こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

免責証書の内容

先日交通事故にあい、その件に関して免責証書が送られてきました(当方が乙)

「乙の被った一切の損害に対する賠償金として、当事者・甲ならびに甲の運転者より損害賠償額XXXXX円(内既受領額0円)・・・・」

この後は、受け取ったら一切の請求や異議申し立てをしない旨となっております

そこで、いくつが疑問があるので、お願いします
(過失割合は9:1で当方が1である旨、合意済み)

1.XXXXの金額が物損に対する金額だけで、休業補償や入院費用、雑費、慰謝料が含まれていない金額です。

2.上記1.に対して保険会社に文言を変えるよう要求しましたが、法に則っており、問題無いとの回答と共に、物損以外の入金がもうまもなくされるので、入金確認後に免責証書を返送してもらっても良いとメールで返信あり

3.上記1への問い合わせで、休業補償、雑費、慰謝料に関して別途支払う旨、メールで回答あり。入院費用は保険会社が病院と直接やりとりして支払う旨もメールで返信あり。

不安A.今、免責証書を返送すると物損金額以外を本当に払ってもらえるのか

不安B.物損金額以外を入金後に返送したとしても、上記の免責証書の内容を盾に、先払いした休業補償等を免責証書の金額から引いた金額しか後日受け取れないのではないか

メールで確認できていれば、返送して構わないのであればそうしたいのですし、そもそもこの免責証書の内容が私の不安通りなら弁護士に依頼しようと考えているのですが、アドバイス頂けないでしょうか

投稿日時 - 2019-06-22 00:52:43

QNo.9627962

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

免責証書は示談書の一部で
一般的に過失割合が100:0のケースや人身損害の示談で用いられます。
アクサダイレクト
https://www.axa-direct.co.jp/auto/contractor/guide_document/mensekishousho.html
三井ダイレクト損保
https://www.mitsui-direct.co.jp/car/guide/howto/documents/08.html
ソニー損保
https://www.sonysonpo.co.jp/auto/guide/agde031.html
>休業補償や入院費用、雑費、慰謝料が含まれていない金額です。
含まれていないとすると人身損害の示談にはならないと思いますが?
しかも症状固定や完治と医者が言っていないとすれば、算出は無理だと思います、その当たりはどうなのでしょう。
もっとも示談書ですから納得がいかなければ、再度交渉して折り合いがつかないのなら裁判をするしかありません。
交渉や訴訟を弁護士に依頼することは確実ではありますが、ある程度費用がかかります。

投稿日時 - 2019-06-24 19:55:15

お礼

ご回答ありがとうございます。
人身側は、既に完治状態で、あと二週間ほどで支払いますとメールで連絡がありました。
アドバイスからすると、やはり当方が受け取った免責証書は、物損に限定するものではない、かつ記載金額は物損のみなので、人身側の支払いを受けてからサインしようかと考えてます。

投稿日時 - 2019-06-25 18:45:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

良く読まれてくださいね。

免責証書には、お金を渡したら、それ以上とうことはできないと書かれているわけです。

つまり、お金が渡されなかったら、その証書は無効ということが書いてある訳です。
じゃあ、お金を渡されたかどうかは?と、なる訳ですが、相手は銀行振込を指定してくるのが基本です。
これは、相手には振り込んだ記録が残り、貴方にも振り込まれた記録が残るからです。

振り込まれた記録ななければ、そもそもその証書の契約は有効にはならない訳です。

保険会社は、物損と人身を分けて処理するのが普通です。
なぜなら、物損は直ぐに損害額が確定するのに対して、人身は怪我ですから、治るのに煤年かかることもあります。
数年先まで車の修理代を出さないと言うのも、被害者側にもデメリットですから、分けて示談をするのが普通です。

そして、示談書にも、物損用の示談書と、人身用の示談書は分かれていて、表題に物損用、人身用と書かれているのが多いです。
そこで物損用と書かれていれば、物損のみのものということが明示されている訳です。

その辺どうでしょうか?
物損用の示談書で、人身部分を示談することはありません。

べんごしをたのむのなら、構いませんが、支払いが止まるだけです。
だって、納得できない訳ですから、相手も解決するまで支払えないとなる訳です。

まあ、人身と物損は、別に示談するのは、ごく普通の話になります。

投稿日時 - 2019-06-22 11:15:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
非常にわかりやすい説明で助かりました。
書類に関しては、残念ながら、物損に限定するような記載が無いので、質問させて頂いてます

投稿日時 - 2019-06-24 00:02:51

あなたにオススメの質問