こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車で事故を起こした人が主張することについて 

交通事故で車が歩行者などをはねて死亡等させる事例について、明らかに正面からはねた場合は文字通りそのままはねたとなることが基本になると思いますが、たとえば左側を歩いている歩行者をその右を走っている車が正面ではなく(車の)左部分ではねた場合や、歩行者の隣を通過している途中ではねる・あてるような行為などの場合、はねた人が仮にはねたという認識があったとしても、何かにあたったような気がしたがよくわからなかったなどと主張するケースが多いようです(本当かどうかはわかりませんが)。

そこで質問ですが、そのような場合はねたという認識を有していたかどうかの立証・はねた人の主張が正しいかどうかなどについて、捜査関係者等は刑事上などでどのような対応をなされるのでしょうか。

投稿日時 - 2019-04-18 01:39:28

QNo.9607910

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

すみません、結構長い書き込みになったっちゃ。
しばらく僕にお時間ください。
よろしくお願いします。、

実況見分、と思うのですが
あ、その前に
はねた意識のない人には 言い分 があります。
なぜ気が付かなかったか?
その言い分が、正しいか、どうか?

何かにあたったような気がしたがよくわからなかった
の場合は
なぜ、よくわからなかったのか?
その時の状況は、どんなだったか?

例えば
音楽を大音量で聞いていたので、わからなかった
とか
夜で暗く、しかも対向車がハイビームのままだった
なので左の歩行者には、気が付かなかった
など。



実況見分ですが
実際に はねたという意識のない人 を現場に
つれてゆき
ことが起こった時の状況を、本人と一緒に検討する。
そこからわかった事実を 実況見分調書 にする。

ニュース映像などで見かける、おなじみのアレです。
同じ時刻、同じ場所で検討する。
立会人に弁護士が付くこともあります。

実況見分の前に
取り調べ部屋っていうんですかね?
そこで、話しを聞きます。
そこでの話しと、実況見分が同じだったらなんの問題も
ないんですけど、違う場合があります。

わかりやすく書きますよ。

取り調べの時は、クマが道路に出てきたから
びっくりして、人には気が付かなかった
と言ってたのに
現場に来てみたら、都会じゃないか!
こんなとこに熊なんてでないぞ!!
過去にも熊クマが出た、なんてことないぞ!
ウソつくな!

のように、当初の言い分とは違うことがあります。
その ずれ を嫌う捜査関係者もいるんですけど
そこは大人になって、正しい記録を取る。
写真撮ったり、位置関係など
かなり詳細にやる。

実況見分調書は、後の裁判の証拠になります。

こうやって丁寧に全ての証拠を集め、裁判です。
裁判は、自分に有利な証拠がいっぱいある方が真実です。
検察、弁護士などで十分に検討し、また検討し
結論を導き出します、裁判長が。

https://www.bengo4.com/c_2/c_1396/n_6731/

この資料なんですが
無罪、です。
理由は
職員は車に相当強い衝撃を感じていた
と推認できるが
ごみや木材、動物と認識し、人をひいた
と認識していなかったと考えられる。

※推認では足りない・・・の判断。

もちろん、本人の言い分
ひいた意識はなかった・・・そんなの信じない。
証拠を集め、検討する・・・そのうえで
検察は
人身事故でない、と信じるような特段の事情はない
やっぱり人身事故なんだ、ひいた意識があった。
他方、弁護士は
人をひいたとの認識はない。

ですから、このご質問
捜査関係者等は、刑事上などでどのような対応をする?
について
誠実にひたむきに、証拠を集める。
証拠集めるときには
捜査関係者は、自身の心象に左右されず、また
自供のねつ造など、不適切なことをすると
証拠にならないので、正しい証拠となるように
努めなければならない。
そうやって、丁寧に丁寧に、誠実にひたむきに集めた証拠を
裁判にゆだねる。
が相当、と考えますが、いかがでしょうか?

※裁判は証拠、なんだから
 自分に有利な証拠がいっぱいあれば、それが真実。

投稿日時 - 2019-04-18 07:26:55

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:13:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

警察には自白を強要するプロがいます。
シロであってもクロにできるのです。

パソコン遠隔操作事件では、身に覚えもない人が2人も容疑を認めました。
。日本の警察はさすがですよね。

投稿日時 - 2019-04-21 18:57:15

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:11:43

ANo.6

運転中に何かと当たったことは、車の大小に関係なく分かります。
止まってみたら人が倒れていた。
もう、どんな言い訳をしてもアウトです。
歩行者がどんな状態であったとしても、当てて殺した事実は曲げられません。
うっかりも何等かの操作中であっても、人をはねたと言う認識の有無も関係ありません。
警察は事故の状況を綿密に調べ、死に至らしめた状況を記録します。
警察は事故への私情も推測も加えません。非情なのです。
結果は検事と弁護士が協議し、裁判で決まります。
被害者の気持ちは刑量に影響することはあっても、加害者の言い訳は通りません。
だって、今まで元気だった人を殺してしまったんですから、これを正当化したら法が乱れて安心できる生活は失われてしまいます。

投稿日時 - 2019-04-18 15:51:45

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:11:57

ANo.5

捜査と言う事は、事実検証をするだけで”兎も角、事故が起きれば”白・黒の厳密な立証をするのが捜査官の仕事でしょう。・・・つまり、問答無用な世界です。
一応、参考レベルで事情聴取はするけれども、”人為的な斟酌・気配りナシで、
決着・結論を出さなけりゃぁ、警察事務処理結果を即時出すだけな冷徹なもの

投稿日時 - 2019-04-18 13:49:05

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:12:18

ANo.4

「順法意図」と「回避意図」の有無。

…その確認に尽きます。

投稿日時 - 2019-04-18 12:58:55

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:12:35

ANo.3

きまってません
状況によりけりです

投稿日時 - 2019-04-18 09:40:32

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:12:52

ANo.1

いずれにしてもドライバーの注意義務違反です。不可抗力と認められるのは、当たり屋みたいに突然飛び出してきたとか、酔っ払いのように想像できないような行動に出た場合など極めて限られてきます。

投稿日時 - 2019-04-18 03:20:22

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-18 00:13:25

あなたにオススメの質問