こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

改元は現在残存している唯一の漢字造語の機会か

明治時代多くの漢字による新語が造成され、日本の発展に大きな貢献がなされました。現在は英語まがいのカタカナ語が乱用される一方、漢字による造語はほとんど姿を消してしまいました。元号をカタカナ語にする動きはないものの、漢字を軽視する現在の状況は危機的な感じがします。この意味からも元号制度は永久保存した方が良いと思うのですが、皆様はどのようにお考えでしょうか。

投稿日時 - 2019-04-30 00:38:41

QNo.9611906

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問は
1.西洋の言葉からの外来語=カタカナ外来語の過剰な使用が多過ぎて良くない。
2.今漢字だけによる造語がほとんど無い。
3.漢字は軽視されている。
4.ゆえに元号制度を保存するべきである。

1については確かにかえってわかりにくい物が多いですね。

a. 特にコマーシャルで従来からある概念なのに目新しさを出す、ひどい時は「偽装」するためにわざわざひねくり出したようなカタカナ語があります。
しかしこれはかつて漢語がその役目(ひけらかし)を担っていたと言えるのではないですか?

b. でも外国から来た新しい概念であるためにあえて外国語をカタカナ化しただけで使っているケースもあります。

c. カタカナであるけれど外国本国では使ってない日本製英語みたいなのも多い。まあでも外国の風習の輸入であることを表すには都合の良いやり方ではありましょう。

例a:不動産関係の固有名詞「○○タワー」「××ヒルズ」「ゲイト□□□」
  ビジネス関係の気取った言い回し。「アジェンダ」「コンプライアンス」「サマリー」「スキーム」
例b: 「セレブ」 有名人、スターとは微妙に違います。
   「ユニバーサルデザイン」言い換えようと思うと非常に苦労する。
例c: 「ルームシェア」 微妙に英語とは違いますが、漢字や仮名で表すのは案外難しい。

2漢字造語は無いわけでもないと思います。
例:「仮想通貨」「裁量労働」「変顔」「自撮棒」「婚活」「草」「沼」「特保」「特養」
(なお例は私がいいと思っている言葉というわけではなく、あくまでも例としてあげています。以下同様)

ただ漢字だけよりもカタカナ語や和語と混ざっている方が使いでのある造語になるように思います。
例:「半端ない」「ググる」「ブラック企業」「ガラ携」「スマホ」

元号についてですが、これは固有名詞ですので造語という観点は薄いように思います。そして造語というよりは過去の用例から縁起の良い漢語を拾い出しているに過ぎません。これはもともと中国からとても便利な物として輸入された歴史を踏まえているからしかたないと私は思います。むしろその外国の物を概念と一緒に喜んで自分の物にしたという点が日本語の言葉を豊かにしたのではないでしょうか。

3については過去の漢字廃止論などを乗り越えて今もうまく使われているように思います。むしろ漢語の減少は聞き取りやすさの点からは評価しうる。

4については造語という観点からは無関係のように思います。

以下は勝手な自説に過ぎません。
実用の観点からは明治以降は江戸時代以前のようにひとつの元号が短い期間*ではなくてやたら長く続くので時代や年代を表すための実用性を低めている(実際にはいくつもの時代の変わり目を含んでしまっている)ように思います。10年とかいうように期間を限って切り替えた方がいいように思います。

*たとえば江戸の元禄、文化・文政、これは長く続いた元号で時代を表すのに使われていますがそれでも20年以下です。応仁の乱で有名な応仁など三年。応仁の乱そのものはもっと長く続いています。
https://www.benricho.org/nenrei/sei-gen.all.html

元号になんとなくの意味合いが付加されているのはそれとともに当時の風俗や事件が思い起こされるからであって命名(造語)によって性格が決まったのでは全くありません。

投稿日時 - 2019-05-01 20:15:43

お礼

大変ためになるお話を伺えました。深い意味を持った漢字による造語が少なくなっていることを心配しているのですが、時代はカタカナ語主流になっているようですね。

投稿日時 - 2019-05-02 02:00:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

非常に興味深い視点ですね。確かに明治時代(特に前半)と比較すれば、現在は新しい漢語を創造することは極めて少なくなっていますが、改元が「唯一」とまでは言えないでしょう。

法律(官庁)の世界など、いまだに「漢語を好む」世界もあります。ただし「不正指令電磁的記録に関する罪」(刑法)と言われるより、「(コンピューター)ウイルス作成罪」という方が、一般にははるかにわかりやすいでしょう。それだけ世の中が変化してしまったということです。

この漢語があまり新たに作られなくなったことと、元号を存続するかどうかという問題は関連付けない方がよかろうと思います。

投稿日時 - 2019-04-30 05:12:13

お礼

理解を共有できる水準の新語が使られるかどうかではないでしょうか。むしろ文科省に新語造成をつかさどる部署があってもよいのではないかと思います。NHKあたりがオープンだとかゲットだとか基本的な動詞にまで率先してカタカナ語を連発している現状もちょっと問題かなと思います。

投稿日時 - 2019-04-30 10:26:51

新生児の命名は,ほとんどの場合は「漢字」を使っています。めちゃくちゃな読みをするキラキタネームもふくめて。

もし,ほとんどの新生児の戸籍名が「鈴木ジョジョリイ」とか「佐藤リンホワ」などとなると,危ないでしょうね(笑)。

投稿日時 - 2019-04-30 00:57:25

お礼

命名についてのご感想よくわかります。ただ命名の場合には共通の理解が得らえる内容を持った新語にはならないことが気になります。中国ではコンピュータを電脳というように、さすが本家という感じになっていますね。

投稿日時 - 2019-04-30 02:33:49

あなたにオススメの質問