こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の歯医者って先進国最低レベルなんですか?

つい20年、30年前は無駄に削る、抜く、その方が診療報酬が高くとれるから。
削った後は金をいれまくりあんな歯の冠一本に10万以上。抜いた場合は保険対象外の入歯やブリッジを勧める。
最近は金が流行らなくなりインプラント推しであんな1cmちょいの棒とセラミックの冠がセットで40万。
歯磨き粉などにフッ素の普及で虫歯は減りまくり、
今の歯医者の大きな収入源は
➀ インプラント ⓶ 歯列矯正 (3) 予防歯科やクリーニング(多くは保険の不正請求)
大きくわけてこの3つだろうか。
これだけ虫歯が減り、歯医者が乱立し、保険治療だけしてたんじゃサラリーマンの平均年収すら得れないでしょうし、
ましてや開業医の場合は設備投資で何千万かかっているのですから、その返済もあるだろうから。

今の歯医者への保険診療は1医院月平均200万ほど(都会なら400万、地方では100万ぐらいだろうか)
インプラント1本入れれば40万、5本入れれば月の保険治療の医療報酬を超えるわけですね。
歯列矯正も100万前後しますから大きな収入源。
後はクリーニングなども適当に虫歯による歯石除去とかどういう病名書いているのかわかりませんが
病気でもないのに予防治療で保険請求したら違法ですから、保険きかせて予防歯科していれば、なんらかの病名をかいているのでしょうね。
私も整骨院が不正とは知る前に肩こりで何度か通って
はじめにうまい治療理由を記載して下さいみたいにいわれましたから。
肩こり治療は保険きかないみたいですね、でも多くの整骨院が保険治療をしている。

根管治療なども東京歯科医科大学の調査で日本の保険治療での神経治療(根管治療)は半分以上が失敗している
治療終了後にX線検査をすると半分以上で根の先に虫歯菌(細菌など)が残っている事が確認されているそうだ。

グーグルやヤフーで
「保険の根管治療の成功率は30%~50%」
で検索かければやまほど調査結果でてきますよ。

投稿日時 - 2019-08-01 14:19:36

QNo.9641372

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

詳しい事情は知りませんが、アメリカに住んでいた時に現地の歯医者に行くと日本で受けた虫歯治療の後みて、散々バカにされました。友人も同じ経験をしたそうです。日本の歯医者が技術的に遅れているのかどうかわかりませんが、仕組みが随分違います。虫歯の治療にしても、まず一人の歯科医師に診てもらって、内容に応じて別の歯科医師にかかり、歯石除去にはまた別の歯科医師と日本からすると分業が進んでいてとても面倒です。まともに費用を負担したら膨大な額を要求されると思いますが、高額の任意保険に入っていれば対して自己負担がありません。そんな感じなのでインプラントもしつこくすすめられましたが、保険の上限(保険契約で年間の費用が決まっている)で収まる限りはほぼただ。想像するに高額な保険に入っている人が対象の商売で、患者の負担がないのでガンガン高度な治療を進めるし、高額な機会も持っていて、そう言う治療の経験数も増すし、分業専門化も進んでいるので、全体的にレベルが高いかも知れません。それでもある歯の治療をした時に、最新の機器を導入したらしく自慢げにそれで詰め物を作ってもらったのですが、すぐに取れ、文句を言ってもう一回作ってもらったらまた取れた。結局日本に戻って日本の歯科医師に直してもらって全く問題がありません。
結局のところ、日本は日本の保険制度で認められる範囲の治療がほとんどなのであまり高度な治療ができず、逆に保険の効かない治療はすすめたところで受ける人が少ないので経験値も上がらず、設備の原価改修も進まず高額になると言う事なんじゃないかと想像しています。でもアメリカの場合保険料が高いので保険に入れない人は虫歯になっても我慢するしかないのに対して、日本は皆保険なので平等に治療を受けられるのでましだと思いますけどね。

投稿日時 - 2019-08-01 23:15:10

補足

神経治療(根管治療)なんて6割以上が失敗
たいてい奥の方に最近がのこったまま歯をかぶせる
それも多くがレジンか銀。
だから数年後にまた痛みだす可能性大。

インプラントなどもかなり下手らしいね日本は。
だから10年後に痛みなくインプラントが残っている患者は半分以下だそうで。

投稿日時 - 2019-08-18 23:32:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問