こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どら息子に財産を相続されない方法

どら息子とその配偶者に財産を相続させない方法はないものでしょうか?
どうして、相続させたくないか、を説明すると長くなるうえに誤解を生じるので、割愛します。幼い頃からトラブルだらけ、親の顔に泥を塗ることばかりの上に、最近、どうにも許せないことをされたとしか、申せません。
いろいろ調べてみて難しいのは、わかるのですが遺言を書いても、最低の遺留分の相続は出来てしまうそう・・・大金ではありませんが、家や先祖代々の思い出の品もあります。お墓の管理もする気はなく、すべて自分たちの贅沢の為に使ってしまうことは目に見えています。息子、嫁は私たちからお金を奪うことしか考えておらず、早く死ぬのを望んでいるようです。どこかに寄付をすることも考えたのですが、どうやって探していいのやらもわかりません。何か方法はないものでしょうか?

投稿日時 - 2019-04-05 16:24:59

QNo.9603871

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

遺言を書いても遺留分があるので、息子さんには一定分相続する権利があります。これはどうしょうもないです。
先祖代々の思い出の品やお墓を管理してくれる他の親族はいないのでしょうか?
あとは、持ち家売却して現金を使ってしまうとか寄付するもの一つの方法だし、預金の預け先を息子が絶対に分からないような縁のない銀行にするとかですね。

投稿日時 - 2019-04-07 01:11:59

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

寄付というのであれば、社団や財団に寄付するという方法があります。
または財団などをご自身で作ることもできます。

目的を定めてその目的のために財産を使うということができます。
私のそのような団体の活動の支援をしていますが、どこに寄付して良いかというのは確かになかなか難しい部分があるかと思います。

参考にこのような団体があるというものを下記に記しておきます。

https://tokyo.birdlife.org

https://www.yume-takarabako.or.jp/blank-6

投稿日時 - 2019-04-16 00:58:08

ANo.13

使っちゃえば?リバースモーゲージローンで思いっきり快適にリフォームするとか、

投稿日時 - 2019-04-12 23:48:00

ANo.12

そこのところは しっかり下調べをしてからですね。
歴史のある エリザベスサンダースホームも健在です。
http://www.elizabeth-sh.jp/

投稿日時 - 2019-04-07 22:49:49

ANo.10

寄付するのは?

投稿日時 - 2019-04-06 15:32:01

補足

寄付は、一番最初に考えました。でも、「あなたが寄付したいというのなら、もらってやってもいい」というような態度を取られたり、お金だけが目的でそれが有効に生かされる様子が感じられないなど、私が望む方向で使われないような団体など、日本は欧米と違い、寄付の概念が違うように感じ(軽く考えられています。)よほどしっかりしたところでないと寄付する気になれません。それを探すのはかなり大変なことだと実感しております。

投稿日時 - 2019-04-07 21:30:27

ANo.9

孤児院 (現在は孤児院ではなく児童養護施設と呼ぶ)はいかがでしょうか。
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/controller?cmd=lst&actionID=jgytik&SVCSBR_CD=037&JGY_CD1=&JGY_CD2=&JGY_CD3=&JGY_CD4=&JGY_CD5=&HYK_FL=1

投稿日時 - 2019-04-06 14:19:24

補足

有効に使っていただけるのでしょうか?以前、孤児院にランドセルを寄付した方がいらっしゃいましたが、そのように、私がやった行為を理解していただけ、本当に喜んでいただけるのでないとお金だけ寄付して、それでおしまい、になってしまいます。その点が一番、心配なところです。

投稿日時 - 2019-04-07 21:33:08

ANo.8

遺族の遺留分があっても遺言書が優先されるのでは?
現金化して使い切ることもできますが、使い切ってもご自身がまだ元気ならどうしますか?
一度弁護士に相談されては?
でないと使い切ったはいいが、まだ元気なのに金もない状態にならないとも限りませんよ。
細かく遺言書に明記すればいいのでは?

