こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

車の構造 フロントピラーの死角が恐ろしい

つい最近、車を車検に出した際に代車を借りたのですが、これがコンパクトカーのラクティス。

私は昔からのセダン乗りで、コンパクトカーは滅多に乗ることがないのですが、その運転のし難さに閉口してしまいました。

それというのは、ダッシュボード上面の異常なほどの奥行きと、それに伴うフロントウインドウとサイドウインドウの広さによる構造上の弱点を補強するためか、やたらと太いピラーが2本。

カーブを曲がる時点での視界は悪く、運転慣れした自分でさえ何かに引っかけてしまうのではないかという不安が常に付きまとう。

セダンタイプは基本的にダッシュボード上面の幅は狭く、フロントピラーもシンプルに1本で済むために視界は良好ですが、今回のコンパクトはアイポイントからウインドウまでの長すぎる距離感と2本のぶっといピラーで運転する度に緊張して疲れ果ててしまった。

しかし、現在はセダンの需要は失われ、ミニバンやコンパクト、SUVに軽自動車が全盛の時代と言いながらも、こうした車の中にもフロントピラーが2本という視界不良の代物が多いこともまた事実。

最近、高齢者ご老人による悲惨な自動車事故が多い中、それとは別に、こうした死角、視界不良が原因で起きる事故はないのだろうかと不思議に思う。

こうしたアイポイントからフロントウインドウまでの長過ぎる距離と2本の太いフロントピラーの構造に違和感を覚え、危険を感じる人はいないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-20 00:19:39

QNo.9627403

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

安全って何?って思います
時代の要求とはいえ
搭乗者保護のために視界悪化
まさに目の前にぶっといピーラーがあるため
いちいち首を振らないと歩行者を見落としかねない
何度もドキッとした経験があります

80年代の車に乗るとオープンカーかって思うほど視界良好ですから不安はありませんでした(横転は怖いけど)

ダッシュボードの奥行と車体先端が見えないのも同様
空力と車内スペース確保の結果はどこのメーカーも似たシルエットでつまらないし‥

乗員保護よりも歩行者保護を真剣に考えてもらいたいです。

投稿日時 - 2019-06-23 07:47:45

ANo.11

初代フィットに中古で購入。
ある程度、弱点は調べて購入したのですが・・・・。
所有して初めてわかりました、フロントピラーの死角。
これは、初代フィットの最大の欠点ではないかと思う程です。
特に、右折時に歩行者が死角に入るとマジヤバい。
間一髪が何度かありました。
次は、死角の少ない車にしたいです。

投稿日時 - 2019-06-22 20:21:05

ANo.10

個人的には……ホンダのCR-XやCR-Z等の車に乗っていたので、そんなに気にはなりません………

ヤバイと思ったら、窓を開けて確認もするし………


一回……2トン以上の箱車トラックに乗って左右確認をして見て下さい。
ミニバンなんてカワイイ物です。

投稿日時 - 2019-06-20 22:21:57

ANo.9

ヒヤッとしたことがあります。
そういう場合には、直前まで気づかないかもしれないので、余計危ないです…。
あとから考えても、一体自転車がどこから来たのか?・・・という感じになります。
やはり安全確認が不十分の場合が多いでしょうね。
あとは、交差点の交差の角度や、交通量の多さ、何か別の注意するポイントに気を配りすぎたり、思いがけない自転車などの通行位なども注意しないと、という気がしてます。
また、他の方も言われているように、体を動かしてピラーの向こうをできれば左右から見たり、速度的には交差点の右左折は止まれるように徐行、ショートカットなどにならないように、と思っています。
あと、自転車や歩行者の人もドライバーがこちらを見てるか、あわてて渡らないように、いったん目を合わせるようにしたほうが良いような気がします。

投稿日時 - 2019-06-20 13:19:45

ANo.8

おっしゃること、良く判ります。
現在のエスティマハイブリッドまで、5台ほどミニバンを乗り続けてますが新しくなるにつれ、各ピラーは太くなってます。
車体は大きくなっていますが、車内は逆に狭くなってますね。
スタイル重視の為か、ボンネット部分を短くし車内空間を稼ごうとするあまりにインパネが巨大化し、その為にフロントウインドウを大きくし傾斜させるため、フレームを支えると共にウインドウもささえるためにピラーが大きくなってきていると思います。
実際に、ピラーが邪魔になることもしばしばでそれをカバーするために、カメラがバックミラーの下に付いていたり、サイドミラーの他に側面確認用の小さいミラーが付いてます。
しかし、このミラーはあるサイズ以上でないと付いていませんし、実際にこのミラーが役に立つのか微妙です。(小さすぎて確認しきれない)
自分がやっている対策としては、自分の体制を変えて確認するしかないように思えます。長年ミニバンに乗ってきたせいか、体制を変えつつ確認するくせさえついてます。

投稿日時 - 2019-06-20 09:54:02

ANo.7

視界が悪い時は、視線を振るだけでなく、身体全体を動かして見えない部分を確認する必要があると思います。

投稿日時 - 2019-06-20 07:59:45

ANo.6

自分のクルマとして買う時は試乗して確かめるしかありませんね。
最近は衝突安全基準や歩行者保護基準などから強度を出すためにピラーを太くせざるを得なかったり、乗員の前の空間を広く取る必要があるので、小さいクルマ程ピラーが邪魔になりやすい傾向にありますね。
そういうクルマに乗る時は、シートポジションを工夫するとか交差点では体を動かして安全確認を徹底するしかないですね。

投稿日時 - 2019-06-20 07:12:08

ANo.5

ピラーの死角はかなりのストレスですよね・・・。右左折時の対人事故などは、あのピラーさえなければ起きなかった、というケースはあると思います。
例えばゲームやシミュレータなどでは、完全なドライバー視点(ピラー・パネル等再現)と、車のフロント視点(ピラー等なし)では劇的に視界が違いますからね。

実際のところ、Aピラーレス車というのは過去から数案持ち上がっては技術的な問題で消えたりしているので、業界内にも問題意識としてはあるのでしょうが・・・。
個人的にはカメラとフィルム状液晶などの組み合わせで解決しそうだなー、と密かに期待しています。

投稿日時 - 2019-06-20 06:52:55

ANo.4

車を買うときは、実際に運転席に座って、全方向の視界を確認します。

自分だけではなく、家族もつれていきますが、
身長が違えば、感想も違いますね。

全員が、納得して、車は買い替えです。

投稿日時 - 2019-06-20 06:44:33

ANo.3

よく分かります。

太すぎて歩行者や自転車、少し距離があると乗用車までピラーに完全に隠れてしまいます。
上体を動かして確認していますが、ドキッとする時もたまにあります。

投稿日時 - 2019-06-20 03:46:48

ANo.2

最近の自動車は、定められた衝突安全性を確保する為に、どの車もピラーが太くなっています。
その中でも、ピラーは車体剛性の確保、中でも乗員の空間を守る為に、大事なパーツの一つになっています。
しかし、太くしたピラーの為に視界に死角が出来るのも事実です。
多分自動車メーカーも、かなり悩んだあげくに乗員の安全を最優先に考えたのでしょうね。,

投稿日時 - 2019-06-20 03:25:27

ANo.1

うちは10年前の軽(ムーヴ)ですが、右コーナー曲がるとき、Aピラーが邪魔で進行方向は全く見えません。
頭をウインドウ側に倒し、Aピラーを避けるようにして、前方を確認しています。

前に乗っていたムーヴは、普通に視界良好だったんですがね……

投稿日時 - 2019-06-20 00:54:11

あなたにオススメの質問