こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳をお願いいたします。

Field Marshal Putnik ordered a retreat into the surrounding hills and the front settled in a month and a half of trench warfare, which was highly unfavourable to the Serbs, who possessed heavy artillery that was largely obsolete, had short ammunition stocks, limited shell production (having only a single factory producing around 100 shells a day) and also a lack of proper footwear, since the vast majority of infantry wore the traditional (though state-issued) opanaks, while the Austro-Hungarians had soak-proof leather boots. Most of the war material was supplied by the Allies, who were short themselves. In such a situation, Serbian artillery quickly became almost silent, while the Austro-Hungarians steadily increased their fire. Serbian daily casualties reached 100 soldiers from all causes in some divisions.
During the first weeks of trench warfare, the Serbian Užice Army (one strengthened division) and the Montenegrin Sanjak Army (roughly a division) conducted an abortive offensive into Bosnia. In addition, both sides conducted a few local attacks, most of which were soundly defeated.

The Battle of Nsanakong or Battle of Nsanakang took place between defending British and attacking German forces during the Kamerun Campaign of the First World War. The town of Nsanakong had been occupied by the British on 30 August 1914. On 6 September, German forces attacked, driving the British force over the border back into Nigeria. Forces from British Nigeria had attempted to move into German Kamerun from a number of points along the colony's northern border. Attempts to do this at the First Battle of Garua and Mora had failed. Further south, a British column from Ikom crossed the Cross River into Kamerun and occupied the station of Nsanakong, 5 kilometers from the Nigerian border on 30 August. A week following the British occupation of Nsanakong, at two o'clock in the morning on 6 September 1914, German forces surrounded the village. The Germans, armed with machine guns, attacked. The British defenders successfully repulsed this initial attack but in the process exhausted their ammunition. Another German attack came at five o'clock in the morning, this time from higher ground. The British could not repulse this one due to their lack of ammunition and attempted to break out by conducting a bayonet charge. The result was disastrous for the British. They lost about 100 men which was equivalent to approximately half of their force during the battle, including eight of their eleven British officers. German losses were also heavy with 40 dead including the commanding officer, Captain Rausch Emil. After suffering heavy casualties, the remaining British units successfully retreated back into Nigeria.

投稿日時 - 2019-06-22 02:46:44

QNo.9627987

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Field Marshal Putnik ordered a retreat into the surrounding hills and the front settled in a month and a half of trench warfare, which was highly unfavourable to the Serbs, who possessed heavy artillery that was largely obsolete, had short ammunition stocks, limited shell production (having only a single factory producing around 100 shells a day) and also a lack of proper footwear, since the vast majority of infantry wore the traditional (though state-issued) opanaks, while the Austro-Hungarians had soak-proof leather boots.
⇒プトニク元帥が周囲の丘への退却を命じ、前線は1ヵ月半の間塹壕戦に落ち着いた。これは、ほとんど時代遅れの重砲しか持たないセルビア軍にとっては非常に不利で、(1つの工場当り1日に約100発しか生産されない)爆薬は不足し、また適切な履物も足りなかった。それというのも、歩兵の大多数は(国家支給ながら)伝統的なオパナック(セルビア伝統の革靴)を履いていたからであった。一方、オーストリア‐ハンガリー軍は防水皮革の軍靴を着用していた。

>Most of the war material was supplied by the Allies, who were short themselves. In such a situation, Serbian artillery quickly became almost silent, while the Austro-Hungarians steadily increased their fire. Serbian daily casualties reached 100 soldiers from all causes in some divisions.
 During the first weeks of trench warfare, the Serbian Užice Army (one strengthened division) and the Montenegrin Sanjak Army (roughly a division) conducted an abortive offensive into Bosnia. In addition, both sides conducted a few local attacks, most of which were soundly defeated.
⇒戦争用物資の大部分は連合国軍から供給を受けていたが、その連合国自身にとってもそれは不足気味だった。そのような状況でセルビア軍砲兵隊は早々に、ほぼ沈黙してしまい、(逆に)オーストリア‐ハンガリー軍は着実に発砲を増していった。セルビア軍の日毎の死傷者は、複数の師団でいろいろな原因によって、兵士100人に達した。
 塹壕戦の最初の数週間、セルビアのユージス軍(特別強化の1個師団)とモンテネグロ・サニャック軍(およそ1個師団)がボスニアへの攻撃を行ったが実を結ぶことはなかった。さらに、両軍とも2,3回の局地攻撃を行ったが、そのほとんどは全く敗北した。

>The Battle of Nsanakong or Battle of Nsanakang took place between defending British and attacking German forces during the Kamerun Campaign of the First World War. The town of Nsanakong had been occupied by the British on 30 August 1914. On 6 September, German forces attacked, driving the British force over the border back into Nigeria. Forces from British Nigeria had attempted to move into German Kamerun from a number of points along the colony's northern border. Attempts to do this at the First Battle of Garua and Mora had failed.
⇒「ンサナコンの戦い」または「ンサナカンの戦い」は、第一次世界大戦の「カメルン野戦」の間に、英国守備軍とドイツ攻撃との間に起こった。ンサナコンの町は1914年8月30日に英国によって占領されていた。9月6日、ドイツ軍が攻撃し、国境を越えて英国軍をナイジェリアに押し戻した。ナイジェリアからの英国軍部隊が、ドイツ植民地の北側境界に沿った数地点からドイツ領カメルンへの侵入を試みた。この試み、すなわち「第一次ガルアとモラの戦い」は、失敗に帰した。

>Further south, a British column from Ikom crossed the Cross River into Kamerun and occupied the station of Nsanakong, 5 kilometers from the Nigerian border on 30 August. A week following the British occupation of Nsanakong, at two o'clock in the morning on 6 September 1914, German forces surrounded the village. The Germans, armed with machine guns, attacked. The British defenders successfully repulsed this initial attack but in the process exhausted their ammunition. Another German attack came at five o'clock in the morning, this time from higher ground.
⇒さらに南では、イコムからの英国軍縦隊がクロス川を渡ってカメルンに入り、8月30日にナイジェリア国境から5キロのンサナコン駅を占領した。ンサナコンが英国軍に占領されてから1週間後の1914年9月6日の午前2時、ドイツ軍団がその村を包囲した。機関銃で武装したドイツ軍が攻撃した。英国軍守備隊は、この最初の攻撃をうまく撃退したが、その過程で弾薬を使い果たした。午前5時、今度は高地からのドイツ軍の別の攻撃があった。

>The British could not repulse this one due to their lack of ammunition and attempted to break out by conducting a bayonet charge. The result was disastrous for the British. They lost about 100 men which was equivalent to approximately half of their force during the battle, including eight of their eleven British officers. German losses were also heavy with 40 dead including the commanding officer, Captain Rausch Emil. After suffering heavy casualties, the remaining British units successfully retreated back into Nigeria.
⇒英国軍は弾薬不足のためにこれを撃退することができず、銃剣突撃を実施することによって突破しようとした。結果は英国軍にとって悲惨なものだった。彼らは約100人の兵を失ったが、それはこの戦闘中に彼らの軍勢のおよそ半分に相当し、(しかも)11人の将校のうち8人が含まれていた。指揮官長のラウシュ・エミール大尉を含む40人の死者で、ドイツ軍の損失も激しかった。残りの英国軍部隊は、重傷を負った後、何とか首尾よくナイジェリアに戻った。

投稿日時 - 2019-06-23 18:14:28

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-24 22:35:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

フィールド・マーシャル・プトニクは周囲の丘への退却を命じ、正面は1ヵ月半の間戦闘に落ち着きました。これはほとんど時代遅れの重砲を持っていたセルビア人にとっては非常に不利でした 歩兵の大多数は伝統的な(国営ではあるが)オパナックを身に着けていたので、1つの工場だけで1日におよそ100殻を生産しました、そしてまた適切な履物の欠如。 戦争資料の大部分は彼ら自身が短い同盟国によって供給された。 そのような状況で、セルビアの砲兵はすぐにほぼ沈黙し、オーストリア - ハンガリー人は着実に発砲しました。 セルビアの毎日の死傷者は、いくつかの部門であらゆる原因で100人の兵士に達した。
トレンチ戦の最初の数週間、セルビアのユージス軍(1つの強化された師団)とモンテネグロサンジャック軍(およそ1師団)がボスニアへの中絶攻撃を行った。 さらに、双方は少数のローカル攻撃を行い、そのほとんどは健全に敗北しました。

Nsanakongの戦いまたはNsanakangの戦いは、第一次世界大戦のKamerunキャンペーンの間にイギリスを守ることとドイツ軍を攻撃することの間に起こりました。 Nsanakongの町は1914年8月30日にイギリスによって占領されていました。9月6日、ドイツ軍が攻撃し、イギリス軍を国境を越えてナイジェリアに押し戻しました。 イギリスのナイジェリアからの部隊は植民地の北側の境界に沿ったいくつかの地点からドイツのカメルンに入ることを試みた。 ガルアとモラの最初の戦いでこれをやろうとする試みは失敗しました。 さらに南では、イコムからのイギリスのコラムがクロス川を渡ってカメルンに入り、8月30日にナイジェリア国境から5キロメートルのNsanakongの駅を占領した。 1914年9月6日の午前2時、Nsanakongがイギリスで占領されてから1週間後、ドイツ軍が村を囲んだ。 機関銃で武装したドイツ人は攻撃した。 イギリスの擁護者はこの最初の攻撃をうまく撃退したが、その過程で弾薬を使い果たした。 午前5時、今度は高地からのドイツの別の攻撃があった。 イギリス軍は弾薬不足のためにこれを撃退することができず、銃剣装薬を実施することによって脱出しようとした。 結果はイギリスにとって悲惨だった。 彼らは約100人の男を失ったが、これは戦闘中に彼らの11人のうち8人の将校を含む彼らの力のおよそ半分に相当した。 指揮官のラウシュエミール大尉を含む40人の死者でドイツの敗北も激しかった。 重傷を負った後、残りのイギリス軍ユニットは首尾よくナイジェリアに戻った。

投稿日時 - 2019-06-22 06:08:42