投稿日時 - 2019-04-05 18:17:16

補足

はい、弁護士には、すでに相談しております。ただ、弁護士さんでも頭を抱える問題の用です。長生きするのが一番らしいのですが。

投稿日時 - 2019-04-07 21:33:59

お礼

はい、弁護士さんにはすでに相談しておりますが、なかなか良い方法が法的にはないというのが、現状のようです。

投稿日時 - 2019-04-05 22:07:32

ANo.7

資産をすべて現金化する。不動産は銀行のモーゲージローンの担保にして現金化する。死んだら銀行のものになるので、どら息子は相続できない。そうしておいて現金を死ぬまでに使い尽くす。生活費、趣味、旅行、海馬競輪、女遊び、老人ホームの入居金など。それでも使いきれなければ、老人ホームに全額寄付する。喜ばれるでしょう。

投稿日時 - 2019-04-05 17:38:41

お礼

皆様の回答を拝見していて、使ってしまうのが一番なのでしょうね。旅行、老人ホームの入居などは、わかりますが、競馬競輪、女遊びなどは、心がすさむだけです。バカ息子のことを非難できなくなります。自分自身以外のことは、誰かに喜んでもらえる方法で使いたいものですねぇ。

投稿日時 - 2019-04-05 18:02:06

ANo.6

方法は・・・あります

しかし、もしも・・お孫さん(ドラ息子の子)がいた場合、代襲相続が発生し、お孫さんに財産がいきますので、どのみち同じなので注意してください

でも、方法としては「相続人廃除」(被相続人が生前に自分で家庭裁判所に相続人廃除の申立てをする)です

-----
・相続人が被相続人を虐待した場合
・相続人が被相続人に対して、重大な侮辱を与えた場合
・相続人にその他の著しい非行があった場合
・重大な犯罪行為を相続人が行ない、有罪判決を受けている
・被相続人の財産を相続人が不当に処分した場合
・賭博を繰り返して相続人が多額の借金を作って、これを被相続人に支払わせた場合
-----

などの条件を家庭裁判所に申し立てる必要があります

とはいえ結局、弁護士に相談となるでしょう

参考URL:http://www.tokyo-intl.com/category/1597291.html

投稿日時 - 2019-04-05 17:06:40

ANo.5

どら息子とその配偶者のうち,配偶者はもともと相続人ではありません。
どら息子の方は,もし相続させたくないのであれば,管轄の家庭裁判所に推定相続人を廃除する審判の申立をしてください。審判で認められたら相続人ではなくなります。遺留分も認められません。
あなたに対して虐待をしたとか,重大な侮辱を加えたとか,どら息子に著しい非行があったと言えるような場合には廃除が認められるでしょう。

投稿日時 - 2019-04-05 17:03:12

ANo.4

換金できる財産は、勿論現金にしましょう。
墓仕舞いもしてはどうですか。
現金がまとまったら、老人ホームなどの介護施設に、入居(所)金として入れ、のんびりと過ごし、たまには温泉旅行など。

投稿日時 - 2019-04-05 16:41:34

ANo.3

今は,持ち家さえ最初に売却して,その家を賃貸で住めるようにできます。
つまりキャッシュをつくっておいて,死ぬまで賃貸にする。
これで最も大きな財産である家と土地はなんとかなります。
細々したものも,今はオークションサイトなどで売れるので,やる気さえあれば処分は簡単ですよ。
でも税金だとかいろいろ面倒なのでまずフィナンシャルプランナーを探してみてはどうでしょうか。彼らなら寄付などについても詳しいでしょうし,息子には渡したくないけど,孫の大学の費用は出してやりたいと言ったことも上手く生前贈与や学資保険などでやってくれますよ。

投稿日時 - 2019-04-05 16:39:39

お礼

なるほど、持ち家を売却して、そこに賃貸で住むのですか、この方法は知りませんでした。ただ、売却した後は、老人ホームに入った方がいいかもしれませんね。

投稿日時 - 2019-04-05 17:06:24

ANo.2

認められるか?
それは僕にはわかりませんが
家庭裁判所にゆき
息子の排除を申し立てる。

※生前廃除・・・家事事件手続法188条1項
 推定相続人廃除審判の申立

認められれば、自治体に
前記審判書を添付して、推定相続人の廃除の届出。

また

遺言廃除
推定相続人の廃除を遺言で定めておく。

※遺言執行者を選任しないとダメ。

投稿日時 - 2019-04-05 16:34:40

お礼

この方法も考えたのですが、多くの場合は認められないそうです。

投稿日時 - 2019-04-05 17:04:46

ANo.1

ぜんぶじぶんでつかってしまえばいい
さらに巨額の借金をすれば自ら放棄してくれるでしょう

投稿日時 - 2019-04-05 16:28:40

お礼

その方法は、一番最初に考えました。そうなのですが、どうしても手放したくないものがありまして、頭が痛いところです。借金をすることも可能ですが、それは、最後の手段にしたいですね。親子である事には、変わりないので・・・

投稿日時 - 2019-04-05 17:03:55

あなたにオススメの質問