こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日銀は保有の国債を売れるのか?

日銀ってあるじゃん。ここは巨額なくらいの日本国債を持ってるようです。4百兆円とか、5百兆円とか、そんな感じの資産価値の国債だとか。

当然のこと、これは売れる訳であり、それで日銀には巨額のお金が入ります。それを日銀の行員に山分けしたら、1人1億円くらいのボーナスになるんですかね。そんだけあれば、家、高級車、海外旅行、ブランド品など、欲望剥き出しの買い物をウハウハできます。

じゃー、日銀は国債を売れば良いのでは?国債持ってたら利子の収入があるから、日銀はそれを期待してるんですかね?だけど、国債なんて売ってナンボかと思うのですが。国債の売却は、資産所有権の正当行使ですよね?

ただ、日銀が国債の売り注文をしたとき、それに見合うだけのキャッシュを日本政府は用意できるのかしら?財源なんか無いんじゃ。だから、無い袖は振れないのかと。売れない国債は、もはや債務でも債権でもないけど、国債の債って何やねん?


推測ですが、日銀に対して、日本政府は国債を押し売りしてるのかと。「国債を買え!利子だけは払ってやる。だけど、売り注文してもお金は返って来ないのは知っといてね。政府としては、国債で得たお金で国会議事堂の掃除をしたり、総理官邸の電気代を払ったり、公用車にガソリン入れたりでスッカラカンなんだよ。」みたいな。

ってことは、国民は納税しなくても良いのでは?税収ゼロでも、日銀に国債を買わせたら政府の収入になり、それで何でも出来るのかと。

投稿日時 - 2019-06-03 22:46:10

QNo.9622769

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

>税収ゼロでも、日銀に国債を買わせたら政府の収入になり、それで何でも出来るのかと。
はっきりいって現状はそれに近いですよ。税収の倍の政府支出をして返す充てのない国債で埋め合わせてるんですから。そういう意味では質問者さんの発想は正解かもしれません。
もっと手っ取り早いのもあります。お金印刷するんです、それ使えば税金集める必要はありません。

これらの政策の結果何が起きるかというと、お金の価値・信用が毀損しインフレが起きます、物の値段があがります。
そうした政策が正しいか間違っているかは各自の立場次第、考え方次第。
ただし極端なインフレが起き日本円が大幅に下落したら、我々はエネルギーと食料の確保に窮します。
そんなわけでお金なり国債なりじゃかじゃか印刷して使いつつ、可能な限りハイパーインフレをおこさない、政府はいつか歯止めをかけると世界に思わせることが肝要なわけです。経済政策においては政府や日銀は堂々と嘘をつくんですよ。

何事も按配が大事ですが、現在質問者さんの言うことに比較的近い形で財政政策は推移してます。おそらく他の回答者さんより質問者さんが一番直感的に現実を捉えていますね。

投稿日時 - 2019-06-08 07:14:44

ANo.9

「ある日突然ドッカーーーーンとハイパーインフレがやって来る」
と言われ続けて30年。
この手の人らに共通するのは、基礎的な経済原理をまるで理解していないこと。
そして極めて断片的な事象について話続けて大局に対する理解がまるで無い。
「木を見て森を見ず」とはよく言ったもの。


「もうすぐハイパーインフレがやって来る、日本経済余命3年、日本は借金で財政破綻」
この手の終末論って人を騙すのにとても効果的ってことみたい。
オウム真理教の手口となにも変わらない。

きっと言い続けるのでしょう「日本はもうすぐ破綻、日本は近い将来ハイパーインフレ、日本の未来の子供たちに借金を残すな」と、そして「ハイパーインフレにならないように規制緩和を、破綻しないために構造改革を、借金を残さないために緊縮財政を」とやって、法改正や補助金政策を拡大させて、自分たちの既得権益拡大させるレントシーキングに勤しむのでしょう。

騙す人と騙された人の連携で、日本経済はどんどん弱体化が進んでおりますね。

投稿日時 - 2019-06-04 19:32:43

ANo.8

現在は 安倍が日銀引き受けの国債発行 ということをやっているところでしょう。
日銀引き受けの国債発行とは 何も裏付けのないお札をせっせと印刷しているということです。
それで安倍は使い放題というわけですね。
ジンバブエとかベネズエラの場合と同じ 国の末期症状です。
安倍は 2%のインフレにすると言っている。そしてせっせとお札を印刷している。それなのにインフレがやってこない。なぜでしょう。
今は持ちこたえているけど ある日突然 ドッカーーーーンと来るのかも。

投稿日時 - 2019-06-04 17:40:07

ANo.7

日銀は中央銀行であり民間銀行ではないので利潤の最大化を目的とした行動は行いません。
質問にある内容は、民間銀行と中央銀行などの役割や目的を混同している結果から来る妄想ですね。

「サッカーの審判とプレイヤーを同一の存在」と考えたり、「一家の家計と政府の財政を同じもの」と考えたり、「中央銀行と民間銀行を同じもの」と考えた物言いをすることは、「私~バカで~す」とアピールしているようなものです。

投稿日時 - 2019-06-04 17:00:08

ANo.6

逆ですよ。逆。

今の日銀は帳面上、日銀自身が損出を出すことで、市場経済の利得を拡大させる政策を行っている。
国債を市場価格より少し高い価格でお金を刷って買い取る。そうすると国債とお金が置き換わり、市場にお金が増えるだろうという狙いで行って来た。なので日銀の損出は帳面上拡大する。
そしてこの日銀の損出は日銀がお金を刷り増すことで対応するため、インフレ圧力となる。市場はデフレで困っているのでインフレ圧力が高まっても誰も損はしない。無から有を生む形で日銀がお金を増やして、日銀の損出が帳面上拡大するだけ。


でもでもでも、なんとまたまたまた緊縮財政と構造改革でインフレ抑制の経済政策を行っている。中央銀行が金融緩和で資金需要を換気しているのに、政府は逆に資金需要を抑制する政策を行っている。結果またここ20年同様に日本の経済正常化は達成されることなくデフレ方向へ舞い戻り日本経済は停滞方向へ向っている。
今、アメリカと中国の景気が好調なので日本は輸出企業はその恩恵にあやかっているが、日本の内需は停滞続き。「アメリカか中国が何かにつまづくと日本経済が大怪我する」状態になっている。
安倍総理に竹中平蔵が取り憑くことでまたまたまたまた日本の自爆経済政策が繰り返される動きとなっている。

投稿日時 - 2019-06-04 16:36:49

ANo.5

売れません。なぜなら、日銀は紙幣の発行が許されている代わりに、国のいうことを聞かなければなりません。しかし、国債を買った分紙幣を発行できるので、日銀は痛くありません。国債を売ればその分紙幣を回収しなければならないので、その方が痛いです。

>税収ゼロでも、日銀に国債を買わせたら政府の収入になり、それで何でも出来るのかと。
確かにその通りですが、それをやると政府が痛い目に合います。国が国債を日銀に押し付ければ、それだけ日銀は紙幣を発行します。ハイパーインフレが起こり、紙幣は紙くずになります。(当然日銀も痛い目にあうが、紙幣を発行しないと国債は買えない。)日本経済は破綻。円は暴落。食品もエネルキーも買えなくなります。日本は発展途上国になり、餓死者が出るでしょう。

このような書き方をすると、国債を買わなければ紙幣を発行できないと思うかもしれませんが、そうではありません。金でも何でも、紙幣の担保になるものならいいのです(昔は金本位制でした)。紙幣の価値を保つための財産を持っていて初めて紙幣が発行できるのです。国に国債を買わされるので、ほとんど国債になっていますが。

投稿日時 - 2019-06-04 13:36:15

ANo.4

国債は期限付の借金ですから10年経ったら返済しなければいけません。
日銀が保有する国債も順次償還されるので、わざわざ市場で売却しなくても現金に変わっていきます。
政府は利子だけでなく元本も返済する必要があるので税収が無くなったら返済不能に陥ります。

投稿日時 - 2019-06-04 06:40:20

ANo.3

日本は金利ゼロの状態ですから国債の価値もありません。日銀が買っても投機目的ではないので一銭の得にもなりません。日銀が国債を買う理由は日銀の金融緩和政策で増刷したお金を市場に流して流通するための唯一の方法が銀行が持っている資産と現金を交換してまずは銀行に潤沢に現金を供給すること。そしてそのキャッシュが日銀に預け入れらて滞留しないように金利を下げること。
国債は国が返せる見込みの無い不良債権ですからそれで日銀職員が潤うはずもなく、もし疑うのだったら日銀が増刷したお金を職員に配ることを疑った方がストレートです。もちろんできるはずがない事ですが。
日銀が国債を売って儲かるから国民は税金を払わなくてよいは、実態とかけ離れていますが、国に借金があって国内の国債を円を増刷して買いあされと言うのは一理あります。ただ通貨というのは国債信用で成り立っているので、派手に増刷したら世界から円を見放され手痛いことになります。

投稿日時 - 2019-06-04 00:45:58

売るという発想はないでしょう。
ペースは落ちたもののまだまだ購入するようですよ
日銀は13年4月、2%の物価目標実現を掲げ異次元緩和を開始。14年10月の追加緩和で国債保有残高の年間増加ペースを80兆円まで拡大したが、16年9月に金融調節の操作目標を量から金利に変える長短金利操作を導入。国債の年間増加ペースは「めど」として80兆円という数字は残したが、足元では30兆円前後まで買い入れペースを縮小している。

投稿日時 - 2019-06-04 00:43:52

ANo.1

>日銀は保有の国債を売れるのか?

売る必要はない。持っていればいい。それで誰も困らない。

>日銀に国債を買わせたら政府の収入になり、それで何でも出来るのかと。

その通り。一般会計予算の半分は国債。それで何でも出来る。道路も作れれば、生活保護費にも使える。金に色は付いていない。実際、日本がこの30年やってきたこと。それで国の借金が千兆円になったが、なにも困っていません。財務省が困った困ったと言っているだけ。困っていない癖に、税金を取る理由にしたいので。

投稿日時 - 2019-06-04 00:30:00

あなたにオススメの質問