こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三相誘導電動機の軸固着

下記のURLを見て下さい。
https://www.jeea.or.jp/course/contents/12129/

この中の、1 同期電動機との比較の項の中で
>回転子が回転すると導体を直角に通過する回転磁界の回数が減少するので、発生する起電力は回転子の回転速度の上昇で回転磁界と回転子の速度差に比例して減少し、同期速度では0となる。
とあります。
ここで質問なのですが、
(1)軸が固着した場合、
回転子が動かなく固定されたままなので、回転磁界が常に導体を直角に通過するので、発生する起電力は常に最大なので過電流が流れて巻線が焼損してしまう事態が発生することになる。
と考えて良いのでしょうか。

(2)また、軸の固着によって流れる過電流というのは、回転子巻線に発生した電圧(起電力)によって育成された電流であって、固定子の導線に回転磁界を作るために流された電流ではないと言うことで理解してよろしいのでしょうか。
以上、良ければご教授お願いします。

投稿日時 - 2019-04-04 10:26:47

QNo.9603542

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1)軸が固着した場合、
回転子に埋め込まれた導体(巻線)に過電流が流れて過熱します。
この過電流の電気エネルギーは1次巻線(固定子)から供給されています
ので、1次側巻線も過熱して最悪焼損することになります。

(2)
>軸の固着によって流れる過電流というのは、回転子巻線に発生した
>電圧(起電力)によって育成された電流であって、固定子の導線に
>回転磁界を作るために流された電流ではないと言うことで理解して
>よろしいのでしょうか。
電動機の1次側巻線と回転子の導体(巻線)の等価回路は変圧器の1次側
巻線と2次側巻線の等価回路と同一として考えるようにと勉強されて
いると思います。

軸が固定されている状態は、まさに変圧器と同一状態ですので、1次側
巻線に電圧が加わりますと回転子の導線に2次電圧が誘導されます。
2次側巻線である回転子の導線は1回巻いただけのコイルでリアクタンス
分が殆どない状態で、低い抵抗分のみとなり、大きな電流が流れること
になります。
この電流は誘導現象により1次側巻線から供給されていると考えないと
いけないと思います。
電動機の等価回路を復習することをお勧めします。

投稿日時 - 2019-04-04 15:45:21

お礼

回答ありがとうございました。等価回路 勉強してみたいと思います。

投稿日時 - 2019-04-04 22:24:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問