こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三相誘導電動機の軸固着について

前回質問しまして、回答をいただいて自分なりに考えましたが、まだ良くわからないので、質問させてください。

https://okwave.jp/qa/q9603542.html

(1)軸の固着と言うのは回路的には、変圧器の2次側が短絡したということですが、物理的には、次のURL

https://www.jeea.or.jp/course/contents/12129/

1 同期電動機との比較の項の中で

>回転子が回転すると導体を直角に通過する回転磁界の回数が減少するので、発生する起電力は回転子の回転速度の上昇で回転磁界と回転子の速度差に比例して減少し、同期速度では0となる。

とあり、「軸が固着した場合、回転子が動かなく固定されたままなので、回転磁界が常に導体を直角に通過するので、発生する起電力は常に最大になり、過電流が流れて巻線が焼損してしまう事態が発生することになる。」
と考えて良いのでしょうか。

(2) また、fujiyama32さんの回答の中で、

>この過電流の電気エネルギーは1次巻線(固定子)から供給されています

ので、1次側巻線も過熱して最悪焼損することになります。

なぜ、二次側の巻線が焼損したら、それが一次側の巻線の焼損につながるんでしょうか。軸が固着されたらトランスになるということですが、トランスの二次側の巻線が焼損したら、一次側の巻線も焼損するのでしょうか。

(3)また、

>2次側巻線である回転子の導線は1回巻いただけのコイルで、~

確認なのですが、2次側巻線である回転子の導線は1回だけしか巻かれていないのでしょうか。

以上、前回の質問とかぶる部分があると思いますが、ご回答いただければ幸いです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-04-08 10:10:42

QNo.9604763

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>(1)軸の固着と言うのは回路的には、変圧器の2次側が短絡したという
> ことですが、物理的には、次のUR
短絡したとの表現はオーバーですが、貼りつけられたURLの第10図に
示された通り、2次側の巻線は裸導体(*)が1回巻いてある状態になります。
裸導体の抵抗値は定格運転時の特性に合わせて抵抗分があると考えます。
抵抗分は等価回路の「r2」で示されています。
(*)図の奥側の導体から右側面の短絡環、さらに手前側の導体から左側面
 の短絡環で2次側の巻線が構成されており、これが巻線が1回巻いてある
 と考えると良いでしょう。

>なぜ、二次側の巻線が焼損したら、それが一次側の巻線の焼損につなが
>るんでしょうか。
>軸が固着されたらトランスになるということですが、トランスの二次側
>の巻線が焼損したら、一次側の巻線も焼損するのでしょうか。
等価回路が書かれていますように回転している状態でもトランスと同じよう
に考える必要があります。
トランスと略同じと考えますと、二次側の巻線が焼損するほどの過電流が
流れるとしたら、一次側の巻線にも過電流が流れることになります。
また、繰り返しになりますが、二次側の巻線に流れる電流の源は、一次側
巻線から供給しています。

>2次側巻線である回転子の導線は1回巻いただけのコイルで、~
>確認なのですが、2次側巻線である回転子の導線は1回だけしか巻かれて
>いないのでしょうか。
上の(*)にて説明した通りで1回巻いてあると解釈します。
また「第2図 誘導電動機の構造」の図でオレンジ色した線で示された円筒状
のものが回転子です。
この回転子に左から右に向かって書いてある線(オレンジ色の線が省略されて
います)が回転子の巻線です。
ここから途中の解説文を読み進めていきますと第10図に行きつくことになり
ます。

投稿日時 - 2019-04-08 11:46:58

お礼

お返事遅くなりすみません。回答ありがとうございました。回答して頂いたことを参考にして少し勉強してから、また新たに質問したいと思います。宜しくおねがいします。いつもありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-09 10:33:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問