こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法とは、水が去ることである。

自分で言ってみたところ、意味がわかりませんでした。

法ってのは決まりのことですね。

投稿日時 - 2019-07-26 14:09:35

QNo.9639329

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「水が去る」
…遠からずとも近からず。

「水」…物事の理(ことわり)を水に喩えています。

「去」…「裁きの神」や「人の言葉」によって「悪事」を追い出す(去るに繋がる)ことを示す象形文字です。

それを組み合わせて、理に適う裁きの基準を言葉にしたものと理解すればよいでしょう。

投稿日時 - 2019-07-26 16:19:59

お礼

ありがとうございました。
皆に質問してみたところ、私の理解力が弱く、皆の与言をうまく理解することができませんでした。
水、去、やはりそれぞれに意味があったのだとわかりました。
こちらをベストアンサーに選決したいと思います。

投稿日時 - 2019-07-31 16:45:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

法とは そのとき権力を握った者が自己の都合の良いことを決めたもの。
水は低きに流れ去っていくだけ

投稿日時 - 2019-07-27 23:58:35

ANo.5

「法」は会意文字です。
古くは「灋」と書きました。
「去」の上にあるのは、チとかタイと呼ばれる神獣で、さわると罪人を区別できるとされ、古代の裁判に用いられました。
裁判の際には誓いの紙を提出するのですが、裁判に負けると、その誓いもチも、汚れたものとして、革袋に入れて水に流されました。

やがて、チは省略され、意味も掟となりましたとさ。

投稿日時 - 2019-07-26 17:51:47

ANo.4

 「法」を表す「金文」では、水+チ+去 と書いたんだそうです。

 チに当たる漢字は私には書けません(薦の草冠がない字に似た字)が、古代に裁判にかけた神獣を表す漢字だそうです。

 薦で代用すると、左にサンズイ。作りの部分は、上が「薦」、その下に「去」がついた文字です。

 裁判に負けて汚されると、チを革袋に入れて水の中に投げ入れたんだそうです。その様子から、「おきて」の意味になったんだそうです。

 そのチが字が面倒なので省略されて「法」になったんだそうです(新漢語林)。

投稿日時 - 2019-07-26 17:34:20

ANo.3

法を法律の法と思ってしまうとルールが流れっちゃうような気がしますよね。

私の友人に不動産屋がいます。
人を騙したりしないから貧乏です。
こやつが「あんた(俺)の実家の〝のりめんの…〟」と言うんですね。
雨が降るとどうのこうのと言うんですが判りません。
業を煮やした友人が図を書いて、あるスペースに法面と書いたんです。
何だこりゃ、と訊いたら「ここは坂じゃんか!」と言いました。
はぁ、坂の土地を法面ちゅうのか…
この話を思い出してshikiok様の「法とは、水が去ることである」の法をのりと読んでみると当り前じゃん、と思いました。

貴君の引用元が判りませんので「アホ回答」と思われると思います。
そうだたらごめんなさい。

しかし、人が相互牽制のために作った法(ほう)なんてもんは「情の水」で他愛もなく流れちゃうもんだなぁ…とピント外れを想って見たりもしました。

投稿日時 - 2019-07-26 16:35:51

ANo.1

「法水」なら、その時指している「法」は「仏法」で、それなりの意味があります。ご質問に書いてある「法」は、仏法のことではなく、決まりごとと書かれていることから、法律などのことを指していらっしゃるのでしょう。「法水」は水が去ることを意味するものではありませんので、まったくわけがわからず呟いたご質問の言葉が意味をなしていないのは当然のことです。

ご自分で名言を作成したい場合は、それなりのご自身の経験や考えを元にすれば、意味不明な言葉にはならないと思います。例えば、法律について「法は器に添う水のように、時代に応じて変化し、社会に適応するものでなければいけない」と考えたのなら、「法とは、水の如くあるべし」などと言えるのではありませんか?

投稿日時 - 2019-07-26 15:42:15

あなたにオススメの質問