こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

徴用工 差し押さえている資産とは?

差し押さえている資産とは具体的には何ですか?
現金化とか売却とかいわれていますが、
それ以前に「差し押さえる」こと自体で大問題だと思うのですが・・・。

投稿日時 - 2019-07-17 17:54:54

QNo.9636383

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>>特許、商標権だったかと。
>そういうものは、売り買いできるものなのでしょうか?

特許や商標というものはそれを使用させてもらう時に金銭が発生します。登録している人にお金を支払わなければならないのです。角度はちょっと変わりますが、著作権と同じような構図です。

ですから、それを持っていると使用したいな、と思う人(企業)からお金が取れるわけです。その想定があるから、売買(現金化)ができるんですね。

今は韓国内の日本企業による権利だけの差し押さえですが、第3国にあるものも韓国から要請がいけば、差し押さえられる可能性はあります。そうなるともっと厄介になってきます。

投稿日時 - 2019-07-18 21:36:57

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-07-19 08:26:27

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

支店、事務所があれば、その固定資産、銀行口座の預金残高、有価証券、債権、など。他韓国との合弁企業の持ち株。

> 「差し押さえる」こと自体で大問題だと思うのですが・・・。

大問題なのは、裁判所の判決や差し押さえ命令が出されたことではなく、日韓請求権協定と相反する裁判所の措置に対して何も解決策を打とうとしない韓国政府にあります。
たくさんの日本人が判決自体を不法と考えているようですが、誤解があります。
国と国は条約で国民を代表し、国民の頭越しに賠償請求権などの決着、解消を行います。しかしながらその条約によって、個々の国民の国内法による請求権が自動的に無くなるわけではなく、それは日本でも同じこと。国際条約と国内法のどちらを優先させるかはどの国でも微妙な問題で、日本の憲法でもふれていますがうやむやです。
国民は勝手に条約を結んだ国に賠償請求を求めることもあるし、相手国の企業を相手取って相手国、
自国で訴訟を起こすことも可能。相手国で提訴しても棄却されるのがオチなので結局韓国内で2種類の裁判が起こっています。差し押さえは韓国内にある資産に対してしか実行できないので、対象企業であっても韓国内に処分できる資産がなかったり、事業を行っていなければ、なにもできません。

投稿日時 - 2019-07-18 09:05:09

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-07-18 09:57:01

ANo.3

一つは「商標権」

商品に付ける「トレードマーク」と、
「会社名」と「看板」の全て。

つまり「会社」そのものです。

投稿日時 - 2019-07-17 23:17:34

お礼

回答ありがとうございます。
>商品に付ける「トレードマーク」と、
それを買う人は、買ってどういう使い方をするのでしょうかね・・・?

投稿日時 - 2019-07-18 08:14:04

ANo.2

株か何かでしょうが、そんな曰く付きのもの誰も買いませんよね。
差し押さえは裁判所の令状があれば出来ます。日本でも。

投稿日時 - 2019-07-17 19:52:00

お礼

回答ありがとうございます。
>株か何かでしょうが、
株でしたら、持ち主(韓国人?)がいるはずで
それを奪って、売るのでしょうか?

投稿日時 - 2019-07-18 08:21:36

ANo.1

特許、商標権だったかと。

投稿日時 - 2019-07-17 19:08:16

お礼

回答ありがとうございます。
>特許、商標権だったかと。
そういうものは、売り買いできるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2019-07-18 08:27:16

あなたにオススメの質問