こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

こんばんは。

こんばんは。

私は、昨年の約2ヶ月間、ある行政書士事務所で契約社員として働いておりましたが、当該事務所がブラック企業で、耐えきれずに辞めました。

しかし、行政書士の仕事は続けたく思っております。

そこで気になったのが、以前働いていた事務所の就業規則にあった、協業禁止規定です。恐らく何年間か禁止という旨の規定を読んだ記憶があるのですが、これは必ず遵守しなければならないものなのでしょうか?憧れの行政書士にせっかくなれたのに、一ブラック事務所のせいで何年間か士業として働けないことをとても悔しく思います。

また、この協業禁止の期間ですが、はっきりとした数字を覚えておりません。やはり当該事務所に問い合わせるしかないのでしょうか?

長文申し訳ございませんが、どなたかお答えいただけると幸いです。

投稿日時 - 2019-06-19 23:05:07

QNo.9627386

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

競業禁止規定にはこんなガイドラインが出てますねー
https://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/handbook/reference5.pdf

またこんな感じの相談と回答も
https://www.e-shacho.net/kisoku/qa07_04.htm

要は、個々人の職業選択の自由を無条件で制限するような強固なものではありません。無視してOKです(業界内のつきあい等は別として)。
ただ元々の会社が独自のノウハウを持っており、そのノウハウを貴方が有していて、それを他社に流した事で会社に損害があれば裁判で不利になります。
ただ士業でそんなケースがあるか? というとやや疑問ですね。就業期間が約2ヶ月間という短期間である事を考えても、まあ考慮する必要は一切ないかと。

投稿日時 - 2019-06-19 23:44:02

お礼

丁寧なご回答ありがとうございました。

おかげで気が楽になりました!

投稿日時 - 2019-06-20 14:51:55

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

自身の控えをもらえてると思いますが、
よくあるのが3年でその後にこの内容を
破った時には、どのような処置をいたしますと書かれていると思います。

不明ですと前職の職場に問い合わせするしかないと思います。

投稿日時 - 2019-06-19 23:09:41

お礼

早速のご回答ありがとうございました。

参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2019-06-20 14:52:15

あなたにオススメの質問