019-03-19 14:09:52

ANo.1

アルバイトは雇用契約になります。業務契約は「請負」なので、最低賃金などは適用されません。言ってみれば「下請け」です。

投稿日時 - 2019-03-19 14:02:03

あなたにオススメの質問