こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

『プレデター』のプロペラの位置について

米軍が使用している『RQ-1/MQ-1 プレデター』のプロペラの位置について質問です。

『RQ-1/MQ-1 プレデター』とは、ジェネラル・アトミックス・エアロノーティカル・システムズ社製の無人航空機(UAV)である。
主な任務は、偵察やヘルファイアミサイルによる対地攻撃(武装型のMQ-1のみ)で、1995年の配備以降ボスニア(セルビア)、アフガニスタン、パキスタン、イラク、およびイエメンで作戦に参加しているのですが、ここで質問です。
なぜ『RQ-1/MQ-1 プレデター』のプロペラの位置が、後ろについているのでしょうか?
何か理由があるのでしょうか?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-07-31 20:56:37

QNo.9641145

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ライトフライヤー号がそうであったように、最初の飛行機はもともとプロペラが後ろにある推進式です。全体としては、プロペラは後ろにあったほうが利点は多いのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E9%80%B2%E5%BC%8F_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

ただ、推進式はパイロットが脱出したときにプロペラが凶器になるという欠点があります。だから射出式にしないと危ない。
無人機はパイロットが死ぬ心配が要らないので、そこに気を使う必要がありません。また推進式にすることで、前方にセンサーやカメラなどの機器が集中配備できます。

投稿日時 - 2019-07-31 21:17:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問