こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

プロ将棋対局で、王将を取って勝ったことある?

将棋で、プロとプロが対局するとするじゃん。そんで、何百手か進んで、勝敗を決めるのだが、ほぼ確実に一方の投了で決着がつくじゃん。「参りました」と宣した方が負けで、それを聞いた方が勝ちです。

ただ、将棋は王将を取れば勝ちだと思います。じゃー、王将を取って勝つこともありますか?

プロ棋士も人間だろうから、注意力散漫になることもあるでしょ。だから、角行とか桂馬のコッソリ王手で、守るとか逃げるとか王手の駒を取るとかせずに、別の手を打っちゃうこともあるような。それで、王将を取って、「やったー!とったどー!オレの勝ちだー!」→「えっ?こんな所に桂馬が居て、王手かかってたの?しまった。。。」みたいな。

対局料の結構高いプロ公式戦で、何勝もしているベテランのプロ棋士が二歩を打って負けたことはあるみたいだね。

投稿日時 - 2019-05-12 11:34:11

QNo.9615826

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

あります、あります。

ただ、現行将棋のルールでは「王将を取れば勝ち」ではなく「王将の行き場がなくなる(=詰み)と勝ち」なので、王将を取られてしまった場合は「王手気付かず」という反則負けになります。

で、その実例で有名なのが、今から50年以上前のA級順位戦での大野源一九段対塚田正夫九段の一戦ですね。終盤で圧倒的に有利となった大野九段でしたが、塚田九段がほぼ「形作り」で飛車で王手をかけたところ、大野九段が王手をかけかえしてしまいました。もちろんその瞬間に大野九段の反則負けとなりました。その時のやり取りは・・・、

塚田九段「大野くん、悪いけどこれ、もらっとくよ」(と言って王将を駒台へ)
大野九段「あ、こら、なにするんや!」(この時点でやっと気付いた大野九段)
塚田九段「ぼく、いま苦しいんだ」(このとき塚田九段は降級の危機にありました)

それ以来、大野九段には「日本一のあわて者」のあだ名がついてしまったそうです。

プロの公式戦での反則は「二歩」が多いのですが、それ以外に「二手指し」「角の筋間違い」の例もあります。あと、奨励会では「相手から取った駒を相手の駒台に置いた」として反則負けを宣告された奨励会員もいました。現在A級棋士の糸谷哲郎八段ですが(笑)。

投稿日時 - 2019-05-14 13:27:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

プロ同士の対戦でもしそうなったとすると、王手放置で別の手を指した時点で反則負けです。記録係及び対戦相手が見ているので気づいて指摘し、そこで対局終了です。実際に王様を取ることはありません。

投稿日時 - 2019-05-12 21:22:38

ANo.3

羽生先生に聞いてみましょう!

https://bunshun.jp/articles/-/9673

自玉の一手詰めをうっかりしたことがあるのだ
こちらは業界内では一時期、かなり話題となった

その対局は
2001年の第14期竜王戦の挑戦者決定戦第1局
相手は木村一基7段
ですかね?

王将を取って勝つこともありますか?
のご質問なんでうすけど
実は

王手を放置して別の手を指すと
王を取られるのではなく
即刻反則負け、なんです。

つまりは

王将を取らなくても、勝ちになっちゃう。

王手知らなかった・・・なんて場合もそうで
実際には 王が取られる前に 勝負がついちゃう。

※王手放置は、反則負け

https://frytiger.com/archives/9536.html

投稿日時 - 2019-05-12 12:58:37

ANo.2

「それが詰みだと気づけるか」っていうのでその人の将棋のレベルが分かりますから、アマチュアでもある程度以上の強い人だと「こりゃダメだ」ってところで「参りました」となりますね。

大山康晴名人は、時々アマチュア大会に顔を出したときはアマチュア5人と同時に対戦してしかも棋盤を見えない状態にして、それでその5人に勝つとかやってたそうですからね。
まあどこの世界でもトッププロってのはバケモンですよ。

投稿日時 - 2019-05-12 12:22:58

ANo.1

 
ど素人でも無いでしょ。
将棋を覚えたての小学生が初めの頃は嬉しくてするかも知れないが、数回将棋を指せば王を取ることはしない。

こんなチョンボもありました
詰みに気づかず投了
https://www.asahi.com/articles/ASL3J33WJL3JUCLV003.html
 

投稿日時 - 2019-05-12 11:57:44

あなたにオススメの質問