こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

世帯分離のメリット・デメリットについて

定年退職後の夫婦と社会人の子供の世帯です。年金収入が少ないため、税金等はかかっていません。子供は普通に税金等を支払っています。世帯分離した場合のメリット・デメリットを教えてください。

投稿日時 - 2019-07-24 16:34:08

QNo.9638717

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

所得税・健康保険についてのメリット・デメリットと仰るのであれば、次の通りになるかと。

【所得税・住民税】
ご両親を「扶養」しているのであれば、確定申告・年末調整時に扶養控除欄にご両親の名前を記入、所得税額・住民税額を減額することができます。
「ご両親と生計を一にしている」と仰るのであれば、別世帯としても問題はありません。
・70歳未満であれば、38万円 ※33万円
・70歳以上かつ同居であれば、58万円 ※45万円
・70歳以上かつ非同居であれば、48万円 ※38万円
控除された金額に所得税率を掛けた金額が減額される税額です。※の控除額は、一般的な住民税の控除額です。

【健康保険】
一般的な健康保険の場合は、同一世帯である必要があります。ご両親が同一世帯かつ収入が130万円未満(障碍者or60歳以上なら180万円未満)であれば、質問者様の扶養者として健康保険に組み入れる事ができます。世帯を分離してしまうと、ご両親は国民健康保険(2人分)の金額を支払う事になりますので、質問者様・ご両親全体からの出費は増えてしまうかと思います。

所得税・住民税で見るならば、世帯分離をしてもデメリットは無さそうですが、健康保険から見ると世帯分離はデメリットしか無さそうですね。

投稿日時 - 2019-07-25 09:33:23

補足

扶養関係にはありません。健康保険も夫婦は国民健康保険、子どもは協会けんぽで別々です。

投稿日時 - 2019-08-08 07:35:31

お礼

有難うございます

投稿日時 - 2019-08-22 13:09:28

あなたにオススメの質問