こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イランがアメリカの無人偵察機をイラン国内で爆撃して

イランがアメリカの無人偵察機をイラン国内で爆撃して破壊した法的措置でイランを攻撃するって意味不明なジャイアン理論では?

イラン国内で勝手に飛ばしていたのはアメリカですよね?

しかも民間機ではなく軍事機ですよね?

どこにイランに不手際があるのですか?


アメリカ国内上空をイランが無人偵察機を飛ばしてもアメリカは撃破しないの?

投稿日時 - 2019-06-23 08:50:19

QNo.9628373

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

国と国との利害や主張の食い違いを話し合いで解決できないから戦争になるので、もはやイランとアメリカの関係は理屈の問題ではないです。アメリカの偵察機がイランの領空を侵犯したら撃墜されても文句は言えないけどアメリカは領空侵犯していないと言っています。どっちが正しいかわからないですが、アメリカはイランに対して軍事行動を起こす準備をしてきたし、挑発もしてきています。すでに一触即発の状態でした。その最中に今回の様に偵察機を撃墜したら、アメリカが報復攻撃する可能性は十分予測できたと思います。そうするとイランの選択肢は、戦争になったとしても無人偵察機を撃墜して主権を守り戦う姿勢を国民に示すか、屈辱的であっても自粛するかの二択。ただ、イランの立場になってみれば、最早我慢の限界を超えていて、アメリカを非難するドイツ、フランス、中国、ロシアなどからの支援も十分でない中で、選択肢がなくなっている様に思います。
今回アメリカは攻撃していたら世界的に非難を浴びることになったと思います。偵察機がイラン領空内であろうが外であろうが、現在の一触即発の状態を作ったのはアメリカであることは世界の国々は理解しています。アメリカはジャイアンですが、今回はイラク戦争の時ほどスネ夫がついてきていない状態です。

投稿日時 - 2019-06-23 09:21:59

お礼

みんなありがとう

投稿日時 - 2019-06-23 12:03:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

ん?アメリカはイランを爆撃していませんよ。無人偵察機は、非武装です。

イランがアメリカの無人偵察機を撃墜した理由は、無人偵察機が領空を侵犯したからだと主張しているからです。領空侵犯は撃墜の口実として認められています。ただ一般的に航空機には人が乗っていますから、領空侵犯されてもどこの国もホイホイ撃墜しません。今回は無人機だったので、イランも躊躇せず撃墜したのです。

一方のアメリカは「領空侵犯はしていない」と主張しています。片方は「俺の土地に勝手に入ってきた」といってもう片方は「入っていない」といっているので、完全な水掛け論ですね。
アメリカの反撃の口実は「領空を侵犯していない無人機を撃墜したので、これは敵対行為である。だからそれに報復をする」というものです。

投稿日時 - 2019-06-23 11:44:19

ANo.4

 湾岸戦争、イラク戦争、リビア戦争など、米国がマスコミを使った捏造報道を繰り返して開戦に繋がった歴史がありますよね。イラン情勢も同じで、マスコミを使った情報操作や虚偽の宣伝ではないかと疑われる部分が多いですよね。

 専門家も指摘していますが、なぜ、大勢のイラン革命防衛隊が小型船舶を使ってタンカーに機雷を敷設したり、不発弾の回収をしていたのか、その理由が不明で、常識的に考えると、機雷のような手間がかかる攻撃手段よりも、ロケット砲やミサイルを使ってタンカー攻撃した方が、標的が大きいので命中精度も高いですし、近距離から撃てば外れる危険もありませんよね。不自然で矛盾した報道が多いのです。

 無人偵察機(グローバルホーク)をイランが撃墜したのは事実でしょうが、米国が公開した飛行コースが正確かどうかはわかりません。修正されている可能性もあるからです。イランが主張している領空圏と米国が主張している領空圏が食い違っている可能性もあります。わざわざ撃墜させる為に無人偵察機を領空内に飛ばした可能性もあります。

 今は世界的に景気が悪いので、何とか戦争を起こして景気回復したい軍事産業の思惑かもしれませんし、石油価格を引き上げたい産油国の思惑かもしれません。米国国防総省が戦争に前向きではないのを見ると、政治が理由かもしれませんね。

 軍事衝突をイランが望んでいるのであれば、タンカーにミサイル攻撃を繰り返しても良いわけですし、米国の空母に攻撃を仕掛けても良いはずです。何もしないのは勝てない戦争を戦いたくないからでしょうね。

 米国が戦争の焚き付けをやっているだけで、ほとんどがヤラセだと見た方が良いだろうと思います。

投稿日時 - 2019-06-23 10:36:18

ANo.3

事実がどうであるかが分からない状態では、どちらの主張も信用できません。
お互いに、自国の都合の良い言い方をするでしょう。
何を持って信用するかを慎重に見極める必要があると思います。

関連して、偵察機の撃墜より、日本タンカーへの攻撃の方が重要です。
真相はどこにあるのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-23 09:42:25

ANo.2

お金があるところを狙うんですよ。核を持っていようが北朝鮮は叩いても何も出ませんから。南アメリカ、ベネズエラなども以前はオイルマネーがありましたが今は貧困状態、叩きようがありません。アフリカは難民しか出てきません。

どこぞが日本からお金を引き出そうと躍起になっているのもアメリカから学んだ方法ではないですか?

投稿日時 - 2019-06-23 09:39:09

あなたにオススメの質問