こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜアメリカのチョコレートは食べると手が真っ茶色に

なぜアメリカのチョコレートは食べると手が真っ茶色にベトベトになるのに、日本のチョコレートは手で食べても茶色くならないのですか?

日本にはチョコレート食べて口の周りも真っ茶色の人っていないですよね。

投稿日時 - 2019-06-04 20:42:35

QNo.9622995

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

溶けにくい製法をしているだけの話

投稿日時 - 2019-06-04 21:22:41

お礼

ありがとう

その製法を聞いてるのだけど

何が入ってる?

投稿日時 - 2019-06-04 21:39:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.4

カカオバターの融点は 32~36℃
この温度は 常温では溶けず 体温で溶ける温度です。
だから カカオバターを使って作られたチョコレートは 食べるとすぐに溶けます。
日本製は 手で触っても体温で溶けない温度設定です。

投稿日時 - 2019-06-04 23:08:37

ANo.3

どのことを言っているのか定かではないので一般論ですが。
カカオの量が少なかったり,植物性の油を使っていたり,ミルクや洋酒などの配分が多いチョコレートは柔らかく固まりにくい。つまり融点も低いのですぐにべとべとになってしまいます。日本のは量を調整して融点を高く保てるようにしているのでしょうか。その辺はどれか分からなければ判断がつきませんね。

投稿日時 - 2019-06-04 22:31:49

あなたにオススメの質問