こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仮面うつ?自律神経失調症?

30代会社員男性です。
体調に異変を感じたのは半年前ぐらいからでした。会社では、車の免許を所有している人がいないこともあり、配達や外回りの仕事が一度にくるようになった時期です。
その日を境に休日でも仕事のことを考えイライラするようになりました。
また、役職上様々な仕事の責任等を抱え込みそれをこなしていかないといけないので、それも重圧になってたかもしれません。最近、仕事中に心臓がチクチク痛んだり、心臓に重りをいれられたような感じがするようになりました。1日中動悸がします。(休日でもつい仕事を考え不安を感じるようになり心臓にそのような症状がでます。また、胸をわしづかみにされる痛みもあります)
さらに、1日中頭がのぼせたり、熱ぽい感じがするようになりました。ときには目眩?(職場で倒れたこともあります)もすることもあります。睡眠は十分とれてますが、次の日疲れが全くとれてないように感じるようになってます。また、休み中に趣味を楽しもうとしても、仕事を考え趣味がおっくうになる、趣味に集中できなくなったりしてます。一度も会社の健診では血液検査値の異常は全く見当たりません。
(1)上記のような所見は自律神経失調症でしょうか?仮面うつでしょうか?
(2)自律神経失調症と仮面うつの違いは何ですか?
症状がよくにているとききました。

投稿日時 - 2019-03-30 22:35:35

QNo.9602123

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

うつ病の診断は専門医でも難しく、仮面うつ病は定義としてうつ病の主症状である憂鬱感、やる気や集中力の低下よりも、うつ病以外の病気でもよく見られる腹痛や頭痛などの身体症状が目立っている状態のため隠れている主症状を数種類のテストで掘り下げてやっと診断がつくものです。ただ言える事は、精神疾患の身体症状の多くは自律神経を介して起こると言われています。つまり極端な言い方をすれば精神疾患の身体症状は自律神経失調症の状態と言えると思います。自律神経失調症単なるストレス反応でも出てしまうので、仮面うつ病と自律神経失調症とをわける必要はないと思います。(あくまで私見です)
30代は上からと下からに挟まれてストレスがかかる年です。私は32才時、喘息で体調を崩してから、仕事への意欲が薄れました。仕事は楽しかったのですが・・・それなりのポストにいましたから。アメリカ行きを打診されると、より倦怠感や動悸、不眠が強くなりました。そして喘息の悪化。私の場合父が倒れたため、急遽郷里に帰ることになりました。嘘みたいに症状が消えました。仮面うつ病の診断方法は分かりませんが、中には本格的うつ病に進行することもあるようなので一度専門医による診察を受けられる方が良いと思います。済みません回答になっていないですね。

投稿日時 - 2019-03-31 02:41:09

お礼

かなり、参考になりました
回答ありがとうございます

投稿日時 - 2019-03-31 23:45:49

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問