こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

マスコミが常に体制側を最大限養護した報道を行うのは

日本のマスコミが常に体制側を最大限養護した報道を行うのはなぜですか?

常々思っていたのですが、テレビなどを見ていると何か問題が起こった時、マスコミ報道は言葉一つ一つに配慮して体制側に最大限の気配りを行いながら報道を行いますがあれはなぜですか?

例えば、昨日の卓球の審判の誤審について、なぜか誤審”疑惑”だ、誤審”疑惑”があったと報道します。高精度な映像で100%誤審であったことが分かっているにも関わらずです。
他の社会問題などでも同じです。裁判の冤罪問題などでも証拠が誤っていたことが明らかになったり、真犯人が見つかった時でも、冤罪”疑惑”と報道し、体制側である裁判所自身が冤罪と認めた件のみに限定して冤罪としており、それ以外の冤罪事件は証拠が覆っていても真犯人が見つかっていても、常に冤罪疑惑と報道します。

マスコミ報道が常に体制側を最大限養護した報道を行うのはなぜですか?

投稿日時 - 2019-04-30 14:35:22

QNo.9612066

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.4

そりゃ公的な報道機関なのですから、正式に誤審と認められていないものを「俺の目には誤審に間違いないから誤審」と決めつけてはいけませんし、冤罪であることが正式に決まっていないものを「これは冤罪で間違いありません」と決めつけてはいけません。

質問者さんだって、自分個人の意見がいえる場ならまだしも、会社の看板を背負っている場で仕事に関して自分の個人的見解を述べることは許されないでしょう。「社長はああいってましたけど、僕は違うと思いますよ」とはいえませんよね、公式の場ではね。

投稿日時 - 2019-04-30 16:30:12

補足

いやいや。
100%誤審の証拠映像が残っていますから、誤審であり、疑惑でもなんでもないですよ。
映像が存在していなかったり、極めて不鮮明な映像しか存在していないならご回答の通りです。
しかし高精細の映像でしかも10倍以上のフレーム数で記録されている映像で、100%の証拠がある状態で疑惑だなんてありえないでしょう。
ご回答の論理は「人を殺しても、殺人と認めなければ殺人じゃない」って言ってるのと同じですよ。

投稿日時 - 2019-04-30 16:41:36

お礼

「Aという証拠がある。故に有罪」としていたものが「Aという証拠は偽であった。故にこの裁判は無効である」というのが先進国で行われる当たり前の裁判です。
証拠がないにもかかわらず有罪化されているものはすべて冤罪事件です。

こういった実態から日本の裁判所では魔女狩りレベルの裁判しか行われていないとして国連でも問題視されてもいますね。

投稿日時 - 2019-04-30 17:48:04

ANo.2

 冷戦崩壊時にルーマニアのチャウセスク独裁体制が武力革命で崩壊しましたが、あれと同じだと言われています。情報操作と真実の隠蔽を繰り返して、現実離れした政策を続けた結果、経済成長が行き詰まり、何度改革しても失敗に終わり、最後は改革派が武器を取ってマスコミを襲撃し、体制の真実を情報公開した結果、独裁者が逃げ出して、最後は銃殺されて死んでいます。

 今の日本を見ればわかりますが、情報操作と真実の隠蔽をマスコミが続けた結果、経済成長が30年近く止まり、改革は全て失敗に終わり、破綻を待っている状況です。ルーマニアと同じ結末を迎えるしか無いのでしょうね。

 マスコミが過去に揉み消した重大事件に関しては、以下のリンク先が詳しいので、参照してはいかがでしょうか。

参考URL:https://nobuaki22.at.webry.info/

投稿日時 - 2019-04-30 16:18:33

補足

現代社会におけるマスコミの役割って極めて重要で重いものですよね。
なのに、報道機関に居る人々が、ナチス政権下の公務員のように働いている感じですよね。

自分の頭では何も考えなくただ従っていれば身分保障が得られて自分は安泰で、それでよいと考えている人だらけってところでしょうね。

投稿日時 - 2019-04-30 17:31:46

ANo.1

>マスコミ報道が常に体制側を最大限養護した報道を行うのはなぜですか?

何のことについて仰っているのか、まったく分かりませんが・・・
中にはそう感じることもありますが、総てが、そうだと言うことはないと
思います。

投稿日時 - 2019-04-30 15:33:53

補足

意味不明の書き込み?
いったい何が目的なのでしょうか?

投稿日時 - 2019-04-30 16:30:36

あなたにオススメの質問