こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

高校化学,酸化還元反応

酸化還元反応について、文章的な捉え方の質問です。
教科書や参考書に酸化還元反応の終点の例として

KMnO4による、赤紫色が消えなくなる

と記載があります
これは
赤紫色が消えて、色が無くなる
のか
赤紫色が消えず、色が変わらない

どちらの意味なのでしょうか。

投稿日時 - 2019-04-14 09:32:58

QNo.9606571

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

酸化還元滴定ですか?
その場合であれば「赤紫色が消えず、色が変わらない」です。

ただこの文章のみに着目すると、どちらの意味にもとれるため、非常に良くないですね。
せめて読点の位置は「KMnO4による赤紫色が、消えなくなる」にして欲しい。
本当は『消えなくなる』という否定形がよろしくない。だたまあ、反応の内容的にはこの語句を使いたくなる理由も分かる。うーむ。

https://受験理系特化プログラム.xyz/theory/redox-titulation

投稿日時 - 2019-04-14 11:25:30

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

終点において、未反応のままの残ったKMnO4が赤紫色のまま残る状態ですので、

>赤紫色が消えず、色が変わらない

ですね。 とはいえ、滴定をしますと色が薄まりますので、かなり薄い赤紫色が確認できたところで、終点です。

以下動画の、6分15秒~6分24秒あたりまで見ればどういう状況か分かります。

参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=UCReOPY-YDU

投稿日時 - 2019-04-14 11:19:00

あなたにオススメの質問