こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

刑務所の食事

バングラデシュの刑務所では、朝食が200年ぶりに改善したという。
18世紀に英国の植民地当局が導入したメニューは、パン116グラムと糖蜜14.5グラムだけだったというが、それをパン、野菜、菓子、キチュリ(米、レンズ豆、スパイスなどを入れて煮込んだ料理)に改善したということのようだ。

バングラデシュは世界でも最貧国と言われているが、それでも日本の刑務所よりは遙かにましだと言うことがわかる。上記のバングラデシュの朝食メニューを見たら、日本の刑務所に入っている者は、バングラデシュの朝食メニューのほうが遙かに上等じゃないかと思うことだろう。
日本の刑務所は、ご飯がどんぶり1ぱいに味噌汁だけで、おかずはなしという世界でも他に例が無い程の貧弱さだ。
私はもう随分昔だが、車検が切れたクルマに乗っていて、他の車にぶつけられてしまい、車検が切れていたことがばれてしまって車検切れに対する罰金を払う羽目になったのだが、その罰金が驚くほど高額で、なんと20万円の罰金を言い渡されてしまった。
そのときにはお金は無くて仕事のために車検が切れたクルマに乗っていたのだが、20万円の罰金が払えるくらいなら最初から車検の切れたクルマなんかに乗っていないよ、と言ったら「労役と言う制度がある」と言う。1日5000円換算で刑務所に入れば罰金はチャラになると言われ、刑務所に入ったことがあるのだが、そのときに朝食のひどさには驚いたものだった。
刑務所なんだから仕方が無いとはそのときには思っていたが、バングラデシュのようなまずしい国よりも貧弱な朝食を日本のような経済大国が出しているというのはどうなのかと思った。
全てが万事という言葉があるが、日本の司法は途上国より酷いと言うことが良く言われる。
一番典型的なのが、日本以外の先進国では裁判での有罪率は80%前後なのに日本では99.9%以上という有罪率を誇っている。
これは日本以外の先進国では無罪になっている人の多くが有罪になっているということでもあるのだ。
テレビなどでは度々無罪判決が報道されるので、無罪が多いと思ってしまう人がいるかも知れないが、実態は全く違うのだ。
日本では警察が逮捕すると、豚箱に入ったまま出されることは殆ど無いのに、たまたま保釈されていたのが逃げ出すと、馬鹿マスコミは日本はいかにも緩いのでは無いかと言った感じの報道を繰り広げるが、こんなに厳格で自由を認めない国なんて世界でも稀なのだ。
しかも、警察検察、それに裁判所がグルになって正義とはかけ離れた判決をあたりまえのように出している。冤罪事件については、ネットで検索すれば驚き呆れるような事例がどっさりと出てくる。
私の知り合いが自転車に乗っていて車にぶつけられたのだが、その運転手が自分は警察に知り合いがいるといって逆に脅してきたのだそうな。そこでそれがどうしたと言って警察を呼ぶと、車の運転手は自転車に乗っていたのがクルマを叩いて傷をつけたと言って逆に自転車の方を訴えた。所が、傷なんて無い。
しばらくしてから訴えを見ると、自動車のボンネットに小さな数ミリほどの丸い穴があるという。これを素手でやったというのだ。こんな馬鹿なことを警察が受け付けるはずが無いと思っていると、警察は受け付けたばかりか10万円の罰金を申し渡した。そこで裁判に訴えると、検察も裁判所も訴えを認めて10万円の罰金が確定してしまった。警察にも検察にも裁判官にも素手であんな小さな穴を鉄板でできたボンネットにどうやって空けることができる?と言い続けたそうだが、どうやってということについては完全無視で、警察も検察も裁判官もおまえがやったことに間違いは無いと言い、なんと人でなしの裁判官は判決後に説諭まで始めたのだそうな。ふざけるな!と説諭している裁判官に怒鳴ってやったそうだが、ほんとうに日本の司法というのは腐りきっていると言うことだった。
裁判で有罪という判決が下るまでは推定無罪なのに、日本では無罪を主張すると絶対に保釈は認められない。ゴーンが保釈されたのは、大使館の人が頻繁に来たり、日本の制度は異常なのじゃ無いかと言った批判が内外のマスコミから出始めたからで、普通の人は無罪を主張していたら、何年でも豚箱から出してはもらえない。
以前にパプア・ニューギニアの刑務所を放送していたことがあるが、囚人は刑務所内を自由に歩き回っていた。
欧米では、自由があるのがあたりまえで、刑務所と言っても小さな島全体が刑務所で、そこで囚人達が自由に生活しているというのも見たことがあるが、日本の場合は檻房から出られるのは運動の時間と週にたった1度のお風呂に入るときのわずかな時間だけ。
刑務所の食事だけではなく、全てに対して異常なまでに厳格なために、その厳格さを維持するためには大勢の刑務官が必要で、大変なお金がかかることになる。
島を刑務所にして、そこに小さな家を建てて一切監視をしなければ、刑務所の維持費は殆どかからない。
そしてこうした緩い刑務所の場合には再犯率も低いのだそうな。これに対して、日本の厳格きわまりない刑務所では再犯率がとても高いのだという。
国の借金が天文学的になっているというのに、役人どもは全く気にもかけていないようなのだが、日本という国は司法の世界では不正がまかり通っているだけではなく、ありとあらゆることがガラパゴス化しているという印象だが、どうだろうか。

投稿日時 - 2019-06-23 19:21:47

QNo.9628543

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日本の刑務所の朝食 2018年 真ん中より少し下
https://matome.naver.jp/odai/2139340172800323801

ご飯 味噌汁 その他になにやらよくわからないものが
黄色は たくあんじゃなくて 卵焼きかな 白菜の漬物の細切れとふりかけ

そういえば 工事現場の飯場の朝食が質問と同じだったと思う。
ご飯 味噌汁 たくあん

投稿日時 - 2019-06-24 21:25:37

お礼

もう随分前なので忘れていたけれど、そういえばたくあんがついていたと思う。ただ、私はたくあんというより漬け物が嫌いなので、食べようともしなかったことから記憶から消えていた。
ふりかけは数日おきだったと思う。
また、土曜日だった気がするが、納豆が1パックついてきたと思う。
麦のたっぷり入ったご飯を、ふりかけと言っても普通に売っているものとは比較にならないお粗末なものだが、これで食べるのは体験してみないとわからないだろう。
バングラデシュの朝食メニューのほうが、遙かにましだと言うことはわかってもらえると思う。

投稿日時 - 2019-06-25 12:58:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

今の日本の刑務所の食事は違います
ご心配されなくても大丈夫です
刑務所 朝食で検索されたらよいでしょう

バングラデシュの刑務所は所内で就職のための教育や娯楽なんかもあるんですかね?
日本ではお菓子を食べながら映画を見る機会もあるそうです

投稿日時 - 2019-06-23 21:14:58

補足

食事に関しては、今も何も変わっていないと言うより、ありとあらゆることが何も変わらないというのが硬直した日本の司法なのです。
裁判にしても、江戸時代のお奉行様が裁いていたときと何も変わっていない。
変わったのは、お白砂から裁判所という立派な建物に変更になったのと、着ているものと名称が変わっただけ。人を裁くときの実態は、江戸時代と何も変わっていない。

バングラデシュと日本の刑務所とどちらが良いかと言うことを書いたのでは無く、バングラデシュのような最貧国でさえこのくらいのことをしているのに、いったい日本は…と言うことなのですよ。
お菓子を食べながら映画なんて、年に1度あるかないかだし、独房に入っている者にはテレビも映画も何も無い。独房に入っているからと言って、罪が重いわけでは無い。労役は皆独房だから。

投稿日時 - 2019-06-24 12:49:20

ANo.1

>そのときにはお金は無くて仕事のために車検が切れたクルマに乗っていたのだが

そういうのを「盗人猛々しい」っていうんですよ。車検が切れていれば自賠責も入っていないし、車検が通っていなければ任意保険も入れないじゃないですか。一般道路を時速100キロで走ってきて「飛び出したお前が悪い」っていっているようなものだ。ぶつけられたからよかったようなものの、人を轢いてたらどうするつもりだったんですか。まさか「俺は運転が上手いから事故を起こさない」っていうつもりですか。アクセルとブレーキの踏み間違いの老人ドライバーはみんな「俺は運転が上手いから事故を起こさない」っていうんですけどね。

>日本以外の先進国では裁判での有罪率は80%前後なのに日本では99.9%以上という有罪率を誇っている。

いい加減なことをいっちゃあいけません。だいたい90%くらいです。90%と99.9%じゃ全然違います。そこはそれで問題があることはありますけどね。

>警察にも検察にも裁判官にも素手であんな小さな穴を鉄板でできたボンネットにどうやって空けることができる?と言い続けたそうだが、どうやってということについては完全無視で、警察も検察も裁判官もおまえがやったことに間違いは無いと言い、なんと人でなしの裁判官は判決後に説諭まで始めたのだそうな。

そんな裁判で負ける弁護士を選んだ人がどうかと思います。弁護士を立てずに裁判をやったなら、バカとしかいいようがない。ボクシングをやったことがない人がリングでボクサーと戦ったら、ボクサーが勝つに決まっています。

>これに対して、日本の厳格きわまりない刑務所では再犯率がとても高いのだという。

日本の刑事罰は、更生を前提にしていませんからね。たかがといったらなんですが、麻薬をやったり不倫をした程度で一生社会復帰させるなという人たちが我が国には少なからずいます。ここは色々と難しいところですよ。犯罪人の更生をまず考えるべきだとなるならば、まず最初に死刑を廃止するところから始めないといけませんからね。

>国の借金が天文学的になっているというのに、役人どもは全く気にもかけていないようなのだが

それは刑法犯罪とは関係がない話でしょう。あと役人どもは国の借金を減らすことに一生懸命になっていますよ。年金の受給額を減らして消費税を増税しているのは国の借金を減らすためです。彼らがもっと本気になれば、もっと税金が増えるでしょう。

あと私、いくら食事が日本よりマシでもバングラディシュの刑務所には行きたくないです。
http://kinbricksnow.com/archives/51939388.html
どう考えても劣悪な環境ですもの。なんか怖いやつに目をつけられたらひどい目に遭いそうだし。

投稿日時 - 2019-06-23 20:23:18

補足

「いい加減なことをいっちゃあいけません。だいたい90%くらいです。90%と99.9%じゃ全然違います。」
こうしたことを言うについての根拠は何も無いはず。
私が最初に99.9%以上という数字を目にしたのは、テレビ朝日のスクープという番組で、この番組では何度もこの数字を取り上げて、裁判官がいかにでたらめなことをやっているかということを、実例を挙げて批判していた。
また、日本テレビの日曜の深夜に昔から続いているドキュメンタリー番組があるが、この番組でも度々取り上げられている。
TBSの報道特集という番組でも取り上げられたことがあるし、ドラマでもおなじみの数字だ。
勿論、これ以外に私が知らないところでもこの数字を取り上げると言うことが多々あると思われる。さらに、インターネットで調べればすぐにわかることの筈。それなのに簡単に自分の感覚だけで、他の人の言うことを全否定してしまう。恐ろしいほどに独善的な考えの人のようで、こうした極端なまでに独善的な考えの人には、これ以上何も言えない。言っても無駄なので。

投稿日時 - 2019-06-24 13:04:57

あなたにオススメの質問