こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

保険制度は大丈夫ですか

とある癌のお薬は1回で数千万円もするらしい、人生半分くらいの
人が癌になるといわれている、保険制度は破綻しますか、
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2019-05-15 21:57:39

QNo.9616927

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

今回ニュースになっている薬品は、特定のガンのその中でも一部の種類だけに使えるので、対象となる患者が限られるそうですので、すぐに公的医療保険制度を破綻させるわけではないでしょう。ただし医学・薬学の進歩で、こうした超高額の医薬品が増えていることは事実で、公的医療保険制度が抱える難問の一つです。

残念ながら、この問題には万人を納得させられる解決策がありません。一つの考え方は、公的医療保険はこうした一般の人が経済的な理由から受けることが困難な高額医療をカバーするものとし、一般の重症でない病気の治療は個人負担の割合を増やすことです。賛成する人もいますが、多くの人が重症になるまで医療機関に行かなくなって社会的損失につながるのではないかという反対論もあります。

逆に公的医療保険がカバーする医療費に上限を儲けて、それ以上は個人が個別に医療保険でカバーするべきだという考え方もできるでしょうけれど、すべての人が「超高額医療費をカバーする保険」に加入できるとは到底思えません。

どのような公的分野でも「コストパフォーマンス」「効率化」という視点は欠かせませんが、人命に関わる医療の場合、細心の注意をはらって慎重に扱わないと人権問題になりかねず、これがこの公的医療保険制度における高額医療費問題の最も難しい点だと考えます。さあどうすればよいでしょうか。

投稿日時 - 2019-05-16 06:41:58

お礼

軽症なら個人の負担をしなければならないというのは、弱者は
見捨てようとする、金持ち優遇策でしょうか、有り難うございます。

投稿日時 - 2019-05-16 08:29:50

もう破綻してます。医療保険だけでは成り立たないので、税金投入されています。開業医が調剤薬局と結託して暴利を貪ってます。
消費税を上げていくしかないでしょうね。あるいは、公的保険とプライベート保険を分けて、高額医療を受けられる人は高額の保険料を払った人だけにするしかないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2019-05-15 22:08:36

お礼

破綻したら癌になると治療受けられなくなるのかな、有り難うございます。

投稿日時 - 2019-05-15 22:22:06

あなたにオススメの質問