こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今回の参院選は消費税アップを掲げて選挙をしていた?

今回の参院選ですが、結果が出た後に安倍総理が、消費税10%アップを国民に承認してもらったと思っている、というコメントをしていてびっくりしました。

自民党系の演説は、丸川珠代と名前は忘れましたが元F1ドライバーを連呼している人のを聞きましたが、2人とも消費税の話はしていませんでした。少なくとも私が演説を聞いている時間帯は。

テレビの討論番組などでも、安倍総理をはじめ自民党のだれも消費税アップしますと言っている人は見た記憶がなかったので、自民党が消費税アップを公約に選挙をしていたとの認識がまったくありませんでした。

今回のマニュフェストも確認しました。前半はとても大きな字で、今回の選挙の公約とは関係ないことばかりが書いてあり、そのあたりには消費税のことは一切書いてありませんでした。消費税アップのことについては、後ろの方に小さな文字で少し書いてありました。

演説で何も言わないのに、選挙に勝ったら「多くの国民は消費税アップを承認した」というのは、それは卑怯なんじゃないのと憤慨しております。


質問は以下です。
・自民党と公明党が、明確に消費税アップを掲げて選挙をしているという認識が、あなたにありましたか?あるいは、中止すると言っていないからたぶん予定通りにあげるのかな、という程度の認識でしたか?
・選挙演説やテレビで、きちんと誠実に消費税アップを掲げている人はいましたか?
もしいたのなら、名前と演説かテレビか、テレビ番組なら番組名などを教えてください。
このあたりについて教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-07-24 19:49:23

QNo.9638774

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まあ、そうだね。これだけ白々しく増税をマニフェストに書く政党も他にあるまい

投稿日時 - 2019-07-24 23:09:45

お礼

ひどいですよね。ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:35:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

以前から自民党が勝てば増税は決まってたでしょ。
自民の選挙自体、争点を隠し、必要もない改憲を掲げていましたが。
何よりも争点を隠し、盛り上げないようにしたのが自民党。
アホの有権者が、騙されて自民に投票し、肩や棄権したおかげで自民も公明も議員数を確保しています。
このアホの自民党は、その結果で国民から信任を得たとばかりに、無茶苦茶な政策を実現させるでしょう。

自民議員は、選挙活動で、増税など話してはいないでしょう。
年金問題も、テレビでの党首討論で安部が割り込み、無駄な話ではぐらかし、話題をぶち切ったのは知ってますが。

投稿日時 - 2019-07-25 00:09:22

補足

>以前から自民党が勝てば増税は決まってたでしょ。

・自民党は消費税アップを2019参院選のマニュフェストに書いた
・選挙後に「選挙で勝ったので、消費税アップが国民に承認されたと思っている」と安倍総理が言った
そういう事実があります。最低限それを前提に考えてください。

それを踏まえてあなたの回答と照らし合わせますと、
・自民党は無意味なことをマニュフェストに書いた
・「選挙で勝ったので、消費税アップが国民に承認されたと思っている」との発言は、実際には選挙と関係ないなので、安倍総理は支離滅裂な発言をしていただけ

というご回答と理解すればいいと言うことですかね。
ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:45:41

お礼

>何よりも争点を隠し、盛り上げないようにしたのが自民党。
>自民議員は、選挙活動で、増税など話してはいないでしょう。
>年金問題も、テレビでの党首討論で安部が割り込み、
>無駄な話ではぐらかし、話題をぶち切ったのは知ってますが。

とにかく、消費税の話は演説・テレビ討論などでは隠していたという事ですね。
ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:47:06

ANo.5

消費税10%の件は、選挙前から決まっていた事ですよ。野党や諸派だけが、決まったことを蒸し返して居ただけの話です。
そもそも、消費税10%は自民公明政権が決めたことでなく、今は亡き民主党が決めたこと。立憲民主や国民民主が、消費税10%反対を唱えること自体、自分達がしてきたことを否定している訳だから、話にならないですよね(笑)
ブレブレもいいところです。
今の安倍政権は、民主党政権時の約束を守っているだけに過ぎません。

投稿日時 - 2019-07-24 23:17:43

補足

とりあえず事実だけお教えしておきます。

3党合意時の消費税法案は、10年間の平均でGDP成長率が名目3%、実質2%程度の成長になるような経済対策を行うことを条件とすることが附則に書いてありました。しかし実際には平均どころか単年度でみても1回も目標の成長率に達しないという惨憺たる経済状況です。

ですので、自民党と公明党は、どんなに景気が悪くても消費税アップができる法律に作り替えました。自民党と公明党の作った「どんなに景気が悪くても消費税アップができる法律」と民主党とは関係ありませんよ。

投稿日時 - 2019-07-25 13:41:59

お礼

>消費税10%の件は、選挙前から決まっていた事ですよ。
>野党や諸派だけが、決まったことを蒸し返して居ただけの話です。

・自民党は消費税アップを2019参院選のマニュフェストに書いた
・選挙後に「選挙で勝ったので、消費税アップが国民に承認されたと思っている」と安倍総理が言った
そういう事実があります。最低限それを前提に考えてください。

それを踏まえてあなたの回答と照らし合わせますと、
・自民党は無意味なことをマニュフェストに書いた
・「選挙で勝ったので、消費税アップが国民に承認されたと思っている」との発言は、実際には選挙と関係ないなので、安倍総理は支離滅裂な発言をしていただけ

というご回答と理解すればいいと言うことですかね。
ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:43:21

ANo.3

>「公約にしたのに演説では言わなかった」
>もしそうだとしたら、卑怯じゃない?って話です。

それであれば、卑怯ではないでしょう。

演説はその内容の証拠が残りにくいものですが、
マニフェストのような書面になっているものの方が、言った言わないもなく、その場にいなくても分かるものです。

まあ、街頭宣説で、マスコミが来ている場所が何故かわかり、マスコミに映るように、候補者の誹謗をしていた政党の団体もありましたよね。
今回はやれなかったようですが。

投稿日時 - 2019-07-24 20:55:24

お礼

つまり、
演説では耳障りのいいことしか言わない。そんなことは当たり前。
党の主張を知りたいと思っているのであれば、マニュフェストを見るべき。
党の主張を知りたいと思っているのであれば、演説を参考にしてはいけない。

ということですね。
確かにそうかもしれませんね。ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:35:09

ANo.2

実施してないだけで、議論は集結しているので選挙での選択する事はありません。
当然、演説も番組も有りません。

投稿日時 - 2019-07-24 20:47:11

補足

>選挙での選択する事はありません。

・自民党は消費税アップを2019参院選のマニュフェストに書いた
・選挙後に「選挙で勝ったので、消費税アップが国民に承認されたと思っている」と安倍総理が言った
そういう事実があります。最低限それを前提に考えてください。

それを踏まえてあなたの回答と照らし合わせますと、
・自民党は無意味なことをマニュフェストに書いた
・「選挙で勝ったので、消費税アップが国民に承認されたと思っている」との発言は、実際には選挙と関係ないなので、安倍総理は支離滅裂な発言をしていただけ

というご回答と理解すればいいと言うことですかね。
ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:31:35

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-25 13:31:39

ANo.1

pringlezさん、こんばんは。

自公連立政権にとっては今年の10月1日に10%に上がることはもう決定事項なので、今回はあえて公約にしなかったのでしょう。よっぽど大きな経済的ショックや天変地異でもない限りという限定条件付きですけどね。
そして自公連立与党組が勝利したんだから、今まで以上に消費税の税率アップに前向きになるのは当たり前のことですよ。

投稿日時 - 2019-07-24 20:13:42

補足

>今回はあえて公約にしなかったのでしょう。

それは違います。小さい字ではありますが、マニュフェストに明記されています。
今回の参院選の公約の一つにしたのです。

「公約にしたのに演説では言わなかった」
もしそうだとしたら、卑怯じゃない?って話です。

質問に対するあなたのご意見としては、
「演説などで消費税アップについて言及してる自民党候補者は見なかった」
ということですかね。ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-24 20:40:11

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-24 20:33:15

あなたにオススメの質問