こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真夏での電動自転車の駐輪について

初めて電動自転車を購入したのですが、高温の場所での駐輪について質問があります。
居住するアパートの駐輪場は、簡易的な屋根があるだけの屋外で、直射日光が当たる場所です。
最近の猛暑で、日中は駐輪している自転車がとても熱くなり、バッテリーもかなり熱くなります(触れないほどではないです)

よくスマホのモバイルバッテリーが、高温下で破裂や発火するニュースを聞きますが、電動自転車のバッテリーは、真夏の直射日光に当たっても破裂や発火はしないのでしょうか?
購入した自転車は国内有名メーカーで、バッテリーはリチウムイオンです。
メーカーの説明書には、「高温の場所ではバッテリーの劣化が早まる」「火気に近づけない」ぐらいしか書いてないのですが、直射日光では発火などの心配はしなくても大丈夫ですか?
よく行く駅やスーパーの駐輪場も日光が当たる場所で、そこで電動自転車を長時間置くのも不安になっているのですが、バッテリーをわざわざ外して持ち歩く人はいないと思うので、考え過ぎているのでしょうか。

バッテリーの劣化が早まるだけならあまり気にならないので、発火の心配がないなら、通常は取り外さず自転車に付けたままで良いですか?
とても心配性なので、教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-08-07 19:04:46

QNo.9643488

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>最近の猛暑で、日中は駐輪している自転車がとても熱くなり、バッテリーもかなり熱くなります

ここ数日は、体温と同じ気温ですよね。
人間が熱射病になる様に、バッテリーも高温が続くと異常が起きます。

>電動自転車のバッテリーは、真夏の直射日光に当たっても破裂や発火はしないのでしょうか?

自動車の(鉛)バッテリーは、外気温が25度で最大能力を発揮します。
1度の温度変化で、1%の能力が低下します。
真冬の早朝は、ヘッドライトが暗かったりセルが弱かったりしますよね。
化学的には、当然の現象です。

>直射日光では発火などの心配はしなくても大丈夫ですか?

某反日国家が生産しているリチウムイオンバッテリーは、時々着火・爆破していますよね。
特に、スマホの場合は事故発生率が高い様です。
※スマホブランドは知っていても、反日国家のメーカー品とは知らない人が多い。
※CMでも、商品名は流しても「国名・社名は、一切流さない」様です。
話がそれましたが、自転車用の場合「メーカーも色々と試験」を行っています。
正常に自転車を用いていて、バッテリー爆破で事故が起きた!
メーカーとしては、億単位の製造責任を負う可能性もありますよね。
そこで、色々と注意事項を取説に記載しているのです。
まぁ、一種の責任逃れ。^^;
ですが・・・。
24時間直射日光に当てたりしない限り、大丈夫です。
ただ、電池の寿命は急激に落ちますがね。
普通に用いていれば、大丈夫。
ただ、出来る限り「日陰・風通しが良い場所」に駐輪しましよう。

投稿日時 - 2019-08-07 22:50:33

お礼

詳しい回答ありがとうございます。
安心致しました。

投稿日時 - 2019-08-08 20:57:18

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

質問の趣旨と違う回答ですみません。

「電動自転車」とは、下記のどちらですか?

(1) ペダル付きで、「フル電動自転車」
ペダルでこがなくても、電動で「自走」も出来る自転車。

(2) ペダル付きで、「電動アシスト自転車」
ペダルをこぐと、電動が動作する自転車。

https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=3KVKXdjFHKWVr7wPj7ag6Ag&q=%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%A8%E3%80%81%E9%81%8B%E8%BB%A2%E5%85%8D%E8%A8%B1%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%80%81%E9%9B%BB%E5%8B%95%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A&oq=%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%A8%E3%80%81%E9%81%8B%E8%BB%A2%E5%85%8D%E8%A8%B1%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%80%81%E9%9B%BB%E5%8B%95%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A&gs_l=psy-


★ (1)も(2)も、見かけ・外見上は区別が出来ません。
もし、(1)ならば、自治体へ原付自転車としてナンバー登録が必要で、乗るときは「運転免許」が必要です。
ナンバー登録をしないと、無登録の車が公道を走行したとして、警察に検挙されます。
「運転免許」が無くて乗ると、警察が無免許運転で逮捕をします。

もし、(2)ならば、普通の自転車として、乗ることは可能で、無登録の車で無いし、無免許でも有りません。


★ 東南アジアの国では、(1)も(2)も区別せずに、普通の自転車の扱いの国が有ります。
しかし、日本の法律では、(1)と(2)とを区別して、(1)ならば登録と免許が必要です。
東南アジアの国からの留学生・在留者や、または、輸入販売会社の中には、(1)の区分であることを知らなかったり、または、知らないふりをして、無登録・無免許で乗って警察に検挙・逮捕のニュースもありました。

投稿日時 - 2019-08-07 20:02:00

補足

電動アシスト自転車です。
一般的なママチャリです。

投稿日時 - 2019-08-07 20:45:46

あなたにオススメの質問