こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金融商品取引のトラブル

みずほ証券新宿第2営業部の投信をネットで売却処理しましたが、翌日証券会社の営業課長が突然来宅し、十分な時間と説明も無いまま(証拠はない)売却を取り消させられた。取り消し処理は課長の言うまま暗証番号を入力し私のパソコンで行った。
その後、予想通り基準価格が下落し、ネットで再度売却したところ、18万円程度の損失が出た。
証券会社の課長の行なった強引な売却取り消し処理は詐欺行為であり、損失補てんを要求しているが明確な回答はない。
詐欺行為として裁判で争う事及び損失補てんは出来るのでしょうか?

投稿日時 - 2019-07-04 17:07:40

QNo.9631923

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そら無理です。売却しようとしたら課長がやってきて売却しないでくださいと説得されて、半ば強引に目の前でパソコンを操作させられて売却をキャンセルしたってことでしょう?
そりゃ詐欺でもなんでもないです。相手の説得に質問者さんが折れただけです。課長がやってきても「帰れ」っていって追い返せばよかったですし、売却処理をさせようとしても「嫌だ」といって断ればよかったのです。おそらくは何の操作であるか説明しないまま「ちょっとパソコンを立ち上げてください」とかなんとかいって操作させられたのでしょうけれど、途中で「ちょっと待て。俺に何をさせようとしている?」って聞けばよかった話です。

売却処理のために暗証番号を入れたのは質問者さんですし、暗証番号は他人には伝えてはいけないとなっていますから、暗証番号を入力する操作をした以上、質問者さんが自ら判断したということです。損失補填の対象にはなりません。
お金のことで警戒心が薄いからそうなるんですよ。自分のお金を守りたかったら、まず他人は誰であれ疑ってかかることです。

投稿日時 - 2019-07-04 17:19:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

無理筋と思う
強引とかいうのは主観の問題だし十分な説明も聞かず取り消したのは(取り消せるものなのかは疑問)
あなたの側の問題
損失補てんは犯罪行為になると思う

投稿日時 - 2019-07-04 17:18:45

ANo.1

詐欺行為として裁判で争う事はできるでしょう
ただしその裁判には負けますので損失補てんはしてもらえません

投稿日時 - 2019-07-04 17:13:20

あなたにオススメの質問