こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

無趣味な人間の婚活

現在婚活をしています。
職場は男性はみな既婚者ということで、職場恋愛は望めません。男友達というのもいないです。
一時はネット婚活やお見合いパーティーを利用していましたが、正直プロフィールは当てにならず本当に独身かも怪しいので、最近は利用していません。
相談所も昔は利用していましたが、色々あって退会してしまいました。

そんな状況で、今後どうやって異性と知り合うべきかと頭を悩ませています。
こちらの相談サイトでは「趣味つながりで交友関係を広げるべきだ」とよくアドバイスを頂くのですが、残念ながら私は趣味がないのです。
よく男性の趣味で筆頭に上がるのはスポーツですが、私は運動神経が悪く体力もないのでサッパリ。ギャンブル等もしません。車もバイクも所持していないです。
なにより興味もないのに、男漁りのために趣味を始めるのもどうなのか……。

強いて言えば漫画やアニメが好きなオタク気質ですが、それも話題になっているものを時折見る程度で、浅く広く。それこそイベントに行ったり、グッズを買い集めたり、コミケに行ったり…というほどの熱でもありません。
「オタク向け婚活パーティー」のようなものも出たことがありますが、それこそアイドルオタクからサバゲーまで幅広すぎて。同じ「アニメ好き」でも知ってる作品が全く違ってお互いチンプンカンプンでした。
友人はオンラインゲームのオフ会を通じて結婚していましたが…実際はなかなか厳しいものだなと痛感しています。

会話の糸口のためにも趣味を見つけないといけないと思っていますが…。
無趣味な人間の婚活というのは、どうやって進めればよいのでしょうか?

投稿日時 - 2019-05-19 22:32:39

QNo.9618212

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

「プロフィールは当てにならず本当に独身かも怪しい」逆に男性から見ても、貴方のプロフィールは100%信じて良い物なのでしょうか?

「私は趣味がない」趣味があれば既に出会いを見つけている可能性があるので、新しく趣味を作るべきと言う意味でしょう。

「私は運動神経が悪く体力もない」インドア、文化系の趣味の男性も沢山いらっしゃいます。

「男漁りのために趣味を」これを言い出したら、出会い目的のイベント以外の出会いを探そうと思た瞬間に全て当てはまります。

「オタク気質ですが、浅く広く」極めて無くても興味があれば自分は聞き役になれば話は合うのでは?

無趣味が原因とされている様ですが、上手くいかないのは貴方の考え方だと思います。「これは駄目、あれは駄目、これは向いていない、あれは向いていない」ばかりに思います。

その生活や思考では駄目だからこそ、新しい事にチャレンジしてみるのではないでしょうか?そこが変わらない限り、何をやっても上手くいかない可能性が高いです。先ずは出会いのツールは何でも挑戦し、前向きに頑張ってみる事が大切です。

例えば大人同士の出会いが多いと言われる場所は「バー」ですが、それを勧めても、「お酒は弱いから無理」「飲食目当てではなく男目当てで行くのは…」と言われる様な気がします。

良い相手がいるから紹介しようと思って飲み会に誘っても「大勢だと上手くしゃべれないから嫌」、それじゃあ1対1で紹介しようとしても「1対1は緊張するから嫌」「男が欲しく出会い探しています感が出ているから嫌」だとか言いそうな気がします。

そういう部分を直せば、出会いのチャンスは広がるので、先ずは思考を変える事から始めた方が良いでしょう。そうしないと、新しい趣味を始めても、「男性はいるけど自分から話し掛けられない」「趣味以外の話を振るのは、狙ってます感があるから嫌」だとなりそうです。

もし少しでも前向きに考えられる様になったなら、参考になるサイトがありますが、かなり長いので、そちらのサイトでご覧ください。

出会いが多い趣味45選!体育会系アウトドア、文科系インドアまとめ
https://deacolle.com/hobby/

インドア、文科系の趣味も多いので、何か始めてみると変わるかも知れません。

参考URL:https://deacolle.com/

投稿日時 - 2019-05-28 01:02:55

お礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。
サイトのアドレスも載せていただき有難うございました。
新しい趣味について前向きに考えてみます。

投稿日時 - 2019-06-13 17:32:50

ANo.7

>回答者さんは、今の奥様とは知り合って早い段階で「ぴったり一致する」と感じたのですか?

出会って一か月後には結婚式場の手配を始めていました。7か月後に結婚しました。恥ずかしいのでプロポーズの言葉など言いませんでした。
昔から結婚すると決まっていたような感覚でした。

投稿日時 - 2019-05-20 22:50:14

ANo.6

趣味を作ると考えず、スキルアップを考えてはいかがですか。
学校に通うことで、出会いは生まれるかもしれません。
また、同じ目的のために通う人ですから、少なからず会話の糸口もつかみやすくなるんじゃないでしょうか。

友人は、犬を飼い始めてから交流の幅が広がったといいます。
散歩のときに、見知らぬ人同士でもあいさつするのが当たり前だそうです。
また、ドッグイベントなどにも参加していたら、さらに交流の輪が広がったと話していました。(これは賃貸の条件や勤務時間などで難しいかもしれませんが)

趣味以外のことにも目を向けられてはいかがですか。

投稿日時 - 2019-05-20 15:10:53

お礼

実家で犬は飼っていて、ご近所の方との交流は広がりましたね。かなり高齢化が進んでいる街なので、出会いという意味では微妙なところですが。

少し生活が落ち着いたら、スキルアップについて考えてみようと思います。

投稿日時 - 2019-05-20 21:30:47

ANo.5

職場の既婚者の友人、は難しいんでしょうか。
ご自身の友人の男友達とか、友人の彼氏の友人とか。

趣味つながりで交友関係を広げるべき、なのではなくて
そうしたほうが発展しやすい傾向はある
という程度のことです。
実際私が20代のころ参加していた社会人サークルは
どんどんカップルができていたし、
そこから結婚まで行った人もいました。
その場合
こどもができたらこどもも一緒に楽しめるし
将来の生活がある程度みえたりもします。

アウトドアが好きな友人の夫は
もともと一人で行く人でしたが
こどもが大きくなって
友人も「興味があるわけではないけどまるっきりないわけでもない」
くらいなので家族で行くようになり
家族として楽しめるイベントになったそうです。

これから「してみたいこと」を考えてもいいかもしれません。
あと、結婚は生活なので
「私と結婚するとこういうメリットがあります」
という、
ご自身のセールスポイントを考えてみるといいです。
30代なら所作がきれいとか落ち着いていて上品とか
しゃべり方が美しいとかある程度仕事で社会的地位があるとか
ご自身にあった方向性でセルフプロデュースしてもいいかもしれません。
料理合コンとか、ゴルフ合コンとかもありますし
自分のいい面を出しやすそうな場所を選んで行ってみる
というのもいいんじゃないでしょうか。

会話としては相手に「したことはないけど興味があるから教えてほしい」
ということもできるので必ずしも
何か見つけなければならないということもないんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2019-05-20 12:24:58

お礼

ううーん。友人たちは結婚して遠方に嫁いでしまったので、紹介してもらうのはちょっと難しいですね。子育てで忙しそうですし。
職場の既婚者の方たちは「早く結婚しなよー」と言う割には、特に紹介してくれる雰囲気もなく……です(^_^;)

セールスポイントについては考えてみようと思います。有難うございました。

投稿日時 - 2019-05-20 21:28:18

ANo.4

趣味的なものあるじゃないですか。
自分が読んでいる物だとかアニメとか、それを推せばいいと思います。
別に自分を相手に合わせる必要はないでしょう。
自分が趣味としているものを誰かもきっと同じように好きで、その二人が出会えば自然とお付き合いに発展する、というのが通常です。
ただ、推さないと出会いにはならないです。
オタク気質を少し出す必要があります。
イベントには参加した方が良いですね、ボラボラと一人でうろつく程度で良いと思います、自分がこれを好きなんだというの周囲に知ってもらわないと、自分の周りに同じ趣味の人は集まりません。
妙な会に参加しなさいというのじゃないです、自分が好きな物を誰かに知ってもらう、そこから始めたら良いと思いますよ。
図書館で同じ部類の本ばっかり借りるとか、本屋でその本があるところを何件も周るとか。少しは努力しないと、幸運はやって来ませんし。

投稿日時 - 2019-05-20 12:04:03

お礼

SNSで同じように作品が好きな方と交流はありますが、現実のイベントなどに参加したことはなかったですね…。遠方のため、行くのを諦めていました。
有難うございます。

投稿日時 - 2019-05-20 21:24:01

ANo.3

貴女、会社の取引先、通勤途中とか、貴女が買い物場所等で、貴女がいいなとか思うような人は、いないのですか、皆さん婚活しかないとか良く思われているが、もっと身近な、日常での出会いを、毎日しているが、それを感じようと、今の人はしない、、また、無視している日常を当たり前の生活だと、おもつています、婚活会場見たいに、そういった集まりの中からしか、選ぶ事が、当たり前だと習慣化しています、日常の出来事の中で、感性を磨いていれば、興味を持つことを、磨けば、アンテナを張って、送る事ができれば、必ずチャンスは見えてくるのでわ、無いかとおもいます、チャンスは婚活だけでわありません、身近な事から目をはなさずに、感心を持てばよいのでわ無いかと、思いますが

投稿日時 - 2019-05-19 23:18:46

お礼

通勤や買い物で、ですか。通勤の電車なら同じ時間帯で顔を合わせたりもあるかもしれませんが……あまり意識をして他人の顔を見たことはなかったですね。

投稿日時 - 2019-05-20 21:20:36

ANo.2

「目的」と「手段」はきっちり分けて考えるべきです。
「目的」は言わずもがなで最良の伴侶を見つけること。その「手段」として趣味を選ぼうとしているわけですが、仮に私が婚活をするとして、趣味と結婚するわけではなく、人と結婚するのですから、趣味趣向というものはそれほど多い比重を占めるわけではありません。
「無趣味な人間の婚活」は、ズバリ、貴女自身で勝負しないといけない、ということです。
もう少しかみ砕くならば、貴女の人間性がより重要視されるところかと思います。「趣味が合うから多少の欠点は目をつぶろう」とならないところに若干のハンディーはありますが、それならば、貴女自身をもっともっとアピールするしか手はないと思うのです。
そうなった時に趣味無しがどう影響するか、は難しいところです。趣味を合わせることができるとしても、それに興味を持てるかどうかにもよるわけですし、そのために多額の金銭が絡むというのも違うようにも思います。
趣味は所詮お付き合いするためのきっかけ・入り口でしかありません。人間とお付き合いするのですから、その人となりに注目すると同時に「趣味の無い人はお断り」的な短絡的な相手を選ばなくて済む側面からも、まず自分自身を磨くことで対応すればいいのではないかと考えます。
回答:
趣味が合う人が見つかっても性格不一致なら何をしているかわからない。人間と付き合うわけであるから、お互いが尊重できる相手を見つけるべきであり、趣味を重視すると真相が見えにくくなる。

投稿日時 - 2019-05-19 22:52:55

お礼

確かに、趣味が合っても性格が合わなければどうにもなりませんね。
私は出会うきっかけと、会話の糸口が欲しいのです。
世間の人は、よく普段の生活の中で人生の伴侶が見つかるなと思います。

投稿日時 - 2019-05-20 21:18:50

ANo.1

私は男です。
楽天の傘下になる前のO-Netを利用して結婚しました。
当時、婚活という言葉はありませんでしたが、まさにマラソンでした。
プロフィールに乗っている項目は信用ならないと考え、紹介される全ての女性に会ってみると決めて、同意が得られた女性に全て申し込みました。いろいろ勉強になりましたね。不屈になっている女性もいましたし、逆に私が見下されるような相手もいました。

性格の不一致などという理由で離婚する夫婦が沢山いますが、ぴったり一致する妻と暮らしています。来年で20周年を迎えます。
周囲の評価では、私たち夫婦の関係は、2つの平面が接してぴったりしているのではなく、ジグソーパズルのように複雑にぴったり合っていると言われました。

今は「婚活」というのでしょうか。IT技術は有用だと思います。でも騙しも多いのが現代です。

投稿日時 - 2019-05-19 22:52:30

お礼

ネット婚活は出会いの機会を広げる意味では有用ですが、どうしても虚偽も多いですよね。写真が別人のものということも、あるようですし。

ここ数年でそれなりの人数の方とはお会いしていましたが、残念ながら相性の合う方とは出会えませんでした。
回答者さんは、今の奥様とは知り合って早い段階で「ぴったり一致する」と感じたのですか?

投稿日時 - 2019-05-20 21:16:05

あなたにオススメの質問