こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

精神疾患(鬱病とアルコール依存症)の遺伝について

精神疾患(アルコール依存症・鬱病)の遺伝について質問があります。
私は社会人2年目の24歳(男)ですがここ数年、アルコール依存症で他界した父親に似てきたというより父親そのものになってきたことに恐怖を覚えつつあります。

私が物心ついたときから父は鬱病で苦しんでおり酒に溺れていました。そして私が小学校3年生の頃に急性アルコール中毒で他界しました。

それから時は流れ高校3年生になり大学受験など将来について考える機会が増えるにつれ言い知れぬ未来への不安に駆られるようになり夜になると手の震えが止まらぬようになりました。

幸い、大学受験には成功し志望大学に合格することができたのですが、その焦燥感というか不安などないはずなのに全ての事象に不安を感じ手の震えが止まらない現象は一層激しくなりとうとう不眠症になってしまいました(一時期は人生を悲観し自殺さえ視野に入れていました)。

20歳を過ぎると不安を紛らわすために遂にアルコールに手を出してしまい大学を卒業するまでには寝る前に氷結ストロングを2本くらいほぼ一気飲みしなければ眠れない身体になってしまいした。

それから社会人になると責任感が芽生えアルコールを絶つことができたのですが、言い知れぬ焦燥感は消えずいつまたアルコールの誘惑に負けるかわかりません。

現在、アルコールやタバコの欲求を抑えるため職場から帰宅すると身体が完全に疲れるまで筋トレをしています。

そして今では屈強な肉体をつくることができたのですが筋肉質な身体のわりには雀の心臓のように弱いメンタルで情けないかぎりです。

そんな私を母親は見て父親に似てきたと嘆いています。(どうやら父も一時期アルコールを断ち身体を鍛えていたようで)
私自身、父親の遺影を見て最近、顔や見た目が瓜二つだと思うようになってきました。また趣味(サバゲー、プラモ作り)や好きな映画も全く同じで真面目に受験勉強し大学を卒業して定職につき酒を辛うじて断てた以外見た目も中身も同じになってしまいました。

二度と、アルコールには溺れないと自分の中でも堅く誓っていますがこれほど他界した父親に似るとは自分でも信じられません。
もしこれが遺伝によるものなら今後、生まれてくる私の子供が同じような性格、気質にならないか心配でなりません。
少しでも遺伝のリスクがあるなら子供を同じような目に合わせたくないで子供を作るのはやめようと考えております。

精神疾患の遺伝に詳しい方々いらっしゃいましたらご教授ください。

投稿日時 - 2019-07-21 05:38:24

QNo.9637524

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ていどな差はあれど影響します。酒を強い人と弱い人がいます。酔ってぐだをまくのは弱い人間です。弱いからアル中症になるんです。反面教師にしましょう。アル中は遺伝しません。(性格の問題だから)鬱は遺伝します。こちらのが危険です。見た目も似ていると言うことは、避けなければならないことも、分かっていると言うことです。断酒しましょう。鬱は良い妻を貰えば、発症しません。


私はなぜか血の繋がりもないのに、アル中で死んだオバサン兄嫁に似ていると嫌がらせを受け酒、タバコ禁止されてしたら、縁を切るとか言われてます。

投稿日時 - 2019-07-21 07:08:25

ANo.1

鬱でも、双極性の躁鬱病(これにも1型と2型がある)の場合に遺伝性があると言われています。

通常、正常者が1/100でなるとするとリスクは7倍、1/14になるらしいです。

これも正常者と結婚した場合で、両者が同じ病気の場合、さらに7倍の1/2程度になりそうです。

なので、メンタルだけの補強は実は困難で、専門家の診察の服薬とメンタルの強化の両輪が大事だと思います。

単相の心風邪と呼ばれている鬱病の場合は、メンタルの補強は服薬後、安定してからカウンセリングなどでメンタルを補強するのが主流のようです。こちらは遺伝性は考えなくても問題なく、親と似ている程度の感覚でいいと思います。

投稿日時 - 2019-07-21 06:05:33

あなたにオススメの質問