こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

農業を国営化したらどうなりますか

日本の農業は補助金をたっぷり受けて生産性は米国の10分の1で農民の平均年齢が66歳だそうです。減反政策は表向き廃止されたとはいえ、米以外の作物をつくらせ、それを市場価格よりはるかに高い価格で国が買い上げるという形で減反政策は事実上続いていると理解しています。いっそのこと農業を国営化したらどうでしょう。そうしたら
(1)農業への補助金を減らせる
(2)大規模化、IT化、AI化が進み生産性が上がる
(3)年老いた農民の重労働は軽減され収入は安定する
(4)安い農産物が供給され消費者にもメリットがあり、海外との自由貿易交渉も進展する

政府にそんなカネはないとの主張があるかもしれませんが、通貨発行特権を持つ政府にカネがないわけがありません。

投稿日時 - 2019-05-01 09:56:16

QNo.9612382

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは
(1)はご質問者様が最後の一文で「政府にそんなカネはない」という言葉を使われている通り、政府のお金を使う(つまり赤字になる)ことまでお分かりでしたら意味がないことはわかると思います。
国営にするメリットとして(2)(3)(4)を本気で実現できればいいでしょうが、私の頭の中で「国営」とそれらが結びつきません。
税金を使って(2)~(4)を実現しようとすると
IT化、AI化に「補助金」をつける
輸出に「補助金」をつける
新規就農支援に「補助金」をつける
結局「補助金」を使うことになると思います。
また、個人的にはご質問者様がおっしゃるように、その補助金を「通貨発行益」から出すのも手と思います。

投稿日時 - 2019-05-01 11:22:07

お礼

コメントを有り難うございました。
国営化したら、国は自由に農業ができますから、大規模化は可能でしょう。それができ、カネをいくらでも使えるならIT化、AI化は進みます。そうなれば、農民はパソコンの前の操作だけでよく、重労働は不要になります。そして農産物の国際的価格競争力がついてきますから、自由貿易交渉も進展できます。トランプさんも農産物の輸入をしてやれば喜ぶでしょう。

投稿日時 - 2019-05-16 10:37:28

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

1)逆に補助金は増えるでしょう。今でも農業経営者は細々と農業を
営まれていますので、補助金を減らされたらまず経営は出来なくなる
でしょうね。
2)IT化やAI化が進んでも、農業を営もうとする方は年毎に減少
傾向にあります。今でも大規模化の農家は沢山あります。質問者さん
はトラクターが幾らするか知っていますか。トラクターの他に苗植機
やコンバイン、出荷しない場合は大型の乾燥機等が必要です。
何町もの田んぼを所有している人は、コンバインは4条刈や5条刈が
ほとんどで、軽く2千万円を超えるそうです。これをIT化やAI化
にしたら億単位になりませんか。幾ら生産しても、借金を返すだけで
精一杯になる事は避けられません。
3)全てを機械で行うのは不可能です。人力でしか出来ない所も多く
あります。IT化やAI化が進んでも、全ては出来ないのですから、
その点はどうするのですか。今でも重労働を課せられているのに、将
来的には重労働が緩和される事は絶対にありませんよ。
4)大量に生産されれば確かに価格は下がります。でも2で書いたよ
うに利益は多く得られませんから、借金ばかりが膨らむばかりになり
ます。今でも豊作の場合は生産物を破棄しています。これらを政府が
買取ってくれる事はありません。通貨発行特権を持っていても、それ
だけでは農家を助ける事は出来ません。明らかに足りないんです。

国営化したら国の命令によってマニュアル通りに栽培しなければいけ
ません。国営化ですから全ての農民は給料制になるでしょう。でも、
借金を作ったのは農民ですから、これを国が補助してくれる可能性は
ありません。国は甘い汁だけ吸って、農民は借金を返すだけに労働す
る事になるでしょうね。

