こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

今朝と先ほどの地震のメカニズムについて

こんばんは。
今朝の千葉県南東沖の地震はどのようなメカニズムでしょうか?
例、単発、よくある地震の一部で
起きた地震、など。

また、伊豆半島東方沖での地震は場所的に火山性でしょうか?

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-24 21:20:23

QNo.9628888

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

千葉の地下って、3つのプレートが入っているのでどのプレートがどう影響しているのかっていうのは複雑すぎて研究者でも全く分からないそうです。

東日本大震災のときも複数のプレートが同時多発的に大きく動くっていうのは誰も予想していなかったんですよ。理論上はあっても、そういうことはそれこそ何万年に一度とかそんなもんだろうと思われていました。
けれど様々な計測でそのことが判明して、状況証拠から貞観地震もそういう地震であっただろうと思われていて、何万年どころか少なくとも1000年に一度のペースでは起きているってのが分って学会も大騒ぎになったわけです。
そんで、東北でそういうことが起きるなら他の場所で起きても何の不思議もないはずで、同じことが東海や東南海のプレートで起きたらどエライことになると今みんな怖れているのです。

起こってみないとどんな地震なのかは分からないでしょうね。

投稿日時 - 2019-06-25 13:10:04

ANo.1

東北の大震災以降、東日本日本よりもフィリピンプレートの影響を受けそうな日本南部に注目していたのですが、

2015年頃から沖縄~鹿児島近辺で頻発していた小規模な地震が、
大分、熊本辺りから規模が大きくなり、
日本列島全体に散在している断層帯を北上してるのではないかと感じるようになりました。

その後、九州四国から本州を東に向かうと見ていたところ長野まで到達して、
次はどうなるのかと思ったら、最も大きな糸魚川構造帯も越えて静岡から関東で地震が起き始め、
今は千葉茨城から断層帯伝いに北上して新潟山形まで到達してしまいました。
(千葉茨城から東経140度位の断続する断層帯を北上して日本海に出た場所が新潟山形です。)

千葉茨城と新潟山形の地震は、個人的には一連のものと見ています。
フィリピンプレートの圧力がユーラシアプレートで断層地震を起こし、
火山活動は地下のエネルギーが地震による圧力の変化でマグマの移動に影響を与え、その流れの一部が火山噴火として地表に現れているものと考えています。

火山噴火は地下で関連する地域の地下エネルギーバランスに影響を与え、
それが離れた地域で数日~数カ月後の地震を起こしているのだろうと思っています。

残念ながら、
社会はパニックになることを恐れ、公的機関が地震を研究することも予測することもないので、
この回答も個人の見解としか言えません。

個人的には、
フィリピンプレート上の火山活動がユーラシアプレートに影響を与え、
それが沖縄九州近海から一連の流れとして、
このところの千葉茨城から新潟山形の地震に繋がっているものと考えています。

勿論、この流れはユーラシアプレートと太平洋プレート境界にある東南海トラフにも刺激を与えていると考えています。

また、
東日本でも熊本でも、本震の前には中程度以上の地震が頻発していたことを伝えておきます。

以上、個人的な見解での回答なので、
参考にしてもらう程度で結構です。

投稿日時 - 2019-06-24 23:34:07

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-25 00:23:01

あなたにオススメの質問