こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

画像bと、ピロリジンインドールピリジン塩基性度

画像のbの化合物と、ピロリジン、インドール、ピリジンを塩基性度の高い順に並べてください。

すみませんが、bの化合物の名前と、4つを塩基性順に並べたときの解説も簡単で構いませんのでよろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2019-08-05 12:43:58

QNo.9642671

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ベンゼン環に -COOH が2つついた化合物は、
o:フタル酸, m:イソフタル酸, p:テレフタル酸
といいます。
フタル酸がアンモニアと2つアミド化してイミドに
なった b の化合物は、フタルイミド phthalimide
といいます。イミド化した N-H は、塩基性は、
ほとんどなくなり、H+ が出やすく酸性度が出てきます。

a > d > c > b
ピロリジンは、共役のない環で、孤立電子対が外に突き
出ており、H+ が付加しやすい。
ピリジンは、共役のため、sp2 で孤立電子対の突き出しが
やや弱い。
インドールは、電子対が共役に使われており、H+ が付加
すると五員環の共役が壊れるため起こりにくい。

投稿日時 - 2019-08-06 08:00:00

お礼

しっかり納得することができました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-08-13 15:54:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問