投稿日時 - 2019-05-02 17:52:28

補足

国営化が進んだらもう補助金などいりません。農業機械など必要な経費は全部国が払い、農民はびっくりするほどの高給を毎月受け取るだけで、非常に生活が安定します。農民は減ってもAI/ロボットが農作業をするので大丈夫です。クラウドや人工衛星やドローンをフルに使い、人間では不可能なほどの美味しい米が人手をかけずにできます。次のサイトを参照下さい。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4202/index.html
個人で買うのは無理な価格でも、国にとってはタダ同然です。国の予算は2千万円などではありません。何兆円だってかけても高くはありません。クラウドを使いAIで生産管理をしますから豊作でつくりすぎて無駄になることはありません。もちろん、農民が借金を返すことはありません。そもそも日本には借金など無くて、あるのは300兆円を超える世界一の対外純資産なのです。これだけあれば2千万円のトラクターが1500万台も買えるのです!

投稿日時 - 2019-05-03 15:36:36

ANo.10

> アメリカも欧州もそんなに出してません。
> 日本に農産物を輸出させとと世界各国が言ってきますが、農業
>にカネがかかるやっかいな産業なら誰も輸出などしないでしょう。

実態に目を向けましょう。
イギリスでは所得の9割は税で補償、フランスも所得9割は税で補償、ドイツで7割は税で補償、EUの先進国はどこもこんな感じで所得補償で補助金漬け。また経済統合の観点からEU農業補助金からもEU加盟国の農家へお金が支払われている。
EU加盟していないスイスなどでは安全保障のため全額政府が支出して指定農地を管理するかたち。
アメリカの場合は所得補償は5割。それ以外に作れば作るほどお金がもらえて儲かる仕組みになっている。市場価格とは関係なく作れば作った分だけお金がもらえる。このため農業予算は年10兆円を越える。またトランプ政権は更にここに1兆円積み増すとも言っている。アメリカは安価な農産物を大量に輸出し続けることを国防として国家安全保障戦略として行っている。他国の食を牛耳ることがアメリカの国家安全保障戦略であるとするもの。つまり他国の胃袋を握ってしまえば、いつでも殺せるという考えの軍事的戦略の一環になっている。そしてアメリカを怒らせるようなことがあればアメリカから大量に食料を輸入している国は一気に食料が暴騰することになる仕組み。だから日本にも安価な穀物が大量に流れ込んできて市場価格を歪め続けており、市場価格はあってないようなもの。世界の商品市場の根っこは実はアメリカ政府が握っているのが実態。

投稿日時 - 2019-05-02 17:30:39

ANo.9

> 日本はこれ以上全く大規模化は無理だとお考えですか。
> 農業人口は減る一方ですから、少ない人数で農業を維
> 持しようとしたら農業の大規模化は避けられない

日本で大規模農業を行う場所が無いんで。
日本人だけが大規模農業と呼んでいるものは世界では小規模農業の部類です。
そんな国で生産性を上げたところで国際競争を行っても全く勝てません。
日本の農業は現在まででも生産性はずっと向上して来ました。はっきり言ってここから生産性を上げても微々たるものです。日本にアメリカのような広大な農地があれば別ですが、そんなものは日本にはないのです。その事実を踏まえないでおかしな精神論で農業政策を批判する評論家が多いんですね。
日本人の悪いところは小さな効率アップしか見込めないところに、過大な期待を精神論で無理やりねじ込んで、それで無駄な投資を行い続けてしまうところ。
日本の農業に生産性アップを求めることは意味がないのです。もうその手の評論家の話は無視してもよいのでは。
それより食料安全保障の方に力を入れて、他分野に力を注ぐ方が政治判断として正しいです。そしてそれは結果として農業にもメリットを与えます。それはAIであったり、エネルギー政策であったり、工業政策であったりです。
弱いところに鞭打ってないで、強いところを育て、弱いところ守ることを重視するという当たり前のことを行うべきでしょう。
TPPの規定の関係上、農業はもう補助金付以外に何も選択肢はありません。

投稿日時 - 2019-05-01 20:16:47

補足

農業への補助金の率ですが日本は世界で5番目に多いとのことです。
https://www.globalnote.jp/faq1/accout_faq/
アメリカも欧州もそんなに出してません。
日本に農産物を輸出させとと世界各国が言ってきますが、農業にカネがかかるやっかいな産業なら誰も輸出などしないでしょう。
なんのためにみちびきという人工衛星を打ち上げたのか、なんのために完全自動化された農耕機械を開発しているおかを考えてみて下さい。
農業安全保障など無意味です。日本が全世界から経済封鎖されたら原油も入ってきませんから、農耕機械が動かせず農業は壊滅します。輸送手段が絶たれたら大多数の人は飢え死にするでしょう。

投稿日時 - 2019-05-02 10:25:07

ANo.8

(1)農業への補助金を減らせる

日本の農業への補助金は国際的に見て低い水準。
国防、安全保障の観点から各国農業補助金は100%を越えるレベル。


(2)大規模化、IT化、AI化が進み生産性が上がる

日本の農業の生産性が低いのは山谷だらけで、大規模農業を行うための広大な平野が日本に存在しないから。
ちなみに日本では100ヘクタールを越える農地で農業を行っているとなぜか大規模農業と呼ばれる。
しかしアメリカやオーストラリアやブラジルなど国際的に大規模農業と呼ばれるのは1,000ヘクタールを越えているような農業。国際的には100ヘクタール程度では小規模農業レベル。


(3)年老いた農民の重労働は軽減され収入は安定する。

農業に限らず日本の産業においてIT導入があまり進んでいないのは、儲からないから。それに尽きる。
もしITを導入した方が生産性が向上して儲かるなら、他社より優位に立つために企業はIT化を積極的に勧めている。そしてITにそんな力があるならITを導入していない企業は市場で淘汰されている。
日本でIT導入が進んでいないのは儲からなく企業競争力にメリットがないから。


(4)安い農産物が供給され消費者にもメリットがあり、海外との自由貿易交渉も進展する

アメリカ、中国、EUなど海外の方が大規模化、IT化、AI農業開発研究は進んでいる。ということは自由貿易を進展させると損出が拡大することになる。また農業の直接的な国営政策は高い優先レベルで自由貿易禁止事項となっているので、自由貿易を進めると「農業の国営化」という趣旨は完全に潰れることになる。WTOにでもTPPでも禁止事項であり、行ってよいのは補助金までとすでに決められている。またそれ以外にも政府介入は細かく禁止規定があり、それに違反すると政府が多額の罰金を支払う決まりになっている。


「種子法が廃止」され、「農業競争力強化支援法」に改悪されたことで、wagyu問題と同じことが合法的に他分野で起こることになってしまう。このままだと日本の農業を破滅的な危機に向かわせてしまう。またその中には農業メジャーのための改正が組み込まれたため、モンサントなどの遺伝子組み換え作物の種子を日本で広めることになり、日本固有の種子遺伝子が絶滅することに成る。その上、この分野で世界的に進む独占の弊害により、日本の農家は種子などをすべて言い値で買わなくてはならなくなってしまう。それは奴隷化に等しい。

投稿日時 - 2019-05-01 13:06:38

補足

詳しいコメントを有り難うございました。例えばJTなどは国有企業でしょうか。たばこ産業を独占していて、これはWTOもTPPも問題ないのですか。現在のように農家が小規模農業を続けているのは、戦後の農地改革で小作人に農地を小さく分割して与えたためだと言われています。政府の農地バンクをつくって農業の大規模化をしようとしています。日本はこれ以上全く大規模化は無理だとお考えですか。農業人口は減る一方ですから、少ない人数で農業を維持しようとしたら農業の大規模化は避けられないのではないですか。米の耕作面積当たりの生産費は広いほど低くなっています。つまり大規模化すれば生産性は大きく上昇します。日本は狭いですが、戦後の農地改革の前は広い農地でした。今は耕作放棄地が散在していて、農業経営を非効率にしています。JTのような国営企業で米作りをするとします。その際、不利益を被る農家があれば、公務員として雇い、必ずどの農家もメリットがあるようにします。思い切って農家にカネを払えばよいのではないですか。

投稿日時 - 2019-05-01 17:27:16

ANo.7

国営化の前に 農業法人 もそうで
実は、働き手がいない。

補助金たっぷり貰ってるのに、66歳が平均。

そこで、農業する人をみんな国家公務員にする。
安心してください、独立採算では、ありません。
人事院がバックについてるんだから
生きてゆくに十分な給料を支給しますよ!

になれば、できたコメはすべての国民に
平等無料分配だ!
その変わり
コメ買わなくていいのだから、そのぶん税金ちょうだい。

ブランド米、を参考にし
農業の職、そのものをブランド化。

のようなことを考えたんですけど
例えば、コメなんかだと
我が国で十分に足りるコメを作ってるから
海外のコメ、買わない、いらない!!
むしろ日本のコメを買いなさい。

と言えるか?

投稿日時 - 2019-05-01 12:02:41

ANo.6

「国営化」をどんなものだと想定されているのでしょうか。

旧ソビエトに存在した国営農場(ソフホーズ)のようなものでしょうか、それとも日本の古代の「公地公民制」のようなものですか。どちらも21世紀の令和時代にはうまくいきそうもありませんね。ご指摘のように日本の農業は担い手の高齢化が進んでいます。70代80代の労働者が働く「国営農場」と言われてもピンと来ませんし、土地に対する執着の強い高齢の農民が、先祖伝来の土地の国有化に応じるとも思えません。

それに何より、日本は食料の自給率が低く、外国の農産物に大きく依存しています。(そのことの是非は別です)農家に対する補助金でさえ、アメリカなどの外国から「不公正な非関税障壁だ」という批判が根強いなかで農業を国営化すれば、深刻な貿易摩擦を引き起こしかねません。

>安い農産物が供給され消費者にもメリットがあり、海外との自由貿易交渉も進展する

前段は、一昔前の「食糧管理制度」でコメについてはある程度実現していました。生産者から高く買って消費者に安く売っていたのですが、この生産者米価>消費者米価 の差(逆ザヤ)は食糧管理制度の累積赤字となってしまいました。またアメリカなどからのコメ市場開放要求の象徴的な標的にもなりました。国営化は海外との自由貿易交渉の進展を促進するどころかむしろ障害となります。

投稿日時 - 2019-05-01 11:55:54

ANo.4

現状では難しいように思います。
結局、上に立つのは役人や天下り官僚になり、実際の農業の事など何も知らない人達です。そういう人が農業共同体の経営ができるとは思えません。
毛沢東氏はおっしゃってます。現場を真鍋かおりw、ちゃう、土に学べと。(違ったっけ?)
実際には好悪両面の結果でしたが、一面は正しいと思います。

投稿日時 - 2019-05-01 10:37:17

ANo.3

 旧ソ連の国営農業(ソホーズ)と同じになって、生産意欲が低下し、食糧不足になって大量の餓死者を出す結果になるだけでしょうね。愚の骨頂は言わない事です。国営よりも、現状維持の方が生産意欲が高いのですよ。

投稿日時 - 2019-05-01 10:36:51

補足

ソフォーズの時代と違い、AI/ロボット化をすればほとんど人手はかからなくなりますから、生産意欲など関係なく、生産できます。そうなるように人工衛星みちびきを打ち上げたのですから。そのためには大規模な投資が必要で小規模農家では無理です。

投稿日時 - 2019-05-01 20:25:21

ANo.2

> 通貨発行特権を持つ政府
政府が発行できるのは補助通貨である貨幣(硬貨)だけです。
紙幣は日本銀行しか発行できません。
中学校くらいで習うはずですけど覚えていませんか。

投稿日時 - 2019-05-01 10:35:47

補足

通貨発行権行使とは日銀が紙幣を印刷することでなく、政府が国債を発行し、銀行がそれを買い、その国債を日銀が買うことです。その程度の事は理解してから回答されるとよいと思います。No.5の方は理解しておられますね。

投稿日時 - 2019-05-01 20:27:57

ANo.1

無駄がなくなり効率的にできるとも考えられますが、税金を使うと必ず何か悪いことをする人が出てきます。そのため、ほとんどの国では、農業を国営化していません。

投稿日時 - 2019-05-01 10:22:04

あなたにオススメの質問