こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歯周病治療について

歯周病治療で、
レントゲンを診ただけで進行状況を説明する歯医者と、
レントゲンだけでわからないからと顕微鏡検査をする歯医者があります。
1日違いで診てもらい、同じ症状なのに
レントゲンで判断する歯医者は薬は必要ない、抜歯すると
顕微鏡検査をする歯医者は細菌の数で抗生物質を投薬する、レントゲンの段階では抜歯は必要ないと
同じ症状について意見が全然違います。
どちらを信用できますか?
診せた歯は、何年も前に抗生物質を何度か飲んでぶり返しています。
抗生物質を何度も飲んでると耐性ができて効かなくなるという記事も見ました。

どちらが信用できますか?
治療する歯は上の奥歯2本です。

投稿日時 - 2019-05-22 16:56:24

QNo.9619007

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

歯周ポケットですがレントゲンの見立てだけではなく、プローブと呼ばれる目盛が付いた器具で1本1本深さを測りませんか?
それをすべて記録して、治療過程で深さがどうなったかを見ていきます。
こちらにレベル別の症状が載っています。
http://www.imamiyadental.jp/perio.html

投稿日時 - 2019-05-22 22:34:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

抜歯は最後の手段に取っておくという歯医者さんが良心的なのかも知れないが、
抜歯してしまえばそれだけで終わるので、そこに行くまでにいろいろやって治療費を稼ごうという思惑なのかも知れないね。

ご自分で判断したグラグラ度はどのくらいですか?
まだまだ、食事中のかみ合わせはできていると思いますか?
反対側ばかりで噛んでいるようならダメですよ。

投稿日時 - 2019-05-26 22:37:56

ANo.4

顕微鏡を持っている歯医者は私の地方ではまだ少ないと思います。
設備投資して熱心な歯医者さんなのか、お粗末な歯医者の腕を立派な機械をそろえることでごまかしているのか、イメージとしては2通りあります。
抜歯は最後の手段で、まだ治療の余地があるというのは良心的にも思えます。

どっちが信用できるか?と悩んでいる
ってことは、抜歯はまだという歯医者の方に飛びつく気持ちではないのですね。

信用できる歯医者さんの言葉ですが、
抜歯したくない気持ちは分かるし、安易に抜歯するのは良くないことは確かなのですが、
ぐらぐらしていて、しっかり噛み合わせることができないのなら、
そんな歯を大事に残しておく意味はない。

ということでした。
2人の歯医者さんの日頃の言動などでどっちが信用できるかはあなたが決めることでしょう。

投稿日時 - 2019-05-23 23:40:29

ANo.2

素人ですがレントゲンでわかるのは相当ひどい状態でしょう、
(虫歯はわかるだろうが)
だから歯茎等の状態を実際に見て怪しければ調べるのが本当かと。
私も歯周病で通院していますが、パッとみて大丈夫ですと
言った歯医者はやめました。(病気程度が低かったのかもしれませんが)
その次の歯医者では明らかに。。。。ということで(レントゲンと状態検査)
治療しています。
歯を抜くのは最終手段だと。できるだけ現状を維持できるようにやりますと。

投稿日時 - 2019-05-22 17:54:22

ANo.1

歯周病で抜歯というのは、相当進行している証拠です。
歯周ポケットの深みとぐらつきはどうなってますか?

投稿日時 - 2019-05-22 17:12:38

補足

ありがとうございます。歯周ポケットは深いとレントゲンのみの歯医者は言います。顕微鏡検査をする歯医者はそこまでではないと言います。
抜歯して親知らずを移植した歯で、骨との癒着が進んでない影が歯周病なのかそうでないのかの判断かとも思います。
2年経過してこの状態ならもう無理だから抜歯、
一方は今すぐ抜かなくてもいいと思いますと。
ちょっと骨についてるだけなのでぐらついてます。手前の歯にくっつけて支えてます。被せ物はしてません。
手前の歯も抜歯の候補だったのを持ち続けてます。
みなさんは顕微鏡検査の歯医者を信用しますか?
何故レントゲンで判断できないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-05-22 17:33:56

あなたにオススメの質問