こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

仮想通貨取引所が詐欺に加担している!(長文)

『仮想通貨取引所が詐欺に加担している?』
ビットコインは終わった
ビットコインを超えるコインが出る!とかを謳い
お金を集める団体が後を絶ちません。
常に数千種のICOが生まれては消えを繰り返し
存在して仮想通貨取引所で実際に扱われています。

財団というネームバリューや国をあげてとか、
絵に描いた餅⁈的なホワイトペーパーだけで
お金集めで作られたICOがほとんどなのが現状です。

そんな詐欺的な団体や輩に加担して
協力しているのが多くの仮想通貨取引所だと思います。

これではいつまでたっても暗号通貨の信用は皆無です。

取引所によっては何百種類の
草コイン(価値の無いコイン)を扱っていて、
言ってみれば偽札を堂々と刷って
取引して両替して手数料でバカ儲け。
はっきり言って、これって犯罪ですよね!
(その点は日本の仮想通貨取引所は認可に
非常に厳しくまだ健全と言えるでしょう。)

実際にコインが実働していて、
本来の暗号通貨としての利便性と有意性を
発揮しているコインは現状10種類くらいだそうな⋯

そして何より
目的が金集めではないところが残るよう、
世界的な審査基準が出来ることを願います。

これが出来て初めて暗号通貨が世の中に認められることでしょう。

そうなると、
まともなアルトコインにお金が流れ信用も上がり、
ビットコインも値が堅調になっていくと思います。

ビットコインを始め、ちゃんとした暗号通貨が
世の中に真の市民権を得ることだと思いますが
このままでは
暗号通貨=詐欺という思考がぬぐえません。

長文になりましたが、以上のような問題を考え
取り組まれているのでしょうか?
情報を持っている方お聞かせください。

投稿日時 - 2019-05-30 12:05:55

QNo.9621469

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>ちょっと言い過ぎたかもしれません。反省します
私の周りに、勧められるがまま何百万円も草コインにつぎ込んでいる人がいたので(-_-;)

あなたを責めている訳では無いので誤解しないで下さい。
特徴だけ掴んで頂ければOKです。

あなたの知り合いは、「億り人」を目指しているのかも知れませんね。
疑問が残る場合は踏みとどまって下さい、それが『転ばぬ先の杖』という処世術になります。
破産しないためには、慎重さはとても重要です。

投稿日時 - 2019-05-31 19:49:01

ANo.3

>・・言ってみれば偽札を堂々と刷って取引して両替して手数料でバカ儲け。
>はっきり言って、これって犯罪ですよね!

両替に手数料が発生するのは世界的な常識です。
日本が無料で対応しすぎたのが問題。
(今は一定金額以上は手数料が必要になってる。)

例えば、mimazoku_2マネーという仮想通貨を購入するにあたり、一定の手数料は必須。
銀行でも他行への振り込みは振込手数料が必要でしょ。
事務手数料はどこでも必要だよ。

暗号通貨は言い替えれば『先物取引』です。
違うのは、実態が存在しない数字が現物取引科目になっており、上手に現物マネーを出し入れすれば、「億り人」になれるのです。

投稿日時 - 2019-05-30 21:35:03

お礼

ありがとうこざいます。
ちょっと言い過ぎたかもしれません。反省します
私の周りに、勧められるがまま何百万円も草コインにつぎ込んでいる人がいたので(-_-;)

投稿日時 - 2019-05-31 09:47:48

ANo.2

もともとビットコインはアンチ中央集権、アンチ中央銀行から始まったものです。ビットコインの最初のブロックには、銀行救済をするタイムス紙の記事の見出しが挿入されています。
なのでビットコインには、発行母体というものが存在しません。「誰も頼りにしない存在」なのです。その開発者サトシ・ナカモトの正体も分かっていません。日本人ではないことだけは確かですけれども。

その「誰が発行しているんだかも分からない」のが一般的な人々の信用を得られないところですが、そこがビットコインのビットコインたる所以です。担保がないものは信用できないという人は最初から相手にしていないのです。そういう人は株券なり外貨なり国債なりの裏付けがあるものを買えばよろしい。倒産すれば株券も紙屑、国が破産すれば国債もゴミになりますけどね。
だから、ビットコインというのは画期的過ぎてまだほとんどの人には理解ができないのだと思います。いずれはルネサンスの三大発明のようにインターネットとスマホと共に「IT三大発明」と呼ばれると思いますけどね。でもそういう画期的過ぎる存在は、なかなか社会は理解できないものです。

既存の金融システムの枠組みの中に入るなら、ビットコインは終わると思います。だってそこにはもう信頼と実績があるものが山ほどあるんだもん。
2017年の暗号資産(ICO)ブームは、昔の株式ブームと同じですね。昔も株式は上場が自由で詐欺のような株式がバンバン上場されたのです。やがてルールができて今のスタイルに収まりました。でも中にはそういう秩序を好まないアナーキーな人たちはいつの時代も存在するのです。そこにICOがスポンとはまったという感じですね。

投機目的でビットコインに入ってきた人たちは、ビットコインを値段でしか理解していなかったので2018年のベアマーケットでほぼ全員が淘汰されました。値段しか興味がないから、彼ら自身の中で根拠がなかったからです。
でもビットコインの歴史をふり返ると「終わった」なんてことは山ほどあったんですよ。1時間で99.97%も下落したこともありましたし、マウントゴックス事件は本当にビットコインの息の根を止める寸前でした。コインチェック事件の比ではないですよ。ま、これからも同じようなことが何度でも続くでしょう。年初に40万円を切って本当に奈落の底に落ちていくと思われたビットコインは、今100万円を伺おうかという位置にいます。

投稿日時 - 2019-05-30 13:21:14

ANo.1

長文乙だが
インフレを狙った 儲けようとする輩は終わってる

1$=10円  明日 には 100円とか だったら アメリカも日本も終わってるだろ

ということ説明すれば 投資するバカはいなくなる

インフレする通貨など終わってるんだよ



マイニングバカは日本じゃ儲からんよ
南極に行って 自己発電して やれば 儲かるかも
(設備の減価償却は考えてない)


まあ、マイナーがいなくなれば すべて終わるんだけどね
p2pといっしょ


>>世界的な審査基準

ユーロというリアルマネーが こっちも半分崩壊してる

投稿日時 - 2019-05-30 12:59:19

あなたにオススメの質問