こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オーデイオ延長ケーブル接続ロスの有無

添付画像のように現在DACとアンプ間に延長コード使用してますが直結型コードと比較した場合、接続変換ロスによる音質の影響ありますか?

直結コードのサンプル:http://www.chuya-online.com/products/96686/index.html
現在のケーブル長=15cm+180cm+15cm=210cm
直結コードの長さ=120cm

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-06-09 10:10:46

QNo.9624239

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

RCAプラグ付きのシールドケーブルですよね。DAC側の出力インピーダンスが余程高いとか、ケーブル側のインピーダンスが余程低い(どちらもあまり考えられませんけどね)とかでなければ10mや20m程度伸ばしても普通の人にはまず聞き分けられないでしょう。接続部分は少ないに越したことはありませんが、これも、プラグやジャックの素材が余程いい加減な物でない限り問題が出ることはまずないでしょうねぇ。まぁ、やるとするならステレオプラグとRCAプラグ(DAC側がヘッドフォンアンプとあるのでフォンジャックなのですよね?もし両方RCAなら両方RCAの普通のケーブルですから、超高級品から普及品まで長さも品質も幾らでも選べますよね)のついたケーブル長さは3mなら市販品があるでしょうからそれに変えるぐらいですかねぇ。後はプラグを金メッキの物にしてみるとかですね。まぁ、その程度の長さではケーブルによる電気的な損失はまず問題にはなりません。よほど優秀な耳を持っているか、優秀な計測器でなければ差は判らないはずです。

贅沢をするなら高級品のケーブルを吐くくらいですかねぇ。まぁ、物によっては1mでも万単位の値段の物もありますけどね。

もう一つの方法としてはDCAをアンプに近い位置に移動して、ごく短いケーブで接続(伝送路の影響を受けやすいアナログ部分を短くする)して、USBや光ケーブルを長くする(デジタル伝送はノイズやレベルの変動にはアナログよりははるかに強いですからね)とかありですかね。光ケーブルもUSBケーブルも5mぐらいまでなら市販品が簡単に手に入るでしょう。

投稿日時 - 2019-06-10 12:58:06

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-10 15:12:18

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

 影響はまったく無いといえます。
 よほど粗悪なケーブルや端子が腐食してない限り家庭用オーディオだと延長しても5m程度迄であれば音質の違いは聴き分けられません。
 私ならリンク先のケーブルであれば長いものを買ったところでいくらでもないでしょうから210センチより長いもの(3mになると思います)を買って使いますけど。

投稿日時 - 2019-06-10 11:59:48

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-10 15:12:02

ANo.5

影響は有るでしょう。
両アンプを近づけて
2~30cm程のオーディオケーブルで接続、現在の210cmの接続と
聞き比べれば明らかになりますね。

我が家の場合
アンプが左側にあり左右のスピーカーとの距離が右約5m、左約2.5mです。
左右距離に適した長さのケーブルで接続するとケーブルの長い右のスピーカーの音量が小さくなるので左のスピーカーも同じ長さのケーブルを使用しています。
音質の違いまでは私には分かりません。

投稿日時 - 2019-06-10 07:27:48

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-10 15:11:50

「延長コード」と「直結型コード」の区別がわかりません。延長コードは,添付図のようなものを指すはずです。もし延長コードが何十メートルもあれば,「信号が劣化しない」とはいえないでしょう。

また,「接続変換ロス」とは,なにを意図しているのですか? 

どこかで読んだ知識を(中華アンプの使用者が)そのまま振り回さないほうがいいです。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-06-09 16:39:27

お礼

>また,「接続変換ロス」とは,なにを意図しているのですか? 
他の回答者は理解されてると思いまがケーブルの途中が2箇所接続プラグで繋がれてるので「接続変換」という表現にしました。コピーではありません。

投稿日時 - 2019-06-09 17:56:09

ANo.3

周波数特性、歪、過渡特性を測定していますか?
耳で1000Hzか1001Hzか?-3dBか-6dBか?どげんな音を聴いちょるか分かりますか?
プラグのさびや接触抵抗で変わることがあるけど、高インピーダンスのLINE-OUT接続でコードの抵抗分などに違いがあるのかは厳密に測定しないと絶対に分からないはず。
ノイズが微小なら感じやすい低音から高音までフラットに音圧が出ているかで音質の違いをかなり感じますが、3dB程度では分からないです。
他に歪の問題があり、アンプの実用最大出力が誰でも分かる10%歪の時であるように普通に聴くと3%歪があってもボヤーとすると気づきにくいように耳は不正確です。
周波数、歪、過渡特性を測定して評価をすれば完璧のはずです。
RCAでもミニプラグでも伝達する接触抵抗に変わりないはず。
コードを変えても殆ど変化しないはず、測定して評価して欲しいです。

投稿日時 - 2019-06-09 12:41:05

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-09 15:26:58

ANo.2

ケーブルの端子に汚れやサビが無ければ聴いてわかるほどの違いは出にくいです。
ただ、ケーブルによっては音が変わるものもあるのでそういったケーブルの組み合わせが起こっている場合は音が変化してしまうことがあります。

投稿日時 - 2019-06-09 12:07:55

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-09 15:26:40

ANo.1

もちろんありますが、このシステム(アンプ、スピーカー)では違いは分からないでしょう。

投稿日時 - 2019-06-09 10:54:27

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-09 15:26:28

あなたにオススメの質問