こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

岩屋毅防衛相は「電磁パルス弾」武装論支持者ですか?

(1)岩屋毅防衛相は、「電磁パルス弾」武装論支持者ですか?

(2)或いは、安倍内閣の中に、危険なプルトニウム搭載大陸間弾道ミサイルよりも、
安全かつ破壊的攻撃力を持つ「電磁パルス弾」武装論の支持者である閣僚は、
おられますか?

(3)電磁パルス弾の開発も推進せよという80代の論客の著書も拝読したの
ですが、東大大学院や付属研究所、京大大学院や付属研究所など、
国内の研究所で、既に研究開発が進んでいるのでしょうか?

(4)日本人や米国人で、電磁パルス弾の著名な開発者・研究者と申せば、
どなたですか?

※電磁パルス(Electromagnetic Pulse、EMP)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B9

ウィキには、「米軍が開発を進めているといわれるが、公式には
実用化はされていない。」とあります。

(5)EMP弾の保有国は、本日時点でも、未だ無いという事で宜しいですか?

以上、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2019-04-22 16:02:11

QNo.9609484

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>ウィキには、「米軍が開発を進めているといわれるが、公式には
>実用化はされていない。」とあります。

そのWikipediaのページには「21世紀初頭の技術では核爆発によるものと違って小さな規模の電磁パルスしか発生できず、有効半径はせいぜい100 m程度だと言われている」とありますね。
まだまだ兵器としての価値はないといっていいでしょうね。しかしそんな強烈な電磁波を作ったら、睾丸がやられてみんな種無しになってしまわないんですかね。

投稿日時 - 2019-04-23 18:41:26

補足

強烈な電磁波を浴びると男性の睾丸の中の精子が死滅し、
新たに生産すらされなくなるのですね?

お恥ずかしながら、全然、存知上げませんでした。

ただ、強烈な電磁パルス弾を開発する作業自体は、
危険は伴わず、安全なのでしょうかね?

今の防衛大臣が研究開発の支持を出しているようで、
核ミサイルなんかよりずっと製造作業が安全そうで
好ましいと素人考えで思ったのですが。

EMPパルス弾は、全地球方位を有効射程距離に据える事が
出来れば、将来の日本自主防衛の鍵となるのではないでしょうか?

宇宙軍からの攻撃すらEMPパルス弾で迎撃したり阻止できる
ようになれば、全宇宙史上最強の日本になれるかと思います。

投稿日時 - 2019-05-11 19:51:14

お礼

御答弁、有り難うございました。
感謝しております。

投稿日時 - 2019-05-31 22:23:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問