こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国家元首による直接の偵察について質問です。

時代劇『暴れん坊将軍』のお忍びによる庶民生活の偵察と国家元首による直接の偵察について質問です。

時代劇『暴れん坊将軍』に出てくる、江戸幕府の八代将軍・徳川吉宗は、町火消“め組”に居候する貧乏旗本の三男坊・徳田新之助に姿を変え、市井(しせい)へ出て江戸町民と交流しながら、世にはびこる悪を斬る勧善懲悪するというストーリーだが、ここで以下の質問です。

1.時代劇『暴れん坊将軍』の徳川吉宗のように、一国の国政を仕切る指導者、つまり国家元首が、身分を偽って、世間や市井を調べたり、偵察することは現実に可能でしょうか?

2.これは仮定の話になります。
とある一国の国政を仕切る指導者、つまり国家元首が、政策の創案する際、何らかの情報が必要である。
その際、国家元首が身分を偽って、直接、世間や市井を調べたり、偵察する方法。
もう一つは、官邸や宮殿に引き籠って、部下や側近から挙げられる情報だけ、吟味する方法。
この二つの内、どれが、その国の国民の意見や要望を、直接、政策の反映ができるのはどれでしょうか?

投稿日時 - 2019-07-29 16:43:35

QNo.9640398

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1 昔は 写真もなにもないので 一般庶民は国家元首の顔などわかりません。
だから顔ばれはないので自由に行動できます。

2 小さい国だったら 直接も可能ですが ある程度大きくなると 一個人の情報収集能力では限界があります。時代劇のような 藩単位の話ですね。国全体となると 御庭番の出番です。

投稿日時 - 2019-07-30 22:35:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問