こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

再雇用と収入

いつもお世話になります。

現在、これまで務めていた会社が定年となり、嘱託社員として再雇用の身となりました。しかしながら、これまで入ってきた給料の半分以下であり、貯金を崩しながらの生活をしています。退職金などは、途中入社ですので、微々たるものです。
65歳に以上になると、年金が入りますが、年金事務所のちんぷんかんぷんの説明では、現在貰っている給料より安いことが判明しました。
テレビ等で放送されている様に65歳以降の金額が2000万円必要との事は、その通りだと思います。
しかも、先程、ちんぶんかんぷんと述べました、年金事務所の説明では、「おそらくーこのくらいの金額と思われますーーーー」と言うはっきりしない回答。。。怪しいと思いました。
従って、65歳以降も働きたいと思っています。
医者からは、「貴方は、長生きしますよー」と言われているすし、透析等の懸念もあるため、60代前半で新しい職を手に付けてやってみようと思っています。
しかも、自分にふさわしい土日で出来る仕事が見つかったのです。
さて、質問ですが、私がもし、その土日で出来る仕事をする事になると、法律では、20万円以上なら、確定申告が必要になってきます。
さらに、かなり少ない金額ですが再雇用継続給付金と雇用保険からも微々たる収入が入っています。
この際、開業申請(白)を出して見ようと思っていいます。
述べ忘れましたが、私が勤めている会社の就業規則では、正社員は、会社側への届け出が必要と記載されています。一方、私の就業規則は、有期雇用の就業規則で、明確に決まっていません。
開業しても良いものか悩んでいます。
ご指導の程、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-24 17:30:09

QNo.9628833

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

個人事業で白色であれば、開業届など不要です。確定申告さえきちんとしていれば問題ありません。
会社の方は、その副業によって本業に差し障りが出なければ問題ありません。問題だと言われるかもしれませんが、裁判やれば勝てる可能性の方が大きいです。
なので、構わず始めればよろしいのではないでしょうか。帳簿だけはきちんと付けて下さい。
でも、2千万てのは、あったらうれしいぐらいの事だと思いますけど。他の資産次第ですが。

投稿日時 - 2019-06-24 17:58:46

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
開業届けを出さなくても問題ないというお考え、分かりました。
白色で、確定申告を出す方向で考えてみたいと思います。
裁判で勝てる可能性の方が大きいとは、心強いコメントで、ありがたいです。
帳簿をきちんと付けます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-25 17:09:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

今の会社には、副業しても良いかどうか、確認してください。重要です。
これをしないと、この話が始まりません。

今までの会社で、給料は半分以下になるけど働く訳ですよね。
当然、年収は20万円以上ですね。
所得税は源泉徴収されますか?。
当然、副業も20万円以上ですね。その収入は源泉徴収されてもされなくても、
合計した年収額を確定申告する必要があります。
土日にするお仕事は、雇用されるのですか? 
それとも、事業主になるのですか。フランチャイズなんかで。
どの様なお仕事内容なのですか。
お体は丈夫そうですが・・・
透析の懸念が有るのでしたら、お医者さんに相談する必要がありますよ。新しい仕事の内容や、「年間・休み無しで働く事」になる事を全て伝えて意見をお聞きになってください。自己判断はしないでくださいね。
60歳を過ぎると、以外に体力や内臓の衰えが出てきます、病気にならないようにしないと、大変な事に成りますから。

投稿日時 - 2019-06-24 20:02:22

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
透析となるとしても20年以上後の話しで、健康には問題ありません。
お金が掛かるだろうなと思っている次第です。
病気にならないように、3ヶ月おきに定期検診しています。
事業主になろうと思っております。
会社に相談したら、即、解雇です。
それがかれらの仕事ですから。会社の人事など、人員整理して良い扱い
されます。すみませんが、このご回答では、、、、
でも、そういう、考え方もある事、承知致しました。

投稿日時 - 2019-06-25 16:58:30

ANo.3

>この際、開業申請(白)を出して見ようと思っていいます。
ちょっとよくわからないのですが、出してみようということは出さなくてもいい状況、つまり開業するわけではないということですか?それとも年間20万円を超えない範囲でやるかどうかを考えているということでしょうか?
個人事業主になるなら申請は必須ですよ。
その土日で出来る仕事というのが個人事業ということですか?
事業を始められるのなら青色を申請したほうがいいですよ。

開業自体は問題ないと思われます。
嘱託職員であれば市役所などの公務員でも認められているので、明確な規定がないなら問題ないと思っていいでしょう。

年金はこれから減額される可能性も高いですし、さまざまな要素があるので確定的なことは言えないのだと思いますよ。

投稿日時 - 2019-06-24 18:21:01

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
20万円以上の収入です。それでないと意味がありません。
申請を検討します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-25 17:01:20

ANo.2

 
>法律では20万円以上なら確定申告が必要になってきます。
年金も含めた金額ですから、必ず確定申告が必要になりますよ。
年金額が「このくらい」と曖昧なのは就労による収入が不確定だからです。
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2017/2017040102.html
ここに書かれてますが、65歳以上では年金と就労による収入が46万円をこえると超えた金額の半分が減額されます。
 

投稿日時 - 2019-06-24 18:02:37

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
>65歳以上では年金と就労による収入が46万円をこえると超えた金額の
>半分が減額されます。
新しい情報のご提供ありがとうございます。
46万円以上を考えています。
年金は当てにしません。申告します。

投稿日時 - 2019-06-25 17:04:12

あなたにオススメの質問