こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

徳川宗尹の生母・深心院の俗名の梅という名前の由来

徳川宗尹の生母である深心院(しんしんいん)は “お梅の方” とも呼ばれていて、俗名は梅(うめ)だったそうですが、

徳川宗尹の生母である深心院(しんしんいん)が “お梅の方” とも呼ばれていて、俗名は梅(うめ)だった理由(“お梅の方” や “梅”という名前の由来)は何なのでしょうか?

徳川宗尹の生母である深心院(しんしんいん)の俗名が梅(うめ)だった理由(“梅”という名前の由来)を知りたいです。

徳川宗尹の生母である深心院が、“お梅の方”と呼ばれていたり、俗名が梅(うめ)だった理由(その由来)を教えてください。

投稿日時 - 2019-05-11 17:01:03

QNo.9615597

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

住まいだった屋敷に梅の木が生えていたからです

投稿日時 - 2019-05-11 17:05:50

お礼

本当ですか?

投稿日時 - 2019-05-13 07:24:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問