こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何でCloudFlareが関係あるの?

普段観ている複数のサイトが先ほど突然「502 Bad Gateway」と表示されて観られなくなっていました。

調べてみるとこれは提供側の問題なので、観ている方には手の打ちようがないとのこと。

ただ、ドメインも会社も国も違うサイトが同時に見られなくなっているのでメンテナンスだとは思えません。

障害情報などで過去数時間をググってみたら、何だか「CloudFlare」というサービス?がまた落ちたとかいう書き込みがありました。

そういえば確かに「502 Bad Gateway」のメッセージの下に「CloudFlare」と書かれてあります。

調べてみると何でもDNSを分散するサービスだとか何だとか。
ただ、アメリカの企業らしいんですが、日本のサイトまで見られなくなるまで影響を与える物なんでしょうか?

そもそも僕はプロバイダのDNSを使っているので、この会社は関係ないと思うんですが…。

いったいCloudFlareって何ものですか?
今はもう回復しているのですが、何で関係ないDNSを使っている自分にも影響を与えるんですか?

ちなみに障害中もYahoo!とかGoogleとか観られるサイトはたくさんありました。
なぜ一部だけ…?

投稿日時 - 2019-07-02 23:14:48

QNo.9631355

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

CloudFlareというのは、単なるDNS運営の会社ではありません。
Webサイトの負荷分散や最適化、Webサイト防護といったサービスをしている会社です。

あなたがCloudFlare社と契約しているわけではありませんが、アクセス先のWebサイトが、CloudFlare社と契約していたわけですね。
なので、あなたからその当該Webへのアクセスは、CloudFlare社の機器を通ってから、そのWebサイトに渡されるようになっていました。

普段はCloudFlare社を経由していることなど全く分かりませんし、意識する必要もありません。
CloudFlare社によってそのWebサイトのアクセスは高速化されていたり、Webサイト側から見れば、日夜行われているWeb攻撃アクセスをだいぶ減らせていたりと、双方にメリットがあったわけです。

ですが昨日、CloudFlare社の内部で大規模な障害が発生したとのこと。

>CloudflareのCDNが全面的に約30分ダウンし、世界中のWebサイトが影響を受ける。原因はソフトウェアの動作不良。ロールバックで対応
https://www.publickey1.jp/blog/19/cloudflarecdn30web.html

普段は悪意のある通信を遮断していたわけですが、障害によりすべての通信が遮断されてしまうような状態になったわけです。
あなたもその影響を受けたわけですが、一番の被害者はCloudflare社と契約していたWebサイト運営者ですね。正直、損害賠償モノでしょう。
(まあ契約書で、サービス提供できなかった時間に応じて利用料金を減額するとか書かれてるでしょうけど)

全世界のすべての企業がCloudFlare社と契約しているわけもないので、CloudFlareを使ってないWebサイトは、今回の障害の影響もありません。当たり前ですね。
そういう話です。

投稿日時 - 2019-07-03 10:38:24

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問