こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

裁判離婚の証拠

相手方から起こされた離婚裁判中で一審で敗訴しました。今回、2審の提出書面に
私に告げずに録音した話し合いの会話を書面に起こしたものを提出してきました。これは有効な証拠にされているのですが、了解を得ずに録音して裁判の証拠にしても認められるのでしょうか?
念の為に録音したもの、と相手方は言っています。私は知りませんでした。

投稿日時 - 2019-07-16 00:31:40

QNo.9635855

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

民事裁判では、証拠の適格性について、特段の規定はありません

簡単に説明すると、録音を証拠にしているのではなく、自分と相手の会話について(書面に起こした反訳書)の証拠であって、録音物は会話の内容(反訳書は正しい)の証拠であるのです

>了解を得ずに録音して裁判の証拠にしても認められるのでしょうか?

はい 民事裁判に特段の規定はありません

つまり、録音物自体が証拠・・ではなく、会話の証拠という捉え方です

裁判とは、裁判所が法的紛争を解決する目的で行う公権的な判断であり、その事実確認を行うための証拠ですから、裁判所から見れば問題ありません

あとは、弁護士にしっかりと教授願ってください

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-07-16 03:19:52

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問