こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

いつ頃の涅槃図か教えてください

私の集落で西暦1300年代 九条家の荘園管理者と言う事で臨済宗の大光寺(のちに廃寺)がありました、荘園荒らしにあったと言うことでした。
集落の一軒の家から掛け軸が木箱に入って出てきました、そこに涅槃図があったわけです、昔の漢字で 〇〇〇 長州産 雲将蘭渓〇〇と裏書してあります

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-06-11 08:32:22

QNo.9624797

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

臨済宗は禅宗。
蘭渓道隆とは13歳で出家し、1246年に弟子とともに中国から来日した臨済宗の僧侶です。

そして1253年に北条時頼によって鎌倉に建立された建長寺に招かれて臨済宗を開きました。

日本では最初に鎌倉の寿福寺に入って臨済宗を広め、その後鎌倉の常楽寺で住持となりました。 そして建長寺が建立されると臨済宗の開祖として開山しました。

蘭渓道隆の日本での人生は波瀾万丈で、元の密偵の疑いをかけられて伊豆に逃げ修禅寺に入り、その後京都の建仁寺・嘉福寺・禅興寺など多くの寺を周り、最終的には建長寺に戻りその生命を終えました。

死後にその得業をたたえて後醍醐天皇から大覚禅師という諡号を受けました。 これは日本では初の禅師号です。

これと関係があるのかな。

投稿日時 - 2019-06-11 19:15:08

お礼

いろいろとご説明頂き有り難うございます 助かります

投稿日時 - 2019-06-12 07:50:19

あなたにオススメの質問