こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ステロイドの感染リスクについて

看護学生です。現在実習中で、ステロイド内服治療中の患者を受け持っています。患者への指導で、ステロイドは免疫抑制があり感染のリスクがあることを説明するのですが、なぜ免疫力が低下するのか、なぜ免疫が低下したら感染のリスクが高まるのか、うまく伝える方法を教えていただきたいです。患者は老年期であるため、できるだけ分かりやすく伝えるように言われました。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-06-24 21:38:57

QNo.9628893

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

“うまく伝える方法を教えていただきたいです。”
ところで、あなたはなぜ免疫力が低下するのか/免疫が低下したら感染のリスクが高まるのか。ご存知なのですか?

私たちの体の中には免疫という兵隊さんがいていつもばい菌をやっつけっているのだけれど、今おじいちゃんの体の中ではその兵隊さんが増えすぎちゃっておじいちゃんの肺(例えば)を傷つけてしまっているのね。だから、このステロイド(副腎皮質ホルモン)というお薬で増えすぎたその兵隊さんの数を減らしているんです。この薬で肺が傷つかなくなるのはいいことなんだけれど、ひとつ困ったことは(この薬を飲んでいる間は)兵隊さんの数が減っているからばい菌が来てもやっつけられないの。だから、汚ないものとかさわらないでね。さわったら手を洗ってね。

投稿日時 - 2019-06-25 05:56:14

ANo.3

体を守ってくれている機能を休ませる働きがあるからばいきんが入ってきやすくなる
医学的なことを説明しても仕方ないですしこの程度でいいのでは?

投稿日時 - 2019-06-25 00:38:36

ANo.2

なぜ免役力が低下するのか?は割と分子レベルで分かっていますがそれを説明するのは結構大変ですよ。あなたの言っているステロイドホルモンはステロイドの中でもグルココルチコイドホルモンで,細胞内にはその受け手であるレセプターってのがあります。このレセプターは免疫反応に必要な遺伝子の発現を抑制してしまうので結果として免疫の機能が働かなくなってしまうのです。

なぜ?と言われるとこれが正解ですが普通はそこまで説明しないですよね。
この薬には免疫が働きにくくする作用がある。
免疫は常に自分のまわりの普通は無害なバクテリア(ばい菌)やウイルスから自分を守っているのだけど,ステロイドを多く飲むとその防御する仕組みが働きにくくなるために普段は感染しにくいようなものにも感染してしまうのです。

この免疫力ってのは炎症にも繋がっており,炎症を止める薬としてもステロイドは使われます。
患者さんがもしかして,リュウマチを含む自己免疫疾患のかたであれば,
そもそも自分の免疫力が体の一部を間違って攻撃している病気なので,ステロイドを飲んでその攻撃力を低下させているのだけど,同時に他からの外敵の侵入の防御力も弱めてしまっているからと説明すれば連動して分かりやすいかも知れないですね。

投稿日時 - 2019-06-24 23:40:34

ANo.1

説明するようにと指示した方は誰ですか。
今の医師は、ステロイド剤の副作用を知らないと言うか、無視して処方します。
特に、皮膚科ですけど。
内服用だと辛いですね。
高齢者だったら、ステロイド剤の副作用とかは解らないでしょう。
患者が「免疫」を理解している人でしたら説明できます。
昔でしたら、天然痘。
今は、インフルエンザのワクチン。
医師と相談しないと、チクハグな説明になりますから、説明するようにと言った方に相談しないと答えは出ません。

投稿日時 - 2019-06-24 21:54:10

あなたにオススメの質問