こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電圧降下の流れについて

添付画像のVabは
Vab=2R×I2+RIらしいのですがよくわかりません。なぜこの式になるのか電圧降下の流れと合わせて説明をお願いいたします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-05-08 12:07:56

QNo.9614674

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回路に流れる電流は、Iですから
直列のRの電圧降下は、RIです
並列回路の2Rに流れる電流は、I2です
その合計値を測定するのですから、2RI2+RI と成ります
難しく考える必要は無く、単純にオームの法則で計算して下さい

投稿日時 - 2019-05-08 14:19:33

お礼

皆さん回答ありがとうございました。
Vab間の電圧という認識ができていませんでした。

投稿日時 - 2019-05-08 18:11:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>複数ある2RとRの中でどの2RとRが使われているのか?

Vabなんだからaとbのあいだにきまってる

>どうしてそこを計算するとVabが求められるのかが知りたいのです。

オームの法則を勉強しなさい

投稿日時 - 2019-05-08 13:19:40

ANo.3

2Rには電流 I2 が流れているから電圧降下は2R×I2,
Rには電流 I が流れているから電圧降下は R×I
ですから,
Vabは, 2Rによる電圧降下とRによる電圧降下を加えた電圧の和
Vab=2R× I2 + RI
として求められる。

投稿日時 - 2019-05-08 12:46:09

補足

質問の仕方が悪かったようです…。
複数ある2RとRの中でどの2RとRが使われているのか?どうしてそこを計算するとVabが求められるのかが知りたいのです。

投稿日時 - 2019-05-08 13:08:21

ANo.2

単純に、電気回路の基礎の、V=IR、電圧の足し算

だけで全て説明ができるものですが。。。

なので、a点のある2Rの電圧とそのしたのb点のあるRの電圧を求めて足すだけです。

投稿日時 - 2019-05-08 12:15:43

ANo.1

Vabの電圧として、2R×I2とR×Iの電圧を加算しています。

投稿日時 - 2019-05-08 12:14:08

あなたにオススメの質問