こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

こちらの人物デッサンの評価をお願いします。

このデッサンは実は娘が初めて描いたものなのですが素人目にはとても初めてにしては上手だなと感じたのですが専門の方の評価を聞かせていただけたらと思います。
趣味で描き始めたようなのですが。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-07-19 17:18:08

QNo.9637026

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

画像は取り下げてしまわれたようですが、本人の許可を得てないなら親とは言え勝手に公開するのもどうかという問題はありましたね。

省略して観念的に描いて済ませることの多い耳に着目してしっかり形として描き出そうとしているのはいいと思いました。(今の段階ではまだあっさりしすぎですけど)この気持ちで顔とか首と胴体の関係を描いていったらいいと思います。
あと写真ではなくて現実の人にモデルになってもらった方がいいです。
耳だけをいろんな人のを書かせてもらってファイルしたらおもしろいと思います。

髪の毛と頭の形の関係も自分の描き方を探って工夫しているなあと思いました。後頭部。

サインはまあジョークでしょうが場所や書体がいいですね。
全体にジョークっぽいのでこの絵だけで評価するのは気の毒かなと思います。

投稿日時 - 2019-07-24 09:44:50

ANo.3

私も評論家ではなく絵の仕事してるだけの人間ですが、上手いか下手かで言うとかなり上手いです。

というか他の方も書かれていますが、普通はここまで仕上げるまでに投げ出してしまうものです。
なので絵の才能というよりも集中力や持続力という才能は間違いなくあると思いますよ。

ただ絵としては手放しで天才だ!とかいう感じではないので、あまり舞い上がってお子さんに芸術系の進路を固定させてしまうと後でお子さんが苦労するような気はします。

投稿日時 - 2019-07-20 00:04:24

お礼

評価ありがとうございます。
あくまでも趣味で書き始めたものなのでそれ以上のことは考えてはないと思います。
集中力と根気はあるようですね。

投稿日時 - 2019-07-20 08:05:45

ANo.2

初めて描かれたとのことで大変よくかけていると思います。
何歳かわかりませんがお若いのなら絵の道に進むこともできると思います。そもそも初めて絵を描く人ではなかなか集中力が続かずここまでのものを描き切ることができるのはそれ自体が才能といえます。

とここまで私個人の感想です。
以下専門家の評価をとのことですので技術的なことを。といっても私は絵の評論家ではなく単なる絵描きですが。

影のつけ方などはセオリーがあるのですが初めてとのことで当然そういう技法はできていないのでそういった観点からの評価はできないです。
まず一見してただ見て描いただけという感じです。
初めてでここまで描ける人は少ないですが、絵描きとしてみると見て描くだけなら一般の人が線を一本引くというレベルの段階です。
写真を見て描くにしても平面としてではなく立体としてとらえることが重要です。それができれば一気によくなる気がしますが、そこができるようになるかどうかが最初のターニングポイントです。
また見て描くのはできても創作は全然という人も多いです。この先どこを目指すかですが創作をするならデッサン力をまずはつけることです。他の方も言われていますがこれはいわゆるデッサンではないので。

投稿日時 - 2019-07-19 23:05:10

お礼

ご評価ありがとうございます。
初めて書いたものが素人目には綺麗に書けてるなと思い専門から見るとどの程度なのか少し気になり投稿しました。本人はあくまでも趣味だと話していたので楽しんでこれからも続けると思います。

投稿日時 - 2019-07-20 08:12:58

ANo.1

デッサンと言うよりも鉛筆で描かれた人物画ですね。

デッサンは「技法技術」です。
光と影を線ではなくて面で捉える技術です。

デッサンならば背景に模様を付けることはしないかと。
それに輪郭を線で追っていますし、人物の肌も薄すぎるかと。
また、ちゃんと測って描かれたものでは無いような・・・


美大や美大予備校ではこの人物画を「デッサン」として提出したら低評価になるかと思います。
美大を目指しているのならばきちんとしたデッサン教室に通うことをオススメします。

デッサン教室などで普通、初めは箱やトイレットペーパーなどの静物からやって、イーゼルポジションやデッサンスケールやスケール棒(鉛筆で代用可)の測り方・使い方に慣れてから、複雑な形に挑戦していきます。


趣味でならば多分写真のような鉛筆画を目指していたのでしょう。
デッサンとはまた違う技術です。
リアルイラストというジャンルになります。

趣味ならば評価を求めないでのびのびと描かせてあげてください。
ネット上での評価は時にやる気を削る諸刃の剣になりますから。。。

投稿日時 - 2019-07-19 18:31:36

お礼

ありがとうございます。
写真を見ながら書いたと話してました。こういった書き物はデッサンとは呼ばないんですね。
趣味で書いたものですので美大を目指すとかではないのでこれからも楽しんで書いたらと思います。

投稿日時 - 2019-07-19 21:45:00

あなたにオススメの